【旧】foodish:”雑”食記

このブログは移転しました。移転先はhttp://foodish.net/blog/です。

魔法のフライパンを使ってみて

Posted ish / 2004.10.13 Wednesday / 16:37

ここんとこしばらく魔法のフライパンのことを書いてなかったので、これまでに感じたことをまとめてみます。
なお、これまでの魔法のフライパンネタを読みたいという方は、左カラムからcookingカテゴリを選んでもらえば全てのエントリをご覧いただけます。

まず前提として、我が家のコンロはガスではなくハロゲンヒーターです。よって、火力を最大にしてフライパンを振るというやり方は基本的にできません。それ故、このフライパンが重いかどうかということに関してはあまり参考となる感想は書けません。ただし、最近のテフロンパンなどに比べて重いのは確かなので、それを使う時以上に力がいるのはしょうがないでしょうね。

ハロゲンを使う場合に注意することは、できるだけ熱源から離さないこと。そして、火加減の目盛りはガスの時より強めにすること(例えば、ガスで中火の場合は中火と強火の中間くらいの目盛りにする必要有り)でした。その点を計算しながらハロゲンを使ってきてもう10年程になるので、僕自身の感覚はどうしてもそちらになってしまっています。
ところが以前のエントリにも書いたように、このフライパンはすぐに温まるし熱伝導も良いので、ガス並みの感覚でいいようなんですね。そこんとこの感覚が今のところイマイチつかみきれず、中火以下の場合にどうしても強めの火にしてしまいがちです。
まあこれは僕の感覚の問題であって、フライパンのせいではないわけですが。

大きさに関しては、本来的には用途に合わせた器具が必要なのでしょうが、家庭でそんな贅沢はできないので、全般的には我が家の場合は大きめを選んで正解かと。ただし、使っているうちに北京鍋タイプもあったらいいのになあなどと思うこともあります。

扱いは簡単。焦げ付くことが少ないので、使用後ちゃんと洗ってコンロの余熱で乾かすだけで充分です。
あと、肉類などを炒めた場合、これまでにないくらいの油が材料から出てきます。熱伝導の良さによるものなのか、あるいはこのフライパンの材料に含まれているという炭によるものなのか、理由はともかく結果的に炒め油の量を減らすことができます。

まだまだ器具に腕が追いついてない状態ではありますが、これからも時々報告していきます。

たんぽぽオムライス

Posted ish / 2004.09.04 Saturday / 14:09

フライパンの試運転をかねて、作ってみました。
前から思ってるのですが、この料理の名前ってこの他にないんですかねえ?

たんぽぽオム1.jpg
あらかじめ作っておいたチキンライスの上にプレーンオムレツをのっけます。
オムレツの中心にナイフを入れると…

たんぽぽオム2.jpg
ほんとはトロ〜ンとオムレツが開くのですが、今回はやや失敗。
強制展開しました。(>.<)

この魔法のフライパン、熱伝導がいいのは頭ではわかっているのだけれど、まだ火加減が強いようです。少しずつ感じがつかめてきました。

たかがフライパン、されど…

Posted ish / 2004.09.03 Friday / 01:59

8月29日のエントリ「魔法のフライパン・ファーストインプレッション」にいただいた、「umiの茶壷」のumiさんのコメントによると、なんと納期が1年8ヶ月後だとか!!すごいなあ、こりゃあ。
僕が4月に頼んだ時は4ヶ月待ちだったのに、この5ヶ月で1年4ヶ月も延びてます。

欲しいものを手に入れたい時、どのくらいそれが欲しいか、待たなければ仕方がない理由に納得できるかという程度によって、待てる期間(時間)は変わって来ますよね。

1年8ヶ月待っても欲しいという商品が存在するということにも、それを待とうとする人がこんなにも大勢いることにも、なんか素晴らしいなあと妙に感心してしまったのでした。
幸せな関係ですね。

魔法のフライパン・ファーストインプレッション

Posted ish / 2004.08.29 Sunday / 20:13

記念すべき?最初の料理は、ゴーヤ&フー・チャンプルー。
なぜこの料理にしたのか…特に深い意味はございません。
(出来が悪かったので、写真はなし)

気がついた点をいくつか。
1)熱くなるのが早い。
我が家のコンロはハロゲンヒーターなので、カロリーが高いガスコンロに比べて火力は弱いです。にもかかわらず、予想以上にフライパンから煙が立つのが早かったです。
2)ほんとに取っ手は熱くならない。
本体と一体なのになんでなんだろ?不思議だけど前評判通りです。
3)熱伝導がいい
…と難しい表現をしましたが、要は、火力が伝わりやすい→パンの温度が高い→炒め物に早く強く熱が伝わる→しゃっきり炒められる、ってことです。
今回のゴーヤ&フー・チャンプルーにはゴーヤの他、タマネギ・もやし・人参なども入れましたが、いずれもシャキシャキ。明らかにこれまでの仕上がりとは違います。

う〜む、こりゃヤバイかも。やっぱりこのフライパン、タダモノではない。
なんだか料理をするのが楽しみになってくるような気にさせる何ものかを持っています。
使い込んでいって特性(クセ)を飲み込んでいったら、すさまじく能力を発揮してくれるような予感。
ステーキとかギョーザとか、これで作ったらどうなるか。楽しみです。
PAGE TOP