【旧】foodish:”雑”食記

このブログは移転しました。移転先はhttp://foodish.net/blog/です。

台湾旅行記4〜蘇杭餐廳(スーハンツァンティン)

Posted ish / 2013.11.04 Monday / 14:45

今回の台湾旅行では、どこで何を食べるか事前に細かいところまで調べていませんでした。日数少ないし自由行動時間あんまりないし、食べ物屋なんて溢れるほどあるだろうからなんとでもなるだろうと。そうしたら、事前に候補に入れていた阜杭豆漿に「是非行っておいで」と背中を押してくれた「信頼できる情報筋」から、ここも是非とツイッターで勧めてくれる店があったもんで、自由行動日の昼に行ってみることにしました。
情報筋によるとその店はどっちみち行くつもりだった台湾大学の同窓会館だったかに入ってるとかで、それならちょうど都合がいい。ところが現地に着いて学内マップを見ても見当たらない、何人かの人に訊いてみたけどそんなの知らないで全然見つからな〜い。ネットが繋がる環境になかったもので情報筋に連絡もつかず、どうしようと思ってたら、何人か目に尋ねた人がものすごく親切で、自分は心当たりがないが調べてみましょうしばらくここで待っていて下さいということで、研究室かなんかに戻って検索したものをプリントして持ってきてくれました\(^_^)/ やさしぃ〜い!いい人ぉ〜!

20130925蘇杭餐廳

台湾大学って本キャンパス以外に3箇所のキャンパスがあるらしく、目的の場所は医学院キャンパスの近くでした。車で行くのが一番便利とのことで、台湾で初タクシー拾って15分ほどで到着しました。ちょっと手間取ったけれど、これもまたいい経験・いい想い出。

20130925蘇杭餐廳

目的のお店はこの「台大学友会館」の2階にあり。入り口近くにランチメニューの看板みたいなのがあって、ガラス戸開けるとすぐにお店があるんだけれど、くどいくらい「1階じゃなくて2階!」って聞かされてたので、なんかようわからんがとにかく店の入り口を素通りしてエレベーターで2階に行きました。

20130925蘇杭餐廳

エレベーターの扉が開いたらいきなりこんな光景。エントランスすっ飛ばして、いきなり現地の皆さん絶賛会食中の中に現れてしましました。(別のルートが正解だと、帰りに判明)

20130925蘇杭餐廳

帰ってから調べてみたらこちらの「蘇杭餐廳」は江浙料理のレストランで、1階は恐らくそのカジュアル版、2階はやや高級。江浙料理って聞いたことなかったんだけど、6つに分類されるという台湾での中華料理カテゴリーの一つだそうです。

20130925蘇杭餐廳

入店したのが13時頃。ほぼ満席の店内で一つだけあいていた円卓を案内され、ひょいと出されたのがこちらのメニュー。日本語表記入り・めっちゃ食欲をそそる美しい写真付き・これまで見たこともないような料理多数。全部で20ページほどもあり、こんなのどれ選んだらいいかわからない〜!お昼の営業時間残り少なそう、2人だと食べられる量も限られてるし、うーん、どうしよう…


かなりラフな撮り方で申し訳ないんですが、ほぼ全てのメニューをスライドショーにしてみましたので、ご興味のある方は上の写真をクリックしてみて下さい。こんなサイズじゃ読めないというかたは、大きいサイズのスライドショー←(リンクしてます)でどうぞ。


20130925蘇杭餐廳

営業時間が残り少なく一品の分量がよくわからない中、どれを食べるか決めねばなりません。最初の選択は、「麻辣口水雞/唐辛子の鶏肉」ってメニューに書いてありますが、蒸し鶏のチリソース風味って感じでしょうか。僕の勘違いなのかなんなのか理由がよくわかりませんが、辛味はほとんど感じず。すごーくしっとりした蒸し鶏にひたひた薄味スープって感じ。暑い中あわててやってきたスタートのチョイスとしては正解でしたかね。これで一品でそこそこのボリュームがあることを確認。

20130925蘇杭餐廳

見たこともないような料理が一杯なのにもかかわらず選んでしまった「清炒蝦仁/えびいため」。最初が鶏だったので海鮮どれしょうかなあと思ってたら、これが目に入ったんです。以前香港で食べた時においしかったのが印象に残ってるからかな。最初の蒸し鶏同様、シンプルなおいしさ。


20130925蘇杭餐廳

こちらは、メニューの写真見てルックスに惚れてオーダーした「蜂蜜老南瓜/カボチャの蜂蜜煮」。型崩れなくきっちり味がしみこんだカボチャの冷製で、ナツメの風味がプラスされた優しく自然な甘味が魅力な見目麗しき一品。ただし、けっこうボリュームがあるので食べ進むうちにお腹が膨らんできます…

20130925蘇杭餐廳

本来のメニューが難しい漢字なので日本語だけで表記すると「豚肉と雪菜入り焼きもち」。一つ前のカボチャを食べ始めた頃にラストオーダーを取りに来たので、〆に何かしらデンプン質系をと選んだんですが、カボチャ腹のあとでのこれはちょっとキツかった(-_-;)
雪菜ってのは、日本では山形あたりで作られている白っぽいの、今回のは野沢菜に似た感じで中国江南地方で作られている芥子菜の一種だそうな。刻んだ豚肉が混ざった薄味のアンに雪菜の風味が合わさった、なんちゅうか田舎っぽいテイストを感じさせてくれる、個人的にはかなり好みな一皿でした。

お店に入ってメニュー見て、こりゃ一品でそれなりのボリュームがありそうと思ってたとおりで2人ではこれが限界でした。この店の感想を一言で表すなら「不完全燃焼」に尽きます。食べてみたいモノが多すぎる。出来ることなら回数重ねるとか多人数で来るとかしてみたいなあと、熱烈再訪希望。

参考:「最完美的感動」←中国語?のブログですが蘇杭餐廳・台中店での食事がアップされています。料理写真多数。できるならこれくらい食べてみたかった!

台湾旅行記3〜阜杭豆漿(フーハンドゥジャン)

Posted ish / 2013.10.23 Wednesday / 11:48

阜杭豆漿,Taipei

朝食を外で食べる習慣が根づいてる台湾で、ツアーパッケージについてるホテルの朝食ばっかりじゃあもったいない。あれもこれも食べてみたいと思っていた中から選んだのは、MRT(地下鉄)「善導寺」駅5番出口を出たらすぐ目の前にある「阜杭豆漿」。目の前ったって実際にあるのはビルに入った華山市場って市場で、ホンマにこんなとこにあるんかいなと階段を上がった2階が目的の場所でした。(なにやら捜し物中のカップルが写ったこの写真しかありませんでした)

阜杭豆漿,Taipei

2階はフードコートになってるんだけど、阜杭豆漿以外はシャッターが降りてたりで営業してる気配なし。潰れたんだろうかと思ってたらどうやらお昼以降に開店するらしく、朝からお昼までは独占状態になるようです。

阜杭豆漿,Taipei

場合によってはかなり待ち列ができるそうですが、僕らが行ったのが10時頃と朝食にしては遅めな時間だったためか、並び始めてから買うまで5分とかかりませんでした。売ってるのは、豆漿(豆乳)をベースにそのバリエーションと、中華風のパンとでもいいましょうかの各種「餅」やらおにぎりやら。

阜杭豆漿,Taipei

待ち列の横にはガラス張りの厨房があって、各種「餅」を作ってる様子が見えます。小麦粉を練って伸ばしたり丸めたり揚げたり焼いたり様々。作業観てるのが楽しいので、待ち時間は全然気になりませんでした。

阜杭豆漿,Taipei

インド料理屋さんでナンを作るのみたいに、こちらでは「貼り窯」の内側に練った生地を貼り付けて、厚めの「厚焼餅」薄めの「薄焼餅」が焼き上げられます。これ、見てて面白いよ〜

阜杭豆漿,Taipei

当初からここに行くと決めていたわけではなかったので、下調べが不充分でした。なので、注文する前に回りの人を観察して目星をつけ、ある程度的をしぼってカウンターへ向かいました。カウンターではベテランおばちゃんが相当なテキパキ度で注文をさばいていくので、あまりモタモタしている余裕はありません。日本人とわかると日本語メニューを出してきてくれましたが、全てのメニューが載ってるわけではないので、食べたいものを事前にメモにしておいて手渡すのが一番確実だったなあと反省しています。

阜杭豆漿,Taipei

切羽詰まりながらもなんとか希望の品をいくつかゲット。左上は冰豆漿/甘味がついた冷たい豆乳(約60円)で、豆の風味が豊かでスムース。けっこうたっぷりあって正直なところこれだけではちょっと飽きが来るので、油條とかをドバッと漬けて食べたほうが好みでしたかね。
中央下は鹹豆漿/塩味の豆乳の温かいので、油條・葱・干しエビ・肉そぼろなんかが乗っかっています。こちらは溶き卵の吸い物みたいな感じに軽くモロモロと豆の成分が固まりかけた状態で、だし?とのマッチングもよくとてもおいしくいただきました。これが約100円とは値打ちありますねえ。
右上は、貼り窯で焼いた薄めの薄焼餅に切り目を入れ、薄焼き玉子焼きをはさんだ薄餅夾蛋(100円)。薄餅はふわふわしていずしっかり目ながらちょっとパイっぽく、食べたらザクッて感じ。塩味の玉子焼きとのシンプルな組み合わせが良く、これもすごくおいしかったです。

さすが長蛇の列ができる評判店、どれもこれもおいしくって他のも食べてみたかったけれど、まだこれは朝ご飯なもんでこれにて打ち止め。台北に行く機会があれば、是非ともここは再訪して厚餅とかパイ類も食べてみたいです。僕の普段の生活圏では食べられないものがほとんどだしなあ。

台湾旅行記2〜鼎泰豐(ディンタイフォン)本店

Posted ish / 2013.10.15 Tuesday / 11:18

20130923DIN TAI FUNG

今や関西人ならなんばでも食べられるようになってありがたみが薄れた感もありますが、世界の人気レストラン10店に選ばれたこともあるくらいの名店・「鼎泰豐」。行列してまで食べるのはナニでも、2日目の市内観光に含まれてるんだから、喜んで行きましょう行きましょう。

20130923DIN TAI FUNG

小籠包が超有名ですが、実際にはこの通り各種メニューあり。台湾のサイトを見ると小籠包だけでも6種、蒸し餃子っぽいのとか饅頭っぽいのも各々数種あるから、その他メニューも会わせると相当バリエーション広いです。

20130923DIN TAI FUNG

1階は調理場と持ち帰り受付などなど。もっと構えた店かと思っていたら、気軽に誰でも入れそうな雰囲気がちょっと意外、なんだか三宮の一貫楼を思い出してしまいました。働いてるみなさんはスタイル良く美人で愛想がいいって印象。

20130923DIN TAI FUNG

一日観光に含まれているコースは前菜から始まって全8種、小籠包は2番目に登場、一人あたり5個。小籠包って元々は上海の料理なんですってね。そういえば上海に行った時も市内観光に入ってた南翔饅頭店に行ったなあ。

20130923DIN TAI FUNG

皮を破かないように注意深くタレにつけ・レンゲに載せ・針しょうがを添えて・もちろん熱いうちに・パクッと。5個なんてあっちゅう間です。
ところがツアー参加の他の皆さんがたはけっこう小食で、食べきれずに残したりする。冷めてしまうのにもったいないなあって思ってたら「良ければどうぞ召し上がって下さい」って勧められてしまいました。よっぽど欲しそうな顔してたのかなあ(汗

20130923DIN TAI FUNG

以降は一人一個ずつで、海老豚肉入りシューマイはイソギンチャクみたいな面白い形。これおいしかったです。

20130923DIN TAI FUNG

これは野菜豚肉入り蒸し餃子だったかな。この他、魚入り蒸し餃子やあんこ入り小籠包もでました。

20130923DIN TAI FUNG

多分意識的なんでしょう、酸辣湯はほとんど辛味が効いていませんでした。卓上のラー油を好みになるまで追加。これもおいしかったなあ。

20130923DIN TAI FUNG

混み合わないよう僕らは11時頃入店したんですが、食べ終わって出てみたら順番待ちの人だかりが出来ていました。正直なところ、長時間並んでまで食べたいと思うほどではなかったけれど、まっとうにおいしい。むしろ色んな面でホスピタリティに気が使われていて、そちらのほうに魅力を感じてしまいました。(例えば、誰かが用を足してトイレから出ると、スタッフが掃除して次の人をトイレに案内するとか)

R1011704

食事が終わって爪楊枝を使おうとして、袋の外から触ってみるとなんか手触りがおかしい。で、出てきた中身がこれ。左側は断面が三角形になってて、歯間に入りやすくなってます。右側は掻き出しやすいように何本も枝状になっています。こんなの初めて見たなあ。(鼎泰豐で一番ビックリしたことかも…)


参考サイト:旅々台北.com「鼎泰豐」 ・ 台北ナビ「小籠包特集」

台湾旅行記1〜スケジュール

Posted ish / 2013.10.09 Wednesday / 10:44

DSC02877

先日、3泊4日で初めての台湾旅行に行って来ました。僕が台湾は初めてだって言うと何人もの人から「え?ホント?」って言われたんですけど、なんでなんですかねえ。チマキとかビーフンとかしょっちゅう食べてるイメージなんでしょうかw


DSC03035

関空を出発して14時過ぎに台北着。土産物屋に連れて行かれた後ホテルまで送り。それ以降は自由行動だったので、台北101っていう101階建てのビルがあるゾーンをうろついてきました
歩き回ってるうちに急にお腹が空いてきて、とにかく早くなんか食べたいということで、初日の夕食は101地下のフードコートに駆け込み。特に珍しいものはないけど、ベーシックな台湾料理のセットものをチョイス。まあこれはこれで良かったんではないかと思っています。


DSC03092

2日目はまず台北市内観光。朝から総督府/中正記念堂/行天宮/故宮博物院などなどを巡り、途中で昼食をはさんだりなんかしながら一旦ホテルへ。やっぱ南の国、陽射しがキツかったですねえ。ほんでもってどこへ行っても中国からの観光客が多いし幅を利かしてるし。まあこれは台湾に限ったことではないでしょうが。


DSC03283

しばし休息の後、再びバスに揺られて「九份(きゅうふん)」へ。「千と千尋の神隠し」にインスピレーションを与えたといわれており、日本人観光客にも人気のスポットだそうです。んまあそういうノスタルジックな雰囲気は確かにあるんだけど、個人的にはちょっとアレでしたですなあ、ここは。


DSC03318

九份で晩ご飯食べた後は再びバスに乗って台北市街へ戻り、士林夜市へ。
台湾の都市には必ずと言っていいほど夜市があり、夕食や買い物をする人々で大賑わい。日本で夜市というと季節限定、でも台湾の夜市は年中やってます。台北には多くの夜市があり、中でも士林夜市は最大の夜市です。 〜士林夜市徹底攻略ガイドより抜粋
そりゃあ屋台には興味ありまくりだけれど、晩ご飯はもう食べてるし、朝から動きっぱなしで疲れてるし、この日はロケハンだけで退散。その後マッサージに行って深夜ホテルに帰ってバタンキューで2日目終了。

で、3日目は完全フリー、4日目はホテルフロントに午前4時集合して帰国と、全くもって慌ただしい旅でした。ドタバタ動き回るのは好きじゃないんだけど、あまり休み取れないし台湾初めてだししょうがない。でも、2日目市内&九份観光・朝食2回・昼食夕食各1回ついて、@3万3千円って安いと思いません?w

(以降、不定期で台湾旅行記をエントリしていきます)

台北に行ってきました

Posted ish-mobile / 2013.09.26 Thursday / 12:33

遅めの夏休みをとって、三泊四日で初めての台湾旅行に行ってきました。四日間とはいえ、最終日は午前4時ホテル出発なので実質三日間。まだまだ台湾の入口に入ったばかりって程度でしたが、それなりに充実した旅でした。ぼちぼちエントリあげていきます。


PAGE TOP