【旧】foodish:”雑”食記

このブログは移転しました。移転先はhttp://foodish.net/blog/です。

マレーシア旅行記10〜モバイルネタ集

Posted ish / 2012.11.07 Wednesday / 11:07

1)プリペイドSIM
SIMフリーiPhoneを持っているので、現地に着いたらプリペイドSIMを買って使ってやろうかと思っていました。事前に調べまくった限りでは、どうやらDiGiってキャリアのがいいらしい。現地について、スキあらばショップに行こうと思っていました。ところがなぜかホテル周辺では見つからず、ツアーパッケージにいろいろ組み込まれてるもんで探しに行く暇もない。結局最終日を一日残すだけとなり、今さら現地SIM買ってもしょうがないので、ソフトバンクのローミングを1日だけ使ってオシマイ(+_+) 自由行動がもっと多ければiPhone(スマホ)使えれば便利だろうから、もっと必要性高かったでしょうね。

2)wifi
けっこう移動していたので、wifiを使ったのは主にホテル。今回泊まったホテルのロビーではフリーの電波が飛び交っていて、宿泊者のみ週替わりパスワードを教えてもらうシステムになっていました。
室内は有線LAN無料ながら、無線LANは有料。PCとかならケーブルで接続できても、iPhoneやiPadなら有料での無線LAN接続しか手はないところ。

myiphone011
こういうケースに備えて買った超小型無線LANルータが、今回初めて役に立ちました。PLANEXのMZK-RP150Nは少し大きめのマッチ箱サイズ(といっても今は通じないか)なので、旅のお伴に負担になりません。ちょっと設定がおバカっぽいところはあるんだけど、このサイズとこの値段で有線から無線にできるんだから超便利。電源はUSB接続なので、写真のようにACプラグ変換機・ゴーコン経由で2USB出力ACアダプタをコンセントに差し込み、こいつとiPhoneに同時に接続して使ってました。もちろん国内旅にもこれオススメします。

マレーシア旅行記9〜チキンライスだけじゃなく

Posted ish / 2012.11.06 Tuesday / 13:59

myGR396
出発前からマレーシアに行ったら是非食べないとと思ってたもののうちの一つが「海南鶏飯・ハイナンチキンライス」。ガイドブックで目をつけていたこの新馳名鶏飯 Nasi Ayamu Chee Mengには、到着当日の夜に早速行きました。

myGR043
繁華街ブキビンタンにあってホテルからも近く、到着したばかりで勝手がわからなくてもたどり着きやすい場所で大助かり。この場所にしかないと思い込んでたんですが、帰ってから調べてみたら全部で3店舗あってここは支店だそう。店の前のテーブル席で常連っぽいおっちゃんが新聞見ながら料理待ってるのがいい感じです。たまたまかも知れませんが、僕らが行ってる間は観光客っぽいのはあまり見かけず、ほとんどのお客さんはローカルっぽかったです。

myGR416
店頭にはローストしたチキンが大量にぶら下がっていて、オーダーが通ったら包丁でバツンバツンカットして盛りつけられます。

myGR397
メインのチキンライスはスチームとローストの2種。…なんですが、あまり力を入れてないのか人気なのか、スチームは売り切れでした。
実はここには2度来たんです。着いた日の夜と、帰る直前の夜。チキンライス以外もおいしかったし、売り切れのスチームのほうを食べたかったもんで。でも2度目もスチームはなし。なんでなんかなあ。

myGR034
初回のチキンの盛りつけはかなり雑(笑) 身だけではなくローストされた皮部分もおいしく、独特の香りでうまかったっす。

(エントリ内の写真はクリックで全て大きくなります)
myGR036myGR033
(左)チキンスープで炊き込まれたライスは薄味で淡泊でパラッとしてます。他の料理にも合いますねえ。
(右)一緒にオーダーした海老の天ぷら。中華風のぷっくりしたコロモで、特別どうってことはないんだけど、すごくまともに作ってるなあという印象。

myGR035
野菜が食べたかったので適当にkerabu mannggaとかいうタイ風マンゴーサラダを頼んでみたら、これが妙においしくて妻がハマってしまいました。千切りマンゴーにピーナッツ・イカンビリス(じゃこ)・レタス・レモンかライム・ナンプラー・唐辛子って感じなんでしょうかね。ピーナツとどうみてもこりゃ煮干なイカンビリスがアクセントになっていて、甘・辛・酸がいいバランスでした。


myGR410
ここからは、「おいしかったので最後にもう1回行こう」となった2回目です。チキンの盛りつけは、前回よりも丁寧。もちろんライス付きでオーダーしました。

myGR407
揚げ茄子の炒め物。これはどうってことなかったな。

myGR405
多分「桂花麺」とかいう名前だったと思うんですが、たっぷり野菜とえびなんかが入った焼きそば。これも味付けはナンプラーなんかなあ、あまり日本では嗅がないような香りなんだけど、それが全然嫌じゃなくって旅先っぽくっていい。味付けはクセありすぎず濃すぎずで食べあきない感じでした。

この店だけじゃなくって、習慣なのか宗教的な理由なのか、アルコール類がメニューに載ってないケースが多かったです。頼めば出てくるのか、あるいはそれも無理なのかようわからんかったですが、みなさんジュースとかあまいミルクティーなんかで食べてらっしゃいましたので、あえて現地仕様でいってみましたが、できればビール飲みたかったなあ。
こちらのお店、チキンライスの専門店かと思いきや、その他のメニューもすごくおいしかったです。ただ旅行者としてなら、もうちょっといかにもマレーシアっぽい料理が多いお店を選ぶのかなあという気もしました。

マレーシア旅行記8〜気に入ったぞ!インビマーケット(後)

Posted ish / 2012.10.15 Monday / 09:45

myGX525
後編書くくらいだからまだまだ食べたんだろうと期待されてるかも知れませんが、なんせ寝起きだもんでそんなにバカ食いはできません。ただ、マーケットのテーブル席に座った時から、すぐ横にあるこのタルト屋からめっちゃいい匂いが漂ってたので、デザートにはこれとハナっから決めてました。

myGR340
店名はBUNN CHOON(品泉?)、どうやらクアラルンプールのチャイナタウンで1893年創業の老舗、現在の主人が4代目らしきことが店頭のポップから見て取れます。いい匂いの元は、一番のウリらしきこのエッグタルト。でも100年以上前の創業時は、月餅とかのもっと中華っぽいお菓子から始まったのでしょうね。

myGR344
店の奥で焼いてるので、すぐそばのテーブルまで香ばしいかおりが漂ってきます。次から次へと持ち帰りのお客さんが現れて、店頭のショーケースに並べる間もなくどんどん売れていく様子からすると、かなりな人気店らしき雰囲気。

myGR342
店頭のポップを見れば売ってる商品がわかるんですが、ここにあるものが必ずしもあるとも限らず、店頭にあるものがここに書いてあるとも限らず。

myiphone036
まず手始めにエッグタルトとチキンパイ(だと思う)を購入。ちなみにエッグタルトは多分1.3RM(30円ちょっと)。

myGR327
いい香りの食べ物は間違いなく美味しいの法則どおり、このエッグタルト抜群。できたでてあったかいというよりむしろ熱いくらいだから余計そうなんでしょうが、真ん中のカスタード部分がエッグリッチな感じですごく品がいい出来。パイ部分もサクサクパリパリで、失礼ながらこういう野外マーケットみたいなところで出てくる代物とは思えませんです。

myGR325
こっちが多分チキンパイらしきものの断面。なんやしらんが色んなものが一杯入ってて、ちょっとエスニックな雰囲気もあってこれもおいしい。

myGR337
あまりに美味しかったもんで、この店を気に入った妻が店の主人に片言で持ち帰りができるか確認、この日の夜で帰国だったものでたくさん買って帰りました。冷めてもおいしかったですよ。

myGR338
持ち帰ったの同じ黒胡麻が上にかかったのは、かぼちゃ餡で玉子の黄身が真ん中に仕込まれていました。凝ったことするなあ。

それ程大きなお菓子でありませんが、なんだかんだで4つくらい食べて大満足。めっちゃレベル高いっす。インビマーケットに来たなら、ここのエッグタルトその他は是非モノ!

マレーシア旅行記7〜気に入ったぞ!インビマーケット(前)

Posted ish / 2012.10.02 Tuesday / 10:31

myGR346
到着4日めは唯一の終日自由行動日、だけど夜にはホテルにお迎えが来てマレーシアとお別れする日でもあります。貴重な数時間のスタートは、まず朝ご飯から。ホテルの朝食をパスし、市内観光で連れてきてもらったマーケットに向かうことにしました。
…といいつつ説明をちゃんと聞いてなかったので、場所はうろ覚えだし名前もわからず。だいたいの場所だけわかっていたので後は勘で探したら、無事到着したのがインビマーケット。この別名PASAR BAL BUKIT BINTANGというマーケット、以前は繁華街のど真ん中にあったらしく、移転した後にできたのが前夜夕飯を食べたLot10だそうな、なんてことは帰ってから知りました。

【参考サイト】
・世界市場紀行ワールドバザール21〜インビマーケット
・KAMPUNGBOYCITYGAL〜Imbi Market

このマーケットで売ってるものは、各種肉類・魚・野菜・果物・調味料・加工食品・日用雑貨・衣類なさまざま。だいたい7時〜14時くらいの営業だそうです。上の写真をクリックすればスライドショーでマーケットの様子が伺えますので、是非どうぞ。


myiphone034
なんでここに来ることにしたかというと、ガイドさんの説明によると比較的清潔らしいとのことだったのと、市内観光の時に見てたらすごくウマそうに見えたから。マーケットの一部にテントやパラソルと安もんくさいテーブル椅子を置いたフードコートがあり、周囲で売ってるものを好みで選んで食べられます。店で注文したらものも席まで持ってきてくれるし、飲物なんかはわざわざ別の店で買って来てくれる親切システム。英語もほとんど通じませんが、まあそのへんは食べ物ののこと、どないかなります(^.^)


myGR309
myGR317
まずはワンタン麺。これで5RMということは125円、ワンタンだけでなく焼豚や茹で鶏もけっこう入ってます。ちっちゃなライムみたいなのと青唐辛子の輪切りを小皿に入れて持ってきてくれるので、これで味を好みに調節。取り分け用のお椀とお箸も持ってきてくれて、親切なんだわあ。
まずは澄んで薄味のスープがおいしい。もっと化学調味料っぽいかと思ってたんだけど、やさしい甘味があって自然なおいしさでした。細めの麺もしゃんとしてるし、ワンタン・焼豚とも上出来。起きがけの一杯にちょうど良かったですねえ。

ワンタン麺は僕が選んだので、次は妻に好きなものを選んで買ってきてもらいました。
すると…

myGR345
myGR320
正直、最初にこれがテーブルの上に乗ってきた時はちょっとひきました。朝からえらいスプラッターなルックスのを選んでくるなあと(笑)
お店の写真は多分これで合ってると思うんですが「朱腸粉(チー・チョー・フン)」というらしく、餅米で作った生地を巻いたのを切ったのに赤いタレがかかっています。見た目で激辛なのかと覚悟してたら、意外と甘め。麺の周りのオクラ・厚揚げ・茄子には天ぷらみたいな魚の練り物がくっついています。見た目ほどどぎつい味ではなくあっさり目で朝食の定番だそうです。これはこれで面白かったなあ。

ここまでの2品どっちもおいしいし安い面白いしで、このマーケットに来て大正解、とあっという間にインビマーケットファンになってしまいました。多少リスキーな面もあるけど、やっぱツアー飯とは違いますわなあ。
ここまで食べてそれなりの腹具合になってたんだけど、まだ終わりではありません。続きは後編で。

マレーシア旅行記6〜さあフリーだ!晩飯だ!

Posted ish / 2012.09.24 Monday / 21:10

myGR283
日帰りマラッカツアーからホテルに帰ってきたのが20時頃。到着後3日目のこの日の晩飯以降は朝食を除いて食事は付いてないので、晴れて自分達の好きなものを食べに行くことが出来ます。翌日4日目の夜には早くもお迎えが来てしまうので、自由な時間はかなり貴重。

myGR285
滞在していたホテル周辺は夜でも人通りが多く、不安を感じることはありませんでした。でもさすがにこの時間から地図を見ながらウロウロ店を探すのもナニなので、ツアーガイドさんから教えてもらっていた近場のショッピングセンターLot10地下のフードコートに行くことにしました。

myGR300
十號胡同(フートンフードコート)の入り口には、入ってるお店の名前と、料理の鉄人なんかにも時々出ていたチャイランさんの写真が。フードコートとチャイランさんの関係はようわかりませんが、どうやら誉めてもらったことがあるようです

myGR287
ここに来た第一の目的はバクテー・肉骨茶。以前からずっと食べてみたいと思っていたので、事前に調べていた別の店に行くつもりでした。ところがガイドさんにその事を話したら、Lot10の地下のがオススメだということでこちらにやってきた次第。フードコートを一周してロケハンしてるうちに、この店を発見。お店の看板に肉骨茶って書いてあるし、店主が「バクテ、バクテ」と針が飛んだレコードみたいに(←レコードを知らない人にはわからない表現w)連呼してるので、すぐにわかりました。

myiphone022
バクテーは量とかその他選択肢があり、セットか否かもチョイスできます。カタコト英語もあまり通じないので、お互いにメニューを指差しながらやり取りした末、ミニマムなセットを注文することができました。
豚肉スペアリブのごろんとした固まりはホロホロ、その他に干し椎茸も入ってます。肉も美味しいんだけど、要はスープ。一言でいうとかなり漢方が効いた醤油ベースで、見かけまっ茶っ々でも味はさほど濃くなくそのまま飲んでもいいし、ご飯にかけても可。この手の漢方くさい料理が好きなこともあり、とっても気に入りました。ぜひぜひ今後は他の店のも食べ比べてみたいなあ。

myGR291
フードコートなのでどの席で何を食べても言い訳で、骨肉茶食べてるテーブルのそばにあったロースト屋?StarDuckもけっこう良さそうなので、一品取ってみることにしました。

myGR293
下から皮付き焼豚・タレ付き焼豚・焼鴨。これで15.7RM、ということは400円程。個人的にはやっぱり皮付きが好きですねえ。そうそう、ここを含めてアルコール類はメニューに載ってない場合が多かったです。宗教的あるいはその他の習慣で公然とは提供しないんでしょうかね。みなさんそのかわりに紅茶(けっこう砂糖入り率高し?)飲みながら食事されてるようです。

myGR294
お昼をたっぷり食べたせいもありここまででそれなりにお腹は膨らんでいたけれど、フードコートをロケハンした時にSarifah Cafeで目をつけていたものがありました。

myiphone024
「ラクサ」とは、マレーシア、シンガポールの屋台でもっともポピュラーなココナッツ風味のカレー麺です。カレースパイス、唐辛子、各種香辛料&ハーブをミックスしたカレーにココナッツミルクを加えて仕上げたのが「ラクサ」のスープです。インドネシアとマレーシアそれにシンガポールで愛されている国民食です。

確かメニューにはカレーラクサ(9RM・200円ちょっと)って書いてあったはずなんだけど、とにかく上の引用どおりのココナツ風味カレー味のトロッとしたスープの中には、太めの麺が隠れています。具は野菜・スライスした油條(中華風揚げパン)・かまぼこみたいなの、トッピングはフライドオニオン。

myiphone026
うにゃぁ〜これはうまかったなあ。すでに2品食べた後というハンデにもかかわらず、ずるずるイってしまいました。以前なんばの宏亜楼で食べたココナツチキンカレー麺はちょっとしたリメイク版だったわけで、そういう意味では初体験ではないですがけっこうなインパクトを受けてしまいました。
食べてる途中で周りがドタバタしだしたなと思ったら、フードコートの閉店時間が来たらしい。最後のほうは必死こいてがんばったけれど、スープ残してしまってちょっと申し訳なかったです。


フードコートで食べるのってイージーでちょっと敗北感みたいなのがあったんだけど、色んなものが食べられて良かったです。それぞれどれもおいしかったし、この十號胡同はわりといいんやないかなあ。(他に行ってないのでなんともいえんが)
PAGE TOP