【旧】foodish:”雑”食記

このブログは移転しました。移転先はhttp://foodish.net/blog/です。

広島一人旅2〜いざかや しん(八丁堀)

Posted ish / 2014.06.26 Thursday / 11:02

2年前にえて吉さんと広島に来た時(それより前に広島に来た時も)、「快食案内サーチ」には大変お世話になりました。その時の「むろか」がすごく良くってまた行きたいんだけど、なんとなく一人では行きにくい気がしたし同じ店もどうかと思ったもので、今回も色々と調べさせてもらいました。目星を付けたのは「あんべぇ」というお店。ところが残念ながら満席で入れず、しゃあないなあほんなら適当にカンで入ってみるかとあちこちうろついて、なんとなくピンと来たのがこちらのお店。

20140623広島しん

小さなビルの前にちょこっとメニューが置いてあり、細い階段を2階に上がっていくと店の入口が現れる「いざかや しん」。店の雰囲気がわからないので入りにくくはあるんですが、階下のメニューを見て大丈夫と判断しました。それに割烹や懐石ではなく「いざかや」だったのも安心要素でした。


20140623広島しん
(エントリ内の写真はクリックで大きくなります)
店内暗めでダウンライトがテーブルを照らし、居酒屋というよりは、ややオサレな和食どころって感じ。客層は若めで僕みたいなオッサンはほとんどおらず。奥に少人数の座敷席があり、厨房2人サービス1人でコンパクトに営業されています。量はわからないけれど値段はお手頃、妙にひねった創作系がないのが僕好みで、品数多く色々楽しませてくれそうです。


20140623広島しん

突き出しは、右上・イカちくわ、左下・鰺南蛮漬け。イカちくわは珍しいけれど、オーソドックスな南蛮漬けがまともにおいしく、器の凝り方が好印象。出だしよければ後は大概いいもんで、よしこれは当たりかなと。


20140623広島しん

メニューにない小イワシの天ぷらを頼んでみたら、オイルサーデンの缶詰サイズのちっちゃいのがやってきました。塩か天つゆ好みで。一匹丸ごとポイポイ口に放り込んで、ビールグビグビ。この器も三本足のテーブルみたいな形で、すごく凝ったものでした。


20140623広島しん

メニューを見た時点で即決だった浅利とキャベツの酒蒸しは、期待通りこの日一番印象的な一品。単純に言えば、よくある浅利の酒蒸しにキャベツを加えただけなんですが、この2つプラス山椒のマッチングが絶妙。ごく薄い塩味だけで、浅利のだしの旨味とキャベツの甘味と山椒の風味が絡み合い、特にキャベツが抜群にうまい。だしは別途おちょこに移して飲む趣向になっており、ビールからチェンジした「天寶一 辛口純米千本錦」をお供にかなり楽しませてもらいました。これって居酒屋ってレベルやないよなあ。


20140623広島しん

次は趣向を変えてエビパン。すり身を塗って焼くか揚げるかしたのが出て来るかと思ったら、ホワイトソース仕立てでした。おっさんには可愛すぎますが、ちょっとお腹が膨らむものが欲しかったので、これはこれでよし。


20140623広島しん

最後はじゃこめしで〆ました。これもどんなのが出て来るかと思ったら、ちりめんじゃこをいかなごの釘煮みたいに炊いたのとごまを加えてありました。お味噌汁もおいしく、きっちり〆ることができて満足感大。
なんの情報もなくカンだけで入ってみた割りには、これは大当たりでしたねえ。いちいち書きませんでしたが、どれも器が凝っていて、料理は凝りすぎることなくシンプルにうまい。旅先でこういう店に出会うと、地元以上に嬉しくなります。気軽に再訪できないのが残念ですけどねえ。


{お店データ}
電話:082-247-6731
住所:広島市中区堀川町5-12 寿広山崎ビル 2F
営業時間:17時〜24時 定休日:日曜

「ルージュ・エ・ブラン コウハク」で昼ワイン(大阪・梅田)

Posted ish / 2014.05.30 Friday / 10:50

20140527紅白
えて吉さんと昼酒に行こうということになり、いつもながらの天満近辺では面白くないので、以前一度行ったことがあるホワイティうめだのルージュ・エ・ブラン コウハク(赤白)を提案したら即決となりました。


20140527紅白
HEPファイブの一階にも「KOUHAKU赤白」って系列店があって、そちらは月〜金は16時開店。ホワイティのこっちは11時開店、ランチなんてやってなく昼飲み大歓迎で、しかもボトルなら18時まで20%オフという飲兵衛にはありがたい営業形態。平日の11時からワイン飲む人なんてそんなにいるんだろうかと思ってましたが、満席とはいわないまでもけっこうな数のお客さんが楽しげにボトル開けてました。


20140527紅白
グラスワインなんて頼んでもどうせすぐなくなってしまうので、まずはシャンパンをボトルで頼んでスタート。このお店ではフレンチ風のおでんがウリで、その中から前回食べておいしかった大根・ポルチーニクリームソースがアテ第一号。ふくよかにポルチーニ茸が香るこのソースがおいしくて、お皿が綺麗になるまでバゲットでぬぐっていただきました。


20140527紅白
おでんシリーズ2品目は、フレンチハンペン/クネル・オマールエビソースかけ。こちらのおでんは一品ずつソースが違ってて、量は少なく値段も抑え気味なので、色々試せて楽しいです。


20140527紅白
えて吉さんご指名・軟骨のワイン煮。ちょっと力を込めただけでコリッと噛めてしまうくらいにまで煮込まれた軟骨の歯応えと、こってり目の味付けがマッチして、パワフルなおいしさ。これくらいどっしりしているアテには、それなりにしっかりしたワインが欲しくなります。


20140527紅白
ちょうどシャンパンのボトルが空いたこともあり、赤ワインへモードチェンジ。好みをいえばお店の人がアドバイスしてくれ、20%オフということもあって、ヌマンシア テルメスってまあまあの価格のスペインワインを選びました。


20140527紅白
どかっとシーザーサラダも食べました。


20140527紅白
たっぷりめにカットされた鴨のテリーヌには、オレンジが添えられて。

写真撮ることより色々話してたのと、ペース速めにボトルを2本空けてしまったので、酔いが回って余り記憶が定かではなくいくら払ったのかよく憶えていませんw あんまり食べてないし元々そんなに高くないので、こんだけ飲んだ割りにはリーズナブルだったと思います。(アテにならずでスミマセン) 食べ物もおいしいし昼から堂々と?飲めるし、ワイン好きな方には特におすすめです。


{お店データ}
住所:大阪市北区角田町 ホワイティ ノースモール2 B1F
電話:06-6315-5089 営業時間:11時〜23時
定休日:不定休(ホワイティに準ずる)


【余談】1軒目ですでにいい気持ちになって、その後えて吉さんと一緒に梅田界隈をふらふらしました。記憶にあるだけで、居酒屋2軒・たこ焼きの会津屋とこの後3軒は行きましたねえ。酔っ払いながらも阪急百貨店の食品フロア巡りなんかもして、ではまたとお開きしたのはさて何時だったのでしょうか…

写真 2014-05-27 14 31 04

「いち」で新作(JR兵庫駅南)

Posted ish / 2014.03.17 Monday / 23:00

20140317いち
(エントリ内の写真はクリックで大きくなります)
久しぶりに妻と平日休みが合ったので、自宅近くの「立呑厨房いち」に行って来ました。開店間もなくに入れたので店内はゆったり、ワンドリンク+枝豆+アテ一品で500円のワンコインセットを飲りながら、さあて今日は何を食べようかな。

20140317いち
ここに来るとついついお気に入り定番メニューの、えび天とか麻婆豆腐とかネギチャーハンが食べたくなってしまうので、ホワイトボードに書かれた季節ものとか新作を食べ逃してしまうことが良くあるんです。

20140317いち
時節柄、新玉ネギが強力プッシュだったので、いくつかあるメニューの中から「新玉ネギとどんこしいたけの広東炒め」(350円)。ニンニク風味が効いたシンプルな塩味で、強火でシャクシャク堅めの新玉ネギが甘くて旨味たっぷり。やっぱり旬のものは安くておいしいなあと、当然のことを再認識する一品です。

20140317いち
そしてもう一品は、メニューを見た時から気になっていた「激辛・特製黒唐辛子汁なし担々麺」(390円)。少し前からマーでラーなものを食べたい欲が高まっていたもんで、まさにぴったり。
ご主人の話では、今まで汁なし担々麺はあったけれど、こちらは唐辛子を三種ブレンドしたものを加えた新作だそうで。辛いものにさほど強くない僕ですが、これはなんとか大丈夫な辛さ(相当辛い)、めっちゃ辛味が深くて複雑で、かといってダダ辛くなくって、とにかくメチャウマ!

毎回思うけれど、ほんとにここは立ち飲みとは思えないレベルのものが出て来る凄い店ですなあ。ワンコインセット2つにドリンク別途2杯と2つの料理で、2400円。素晴らしい!
PAGE TOP