【旧】foodish:”雑”食記

このブログは移転しました。移転先はhttp://foodish.net/blog/です。

大正駅で沖縄気分〜いちゃりば

Posted ish / 2004.11.30 Tuesday / 12:48

大阪の大正区には、沖縄にゆかりのある方々がたくさん住んでらっしゃいます。最寄駅はJR環状線・地下鉄長堀鶴見緑地線の大正駅。駅から環状線の外側方向にある街はかなりその色が濃いそうなのですが、残念ながら僕自身はまだ訪れてみた事がないので、いつか行ってみたいなあと思っています。

いちゃりば.jpgそこまで足を伸ばさずとも大正駅近辺には沖縄ゆかりのお店がたくさんあって、僕が時々行く「いちゃりば」もそんなお店の一つです。ここは、JR大正駅の改札を出て天王寺方向に少しだけ南下した高架下にあるので、超わかりやすい。お昼・夜とも沖縄色たっぷりに飲み食いさせてくれる他、おもしろいのは隣接する店舗で各種沖縄物産を販売しているところ。お土産系のもあれば日常の料理素材まで各種揃っていて、ご近所さんが島豆腐買いに来られたりしてます。ちなみに、僕が初めて月桃の葉にくるまれたムーチー(沖縄のお餅)と出会ったのもここでした。

いちゃりば2.jpg

こちらはとあるお昼の日替わり定食で、沖縄そば+メインのおかず+小鉢数品のセット(650円)です。
(この定食に関しては、沖縄そば以外は必ずしも沖縄料理でない場合あり)
こちらの定食以外は昼夜共通メニューなので、昼間っからてびちでビールも当然可能。リーズナブルな値段なので安心して飲み食いできます。
いちゃりば以外にも、このあたりには面白そうなお店が一杯。駅から近くて便利なので、沖縄病がむらむらしてきたーという場合にはうってつけですよ。

{お店データ}
電話 06-6552-7868 大阪市大正区三軒家東1-9-12

umiさんのイラスト展に行って来ました

Posted ish / 2004.11.29 Monday / 21:32

blogを通じて仲良くさせていただいている「umiの茶壺」のumiさんは僕と同じく神戸在住です。実はこの方、イラストレーション&パルプ人形を制作されている作家さんなんです。
(こう書くと、またumiさんは謙遜するかもしれないけど、正しいでしょ?)
当初blogでやり取りし始めた頃はそういう方とは露知らず、umiさんとこのこのエントリ読んで、「味がありますね」などとえらそうにコメントしてしまいました、ワタクシ(赤面)。その後どうやらその手のお仕事をなさっているらしいことがわかり、いつかその作品を直に拝見してみたいと思っていたところ、11月28日から12月4日まで、イラスト展を行っているとのエントリがあり、今日早速行って来ました。

umiさん.gif←umiさん、勝手に使いましたが、勘弁してね。
イラスト展をやってるのは、阪急電車芦屋川駅から徒歩すぐの「a-space newnew」というところ。WEB上の地図を見て、こりゃ楽勝だと思って行ってみたら、実は発見までちょっと手間取りました。僕が芦屋川駅に着いた18時頃、あたりはもう既に暗く、この辺りと目していた通りが意外に人気(ひとけ)がなかったんですね。こりゃ間違ったとウロウロしたあげく、やっぱり最初に思っていた位置にありました。これから行かれる方は、通りからちょこっと奥まっているのでご注意下さい。

a-space newnewはなんとプレハブ。入ってみるとあったかい明かりとアルトボイスのBGM、そして壁にはumiさんの作品の数々が飾られていました。あらかじめWEBで何点かは拝見していたのですが、実際に目にしてみると、ふんわりふわふわした雰囲気が一杯。俗な表現ですが、なごみ系というか癒し系というか、例えばイライラした精神状態の人でもほっこりさせてしまうような、そんなオーラを発している作風です。
残念ながらこの日umiさんは在廊(こういう言い方するんですね)ではありませんでしたが、恐らくはご本人の人柄がそのまま表れているのだろうなと思いました。
ざらざらした事柄が増えている昨今、やさしい気持ちにさせてくれるumiさんの展覧会に、是非みなさんも足を運んでみて下さい。くわしくはこのエントリからどうぞ。

(オマケ)
a-space newnewの方もすごく感じのいい方でした。
その方に、「失礼ですが、どこか別のギャラリーかなんかを経営されている方ですか?」って言われてしまいました、ガハハッ!(爆)
確かにフツーのサラリーマンには見えないだろうけど、ギャラリー経営者とはなあ。そういう仕事にもあこがてれます、ハイ。

別館牡丹園でランチ

Posted ish / 2004.11.29 Monday / 10:26

久々に、大好きな神戸元町別館牡丹園でランチしてきました。
場所等はこちらのエントリをご参照下さい。

別館牡丹園1.jpg別館牡丹園2.jpg

(左)小えびの天ぷら。発酵させた衣がサクッ・フワッ・モチッ、海老はもちろんプリプリ。
(右)若鶏の山椒炒め。ピリッと山椒が効いててうまし。

別館牡丹園3.jpg別館牡丹園4.jpg
(左)ご存じ焼飯。参照エントリにも書きましたが、僕にとってのNo.1焼飯。
(右)珍しいことに、別メニューで饅頭類がありました。チャーシュー入り。

やっぱりおいしい。無条件で中華を選ぶとなると、ついついここに行ってしまいます。別のお店も開拓せねば。

三次会でお好み焼・美作(神戸・三宮)

Posted ish / 2004.11.28 Sunday / 15:05

昨夜は、卒業以来3度目の高校の同窓会でした。
ちょくちょく会う奴、卒業以来ウン十年ぶりの人とか色々で楽しかった〜。
それにしても、男性の方はたいがい誰だかわかるのに、女性の方はほとんど誰だかわからん。女性の方に訊いても同様で、要は「同性はわかるが異性はわからない」というこの法則。不思議なもんですなあ。

3時間程の同窓会はあっという間に終了。その後は適宜分散して2次会へ。土曜日だから大丈夫と思ってたら、夜の9時過ぎに20人程入れる店ってないもんなんですね。結局30分程歩きまくって、やっと場所確保。そこで12時過ぎまで話し込んでひとまず解散し、希望者のみお好み焼かラーメンを食べに行こうということになったのですが、希望を募ると圧倒的にお好み焼の勝ち!
神戸以外から帰ってきた人達もいるんで、やっぱり久しぶりに地元のが食べたかったみたいです。で、選んだお店が「美作(みさく)」。適宜解散後の3次会とはいえ、1ダース程の人数がいたので入れるかどうか心配だったのですが、時刻が遅いせいもあってなんとかOK。

こちらのお店、JR・阪急三宮からすぐという立地の割には、神戸下町系要素が充実。どろソースやすじ、生タコは勿論のことながら、貝・油かす・イモ入りなどのディープ系も常備。今の時期はカキもおいしいです。

僕が最初に頼んだのは、スジのお好み・油かす&イモ入り。これにどろをたっぷりめに塗って、上からノーマルソースを重ねがけ、青のりぱらぱらマヨネーズなし。お箸・お皿は使わず、テコで切って直接食べるのが神戸っ子の証です。
(すみません、友人が一杯いたので写真はなしです。)

それぞれが頼んだのをとっかえひっかえしながら食べっこした後、シメに特別オーダーしたのは、オムそばめし・スジ入り。(スジ入りのそばめしを玉子でくるんだもの)
これがうまかった!ビールが進む進む!もちろんケチャップやマスタードなしで、これもどろをかけたのですが、やっぱりそばめしとの相性は抜群ですねえ。
久しぶりに神戸に戻ってきた友人たちも大満足の様子でした。

{お店データ}
神戸市中央区中山手通1-8-1明関ビル1F
TEL 078-332-0983
営業時間 夜7:00〜深夜4:00 休日 なし

焼き穴子で丼

Posted ish / 2004.11.27 Saturday / 13:05

お寿司屋さんで穴子を頼むと、最近はほとんどの場合が煮穴子か蒸し穴子で、焼き穴子が肩身の狭い思いをしているようです。これも「やわらかもの指向」の一つではないかと思ってるんですが、ほんとにおいしい穴子ならば、個人的には「焼き」が一番好きです。

姫路の親戚からいい焼き穴子をいただいたので、丼にしてみました。
穴子丼.jpgすみません、見てくれ悪くて。僕の分だけあわてて作ったもんで。今回は丼全体を見ずに、焼き穴子だけ見て下さい(爆)

*作り方
1)焼き穴子の頭やしっぽ・醤油・みりん・酒等であらかじめつゆを作っておく。
2)焼き穴子はそぎ切りにし、アルミホイルでぴっちり包んだ後、オーブントースターでしっかり温める。
3)以下は好み。柔らかめが好きならば、1のつゆに温めた焼き穴子をほんの少しの間つける。
4)あたたかいご飯につゆをかけまわし、焼き穴子を乗せる。

…すんません、たったこれだけです。
要は、温かいご飯につゆかけて焼き穴子乗せただけなんですが、ポイントがあるとしたら温め方でしょうか。電子レンジは不可です。ワサビを添えたり、焼き海苔なんかをご飯の上に散らすのもいいかもしれません。
でもね、ほんとにおいしい焼き穴子だったら、ごはんとつゆだけで充分おいしいから、余計なものはない方がいいと思うんです。その偉大なる実例がこれなんですが。

先日友人が奥田民生の広島球場ライブに行くにあたり、何かオススメはないかと聴いてきたので、少し遠いけど迷わず上記の「これ」を勧めたところ、大感激で帰ってきました。クソッ、久々に行ってみたいぞ宮島口へ。
PAGE TOP