【旧】foodish:”雑”食記

このブログは移転しました。移転先はhttp://foodish.net/blog/です。

たまにはフレンチランチ vis a vis(神戸・海岸通)

Posted ish / 2012.07.03 Tuesday / 11:02

R1010023
あのバブル期を経験しているせいか、フレンチって値段的にもハレ度的にもちょっと上って気がしてしまいます。てなわけでなんとなく無沙汰だったので、妻と久しぶりに行ってみようと選んだのが大好きな「vis a vis(ヴィザヴィ)」。ひょっとしてほぼ3年ぶりなんですかね?そんなに行ってなかったかなあ。


R1010024
R1010025
(エントリ内の写真はクリックで全て大きくなります)
この日は週末だったので、ウィークエンドランチ(1365円)をやってました。その他、3150円、4200円のコースもあり。お店に入ったら、マダムが「お久しぶりですね」と声をかけてくれました。憶えやすい顔してるもんでねえw、嬉しいやらご無沙汰で申し訳ないやら。


R1010033
妻の選んだ前菜はこちらのスペシャリテの一つ・野菜のポタージュ。色んな種類の野菜の旨味が溶け込んでいて、自然な甘味がおいしいんです。僕もこれ食べたかったなあ。


R1010035
同じものを選んでも面白くないので、僕はテリーヌ(だったかパテだったか)。こういうの食べる時はワイン必須な方も多いようですが、僕はダメならダメでしょうがないと割り切れるタイプなんです。


R1010041
妻のメインは「ハンガリー風牛肉の煮込み」。メインに肉系を選ぶのは珍しいなあ、ストレス溜まってるのかなあ(笑)なんて思ったり。


R1010045
ストレスじゃなくって、僕が先に「舌平目のクリーム煮キノコ添え」をチョイスしたからかも知れません。なんかこの日は魚を食べたかったもんで。盛りつけに華がありますねえ、いいですねえ、気持ちが豊かになりますねえ。


R1010050
もちろんデザート抜きなんて考えられないので、オプションで追加(580円)。この日とってたメモがどこかに行ってしまったのでうろ覚えなんですが、上から時計回りに抹茶のムース・チョコレートケーキ・フルーツコンポート・ヨーグルトだったかのアイスクリームだったっけ。


普段の昼食からすればそれなりの価格になってしまうのだけれど、それに見合う価値は充分あり。料理がおいしいのはもちろんのこと、こちらの内装を含めたお店の雰囲気が、僕らにはゆったりくつろげるんです。なんちゅうかなあ、気持ちに余裕を持たせてくれるひとときを過ごすことができました。いつもどうもありがとう。

ブラッセリー・ラルドワーズ(神戸・磯上公園)

Posted ish / 2011.08.27 Saturday / 23:55

R1007944

久々にフレンチをということで、以前から行ってみたかった磯上公園東側のブラッセリー・ラルドワーズへ。価格も、店構えも、妙に気どることなく気軽に使える雰囲気がいいですね。


R1007942
「自家菜園の野菜とサーモン・ミキュイのテリーヌ」

ディナーのコースは4800円と、前菜一品+メイン料理一品+パンで2900円、+500円でスープ、+700円でデザートまたはチーズ盛り合わせのプリフィックス、とリーズナブル。サーモンとオクラとコンソメゼリーをスライスしたキュウリで巻いたテリーヌは、ガラスのお皿と相まって涼しげです。


R1007946
「フォアグラのポワレ 豆乳ロワイヤル マデラ酒のソース」

お店の方いわく、「茶碗蒸しのようなものです」と。豆乳ベースのプリン状ベースとマデラ酒風味が、確かに和風チックなテイスト。さっと炙ったフォアグラが濃厚でメリハリ効いたけっこうドカンと来る組み合わせ。


R1007955
「鯛のポワレ 帆立貝のムースを詰めた花ズッキーニ 飴色玉葱コンフィのソース」

今回は4800円のコースで、前菜2品+メインは魚料理か肉料理のチョイス+デザートorチーズ+ソフトドリンクとパン。品数の割りに、結果的にけっこう満腹になりました。


R1007957
「イベリコ豚肩肉と自家菜園の夏野菜グリル
ライムとジンジャーのソース」

妻と娘が魚を選んだので、僕は肉。黒地に白い粒々が見えるのは夏トリュフだそうです。けっこうボリュームあったなあ。イベリコ豚ももちろんだけど、野菜がおいしかったです。


R1007974
「ジャージーミルクを使ったブランマンジェ
ハイビスカスとローズヒップのジュレ」

牛乳に弱い人なら無理かもと思えるくらい濃厚な味。白いお皿に白いデザートは写真が難しいなあ。


R1007986

帰る時、シェフを始めスタッフのみなさんが入れ替わり立ち替わり挨拶に出てきてくれました。すごくフレンドリーで温かい感じのいいお店。ランチや2900円のプリフィックスディナーも是非食べに来たいですね。
おかげさまでいい誕生日を過ごすことができました(^.^)


{お店データ}
住所:神戸市中央区磯上通4-3-2 電話:078-221-1171
営業時間:11時半〜15時、18時〜22時 定休日:月曜

やっぱりすごい!プティポワ#2(神戸・JR兵庫駅前)

Posted ish / 2010.07.20 Tuesday / 11:05

2010プティポワ8.jpg

某日曜のお昼時、自宅でしんどい作業をしてたもんで何か食べに行こうということになり、久々に家族で自宅近くの超コスパフレンチ・プティポワに行くことにしました。ここのランチって日曜もやってるのがありがたいんです。

2010プティポワ6.jpg2010プティポワ7.jpg
(上の写真はクリックで大きくなります)
エントリタイトルに「#2」ってついてるのは、今回書くに当たって「やっぱりすごい!プティポワ」ってタイトルにしようと決めてから過去のエントリを調べてみたら、前回のが同じタイトルだったからw 表現力ないけど、だってほんとにそうなんやもん。
左の写真のランチメニューのうちの1100円のサービスランチの内容がすごい。その他ランチも右の写真のアラカルトもありますが、お昼時のお客さんの9割はサービスランチじゃないでしょうか。

2010プティポワ1.jpg

まずはこの日のスープ・赤ピーマンのポタージュが、カップにたっぷり。自家製パンも充分なボリュームでついてくるので、初めての方はついついここでパンを食べ過ぎてしまいがち。せっかくのメインが食べきれなくなる恐れがあるので、要注意です。

2010プティポワ2.jpg

メイン料理と同じお皿に盛られてくるのでなく別皿でサーブされるサラダも、この価格のランチで出てくるものとしてはかなり良心的な内容。別皿だと、ドレッシングとソースが混じり合わないからいいですよね。

2010プティポワ3.jpg

魚か肉かを選べるメインのうち、こちらは娘チョイスの鮭。スーパーなんかで見かける切り身4切れぐらいの鮭ソテーの上には貝柱、周囲には各種野菜が散りばめられています。とてもこの値段のランチとは思えないゴージャスさとボリュームは、ここではいつもどおり(笑)

2010プティポワ4.jpg

で、こちらは僕と妻が選んだ豚。お皿の周囲にソテーされた野菜が散りばめられているのは、ここのランチの定番スタイルで、真ん中には羊羹一棹ほどの豚肉ブロックがデーンと乗っかっています。いつも思うけど、ここのシェフ、何考えとんねん(笑)

2010プティポワ5.jpg

ナイフを入れるとサクッと切れる肉質、分厚いから中はジューシー、トマト+赤ワインのソースでしょうか、この日はとても豚肉と合ってるような気がして、いつも以上においしく感じました。うーん、お昼からこんなに贅沢していいんだろか。

お昼もすごいけど、夜はもっとすごいです。これまでにも何人かに推薦して、全員がびっくりしたくらいですから。

{お店データ}
住所:神戸市兵庫区塚本通5-1-26 電話:078-578-3287
営業時間:11時半〜14時、17時〜21時(L.O.)
定休日:月曜(祭日の場合は営業)

オステリア・バスティーユ(京都・烏丸蛸薬師)〜久々の京都泊(2)

Posted ish / 2010.03.10 Wednesday / 10:28

ということで、阪急で烏丸に着いたのが12時少し前。今回の京都行きは初日の夜以外は事前にどこで食事をするか決めてなかったので、四条烏丸からジグザグに北東方向へテキトーに歩いてみました。
早くどこに入るか決めないとランチラッシュにぶつかってしまうなあと思っていたら、何やら人だかりがしているお店に遭遇。あれこれ迷ってると食いっぱぐれそうな時間だったこともあるし、なんとなくピンと来るモノがあったので即断即決で最後尾についたら、ラッキーなことに僕らで打ち止め、最後のテーブルに着くことができました。

バスティーユ1.jpg

後で調べてみたら、この「オステリア・バスティーユ」はけっこう有名なお店でした。バスティーユといえば「宮殿」があるパリの街ってことぐらいは知ってたんですが、オステリアって確かイタリア語では?と思ってたら、
フランスの街の名前に、フランス語の”bistro(ビストロ)”ではなく、あえてイタリア語の”osteria(オステリア)”を付けることで、私たちの最大のConcept 『イタリアン × フレンチ』 の発想を表しています。イタリアンもおいしいし、フレンチも好き!どっちも魅力的なのに、別々にしか食べることができないなんてつまらないですよね。『イタリアンとフレンチのいいとこ取りをしよう』、それが私たちの目指すところです。
というコンセプトだったんですね。
(注:エントリーカテゴリーとしては今回は敢えて「フランス」にさせていただきました)

バスティーユ2.jpg

バスティーユ3.jpg(左の写真はクリックで大きくなります)
お昼時の選択肢はいくつかあって、サラダと自家製パンがついた日替わりランチ(900円)に、好みで前菜やらデザートやらを追加していくスタイルが中心。この日のランチは「若鶏のソテー・マスタードソース」ってことだったので、これにスープ・デザート・コーヒーをプラスしたMenuCにしたのですが…

バスティーユ8.jpg

店内は気軽なビストロって感じで、皆さんワイワイガヤガヤ会話しながら楽しまれています。9割強が女性ってことで、まあ並なポーションだろうと思い、前述のようにMenuCにしたんだけど、いやあ、今回は久しぶりにヤラれたっ!って感じでした。(後述)

バスティーユ4.jpg

まずは京都らしく「聖護院カブラのポタージュ」。適度な歯応えを残したダイス状カブラ入り、ポタージュ本体も風味豊かでフルサイズたっぷり。

バスティーユ5.jpg

後で聞いたらコーンが入ったパンと言うことで、きちんと温められていて香ばしくておいしい。「パンがおいしいレストランは料理もおいしいねん法則」により、この段階でいい店だとの直感は確信に代わったのですが…

バスティーユ6.jpg

続いて出てきたメインのボリュームがすんごい!実は、回りのテーブルにサーブされだした料理を見て、こりゃあかなり多そうだなあと思ってたんですが、目前にすると改めてその迫力に息を呑みました。上のパンの写真とサイズが一緒だから実感湧かないでしょうけど、これってモモ肉片側まるっぽじゃないかな。
単にデカいだけでなく、焼き加減絶妙。皮はパリッとしてるし身はジューシー、マスタード風味のソースが出しゃばらずいいセンス!サラダはてんこ盛り、鶏の下にもパスタとソテーした野菜が敷かれていて、ものすごい充実度が高い一皿です。大概よく食べる妻が苦しそうなので鶏肉を少し助けたら、僕もかなり満腹になって、なんと珍しくもパンを残してしまいました。
この日遅めに入店されたお客さんは鶏がなくなったので「豚肉のコンフィ」に替わってましたが、これもボリュームたっぷりでめっちゃウマそうでした。ここで鴨のコンフィ食べてみたいなあ、さぞやおいしいやろなあ…

バスティーユ7.jpg

〆は「ヨーグルトのブラマンジュイチゴのソース仕立て自家製アイスクリーム添え」というランチのデザートとは思えぬ一品が、おしゃれなガラスの器にこっぽりと。イチゴソースはナチュラルテイスト、ブラマンジュも良かったけど僕としては軽いタッチのアイスクリームが好みでした。

以上で1890円は、量・内容からしてかなり満足度が高いです。つーか、ベースとなるランチ900円が、あまりにもすごすぎるんですな。犬も歩けば棒に当たる、といいますが、こりゃまたぶっとい棒に当たったもんです。今さら僕が言うまでもないでしょうが、ここ、強力におすすめ!


{お店データ}
住所:京都市中京区蛸薬師烏丸東入る一蓮社町310 電話:075-222-0788
営業時間:11時半〜14時、18時〜21時半 定休日:火曜(月1回 月曜不定休)

Vis-a-Visの9周年ランチ(神戸・海岸通)

Posted ish / 2009.08.18 Tuesday / 15:51

visavis0.jpg

世間的にはお盆休み明けの平日休み、海岸通の大好きなフレンチ・Vis-a-Vis(ヴィザヴィ)にランチしに行ってきました(写真は初めて行ったときのエントリの使い回しです)。ちょうど時間があった上の娘はこのお店に行ったことなく、いつか教えようと思っていたので好都合とばかりに同行することになりました。

こちらのお店はこの8月でちょうど9周年を迎えられるそうです。今でこそ海岸通近辺はおしゃれな街になっていますが、当時は古ぼけた事務所っぽい建物ばっかりだったはず。料理もさることながらお店の内装や調度もすごくセンスいいんだけど、場所選びも先見の明があるんだなあと以前から思ってました。
この8月は開業記念月間ってことで、9周年ランチ企画を実施中、前菜・メイン・ドリンクが開業当初の1260円ってのはありがたいじゃないですか。ここのランチって、普段でも質いいしボリュームもあるもんなあ。

visavis1.jpg

前菜は「特製・冷たい野菜のポタージュ」をチョイス、メインは娘が魚系(甘鯛と帆立貝の白ワイン蒸し 白ワインソース)だったので、僕は「フランス田舎風 牛肉の煮込み」。多分メインを肉系にしたのは初めてだと思うんだけど、ほろりと崩れる牛肉と旨味たっぷりのソースがおいしい〜!
名前がわからないけど、ジャガイモの付け合わせが料理に合っててバリウマ。そのままでもいいしソースをつけてもいいし、これだけおかわりしたいくらいでした。

visavis2.jpg

デザートの盛り合わせ(580円追加要)はヨーグルトアイス・梨のコンポート・チーズケーキ・ミルクティーのムース。予想どおりムースが特においしかったけど、今日の一等賞はチーズケーキ。まったりしてて、チーズの風味が僕好みだったからかなあ。

お勘定の際マダムに「(マダムの)ブログ、愛読してます」って言ったら、僕のこともバレてました(^.^)
「9年間、なんとかかんとかやってこれてます」とおっしゃってましたが、この数年ずっと景気はイマイチだし、特に「フレンチ」ってジャンルはイメージ的にもハードル高そうに思えてしまいますもんね。でも、僕が言うのもなんですが、ここってそういう堅苦しさって全然ないんですよ(失礼)。すごくアットホームな雰囲気だし、そりゃあ居酒屋並みって訳にはいかないのは当然だけど、食べてみればこの価格でこの内容はかなり満足度が高いはずです。
すごく流行って僕が食べにくくなるのもなんだけど(笑)、ぜひもっと行ってもらいたいなあと。正体バレたからって訳ではないんですが、がんばっていただきたいですね。


{お店データ}
住所:神戸市中央区海岸通3-2-19 電話:078-327-4888
営業時間:11時半〜14時、17時半〜21時 定休日:月曜(祝日の場合翌日)
PAGE TOP