【旧】foodish:”雑”食記

このブログは移転しました。移転先はhttp://foodish.net/blog/です。

若狭で一泊・水月花(福井県三方五湖畔)

Posted ish / 2014.07.28 Monday / 13:19

20140712三方五湖水月花

先日、一泊二日で滋賀・福井方面へドライブ旅行に行った際の宿は、三方五湖畔の「水月花」でした。僕はこれまで三方五湖に何度か来たことがあって、5つの汽水湖が繋がっているもんだと思っていました。改めて調べてみたら、川から海に従って淡水〜汽水〜海水と塩の濃さが変化しているのだそうで、っうことは色んな種類の食べ物が食べられるって訳ですな。7月20日に舞鶴若狭自動車道が全線開通したばかりですが、僕らが行ったのはその直前。便利になってこれから訪れる人も増えることでしょうね。


20140712三方五湖水月花

5つの湖のうち水月湖半にあるから水月花。周囲に他の宿泊施設等があるわけでもなく、たっぷり自然に囲まれた立地で、ロビーや大浴場、部屋からも湖が見渡せてゆったりした気分にさせてくれます。部屋も広々としてきれいで、なかなかアタリな宿でした。


20140712三方五湖水月花

チェックインしてお風呂に入って、食堂に集合。湖側に大きく視界が広がるようなガラス張りで、レイクビューを楽しみながら夕食スタート。この日はたまたまスーパームーンな日だったので、日没から月明かりまでの光の変化も楽しめ、なかなかオツなもんでした。


20140712三方五湖水月花

以下、メニュー順に紹介していきます。いきなりピント合ってない写真で申し訳ありませんが、まずは「洋風前菜」。正直なところ、わざわざこういうものを出さんでもええやろという気もしましたが、和風ばかりではだめなんでしょうな。


20140712三方五湖水月花

続いて、メニューには「刺身・ヤリイカ姿造り 旬魚盛込み」と書かれていましたが、実際には2パートに別れて出てきました。透明なヤリイカが一人一杯ずつ。きっちりとした歯応えと甘味があって、こりゃいいですなあ。洋風前菜なんか出さずともこれでスタートで全然いいじゃないですか。


20140712三方五湖水月花

こちらは旬魚盛込みの部。妙にマグロとか入ってないのが好感。


20140712三方五湖水月花

続いて「酢の物」として、ワタリガニが一人一杯ずつ。みな無言で身をせせりだして三杯酢にひたしてもぐもぐ。この辺でまだ全メニューのうちの3分の1程度だったので、この先大丈夫だろうか(食べきれるだろうか)とちょっと不安になり始めました。


20140712三方五湖水月花

「焼物」は、またしても一人一匹丸ごと・グジ(甘鯛)の若狭焼き。以前食べたほどの立派なサイズではありませんが、20cm強はあったでしょうか。個人的にはグジ大好きなので、ホイホイ食べてました。


20140712三方五湖水月花

最初はビール、途中から日本酒にスイッチ。福井の地酒利き酒三種セットってのをオーダーしたところ、1080円で色々楽しめてそれなりに量もあってこれはお得。左から黒龍・敦賀浪漫・早瀬浦だそうで、グラスもそれぞれ違ってて気づかいが感じられます。


20140712三方五湖水月花

続いて「洋物」として牛ステーキ。特に可もなく不可もなく。


20140712三方五湖水月花

「揚物」は天ぷら盛り合わせ。油で変化が付いたので、それ程量がないこともありサクッと完食。


20140712三方五湖水月花

「鍋物」はたこシャブ。たこ一匹出てきたらどうしようかと思っていましたが、スライスした切り身が数きれと野菜・豆腐の小鍋スタイルだったので、楽勝。


20140712三方五湖水月花

「麺物」は小鉢に入った梅風味のそば。ようやくエンディングが近づいてきた感。


20140712三方五湖水月花

「食事」は若狭名産・へしこの釜飯。塩気がきついのであまり食べる機会はないんですが、へしこってけっこう好きなんです。お一人様サイズの釜に入ったのをテーブル上で炊くタイプだったので、出来たてアツアツ・おこげもできていい感じ。それ程味は強くなく、独特の香りがああ旅先にいるんだなあと感じさせてくれました。


20140712三方五湖水月花

で、デザートはコーヒーゼリー。全く期待もせずに食べてみたところ、きっちりコーヒーの苦味が出てて意外においしい。家族みんなに好評でした。


出始めは最後までたどりつけるだろうかと心配していましたが、おいしかったし味に変化があったのでそれ程苦もなく完食。土曜宿泊でこの内容の一泊二食・一人10,600円は、かなりお得なんじゃないでしょうか。どっちかというと宿だけ取って近辺の店で食べ歩きするほうが好みなんだけど、料理がおいしくて眺めも良い宿で温泉に入ってゆったり過ごすのも、やっぱりいいなあ。

かね安(滋賀・近江八幡)

Posted ish / 2014.07.16 Wednesday / 11:50

20140712かね安

先週の土日、一泊二日で滋賀・福井方面へドライブ旅行に行って来ました。あらかじめ時間的に昼ご飯は近江八幡で食べることになっていたので、ググって見つけておいたのがこちら「かね安」。外観少しナニなのはあらかじめ承知の上、「食事もできる精肉店」ってところがミソです。


20140712かね安

最初の写真は建物西面の肉屋さん部分で、こちらは北面の食堂入り口。近江八幡駅から徒歩でも5分、JRに沿って走る県道に面しているので車でもわかりやすい場所にあります。食堂入り口付近のスペースに駐車可能なので、旅行者にも便利。


20140712かね安
(エントリ内の写真はクリックで大きくなります)
店内は、8席ほどのカウンター席と、4人掛けテーブル2つの小あがりがある程度でこぢんまり。2階席もあるそうですが、今は使用されていないそうです。6500円のステーキから700円の牛丼まで、日替わり定食なんかもあり。ぶっちゃけ、店内の雰囲気からすれば高めに感じますが、それも事前に調査済み。


20140712かね安

こちらのお店は肉質にかなりのこだわりがあり、黒毛和種の雌近江牛のみ使用。枝肉を仕入れて解体するスタイルの精肉店は、今や滋賀県内では6軒しかないそうです。肉の出処を明らかにするトレーサビリティにも気を使っておられ、この日使っている子牛登記書のコピーを持ち帰らせてくれます。このあたりの話をご店主が色々聞かせてくれるので、ウンチク嫌いな方はちょっと抵抗あるかも知れませんが、僕的には全然オッケー、食前のネタとして楽しませていただきました。
ちなみにこの日の牛は「ななこ」ちゃんだそうで、雌牛の名前はひらかなと決まっているそうな。


20140712かね安

こちらは同行者の焼肉定食(1600円)。左上の玉子豆腐は自家製だそうで、なんだかんだとお惣菜が付いてきます。


20140712かね安

お昼時なので、値段的にも一番トライしやすい焼肉丼をオーダーしました、左・ノーマル700円、右・大盛り800円。丼サイズは吉野家と同じようなものでしょうか。具は牛肉と玉ネギのみで上に切り海苔が盛られており、付け合わせに生姜と小鉢が付いてきます。


20140712かね安

一口食べてみると若干薄味に感じましたが、この方が肉の味がよくわかるし最後まで食べ飽きないので正解。定食メニューに比べて値段安めなので期待しすぎないようにしてたんですが、いやあ、これはすごいわ。この値段でこんな肉質の焼肉丼が食べられるとは驚いた。肉の旨味・甘味・香りがすんごく上質です。質のいい枝肉仕入れて解体しているから、その際の細切れなんかを使ってこういうことができるんでしょうけど、フツーこんな値段で食べられる代物ではありませんな。
ちゃんと比較したわけではありませんが、並と大盛りの違いはほとんど具の量の差で、100円違いなら絶対大盛りのほうが得。とはいっても、ご飯の量とのバランスからすれば並のほうが良くって、むしろ大盛りは「肉多すぎ」感があります。でも肉好きな方なら是非大盛りを。
ここまで質が良かったら、ステーキとかすき焼きも食べてみたくなるなあ一番食べてみたいのは、塩胡椒オンリー。恐るべし近江牛!


{お店データ}
住所:滋賀県近江八幡市鷹飼町747-1
電話:0748-33-2628
営業時間:精肉部8時半〜19時半 飲食部:11時〜22時
定休日:水曜日

広島一人旅3〜やはり「うえの」(宮島口)

Posted ish / 2014.06.29 Sunday / 23:02

20140624宮島口うえの

片道1000円で広島まで一人旅に来た目的の1つは、宮島口のお馴染み「うえの」のあなごめし。foodishでも何回もエントリしてるので、もう飽き飽きの方もいらっしゃるでしょうが、やっぱりうまいもんはうまいんです。


20140624宮島口うえの

暖簾横の窓口で、持ち帰りなら注文。お店で食べるなら名前を言って順番取りします。


20140624宮島口うえの

ここのあなごめしは冷めた方がうまいんですが、せっかくなのでお店でも食べてお弁当も持って帰ることに。平日13時過ぎにもかかわらず先客が15名ほどいたので、お店左手の待合で名前が呼ばれるまで待ちます。


20140624宮島口うえの(エントリ内の写真はクリックで大きくなります)
待合に貼ってある張り紙。以前白焼きは1260円でおちょこ1杯の冷酒付き。今回は冷酒なしの1080円で、確か以前にはなかった「冷酒ぐいのみ」100円がメニューに加わっています。


20140624宮島口うえの20140624宮島口うえの

15分ほど待ったところで呼び出しが掛かり、店内へ。「持ち帰り切り落とし(750円)」なんてのもいままであったっけなあ。


20140624宮島口うえの

ということで、まずはぐい飲みで冷や酒をいただきながら白焼き。このぐい飲み、それなりのサイズなので100円だとちょっとお得感があります。わさびをちょいとつまみながら酒、白焼きをかじりながら酒。けっきょくぐい飲み3杯ほどいただいてしまいました。


20140624宮島口うえの
続いてあなごめし(並)。冷めたほうがおいしいと思ってはいても、せっかく広島まで来てるんだから食べずにいられるはずもなく。やっぱりいつ何度食べてもおいしいなあ〜



(以下、オマケ)
DSC05686

お土産用の折り詰めあなごめしを買って、ゴキゲンでお店の前から出ている広電に乗って広島駅へと帰路につきます。JRの方が早いけれど、急ぐわけでもないので、うとうとしながらこっちで帰る方がいいのだ。

写真 2014-06-23 13 30 16

で、デジャヴのようにお好み焼屋の暖簾出現。到着時は広島駅ビルの「やっちゃん」、帰る前には「いっちゃん」なのだ。


写真 2014-06-24 15 37 48

ここも基本は肉玉+そばorうどん。サービス担当のお姉さん、優しくて美人。


写真 2014-06-24 15 41 53

もちろん今回もイカ天入りそば。やっちゃんよりも焼き時間が長いような気がします。


写真 2014-06-24 16 41 17

なんぼ僕でもあなごめしの後にお好み焼きを連発したりはようしません(やってできないことはないが…)。帰りのバスの中のバス弁用に、持ち帰りにしてもらったんです。行きのバスは座席が狭かったけど、帰りはリクライニングもゆったりできるタイプで助かりました。広島で夜を過ごすのは前回に続いて2回目。前回同様、街に溢れるお店の数に驚かされました。ふらふら歩いてるだけで、お、これはってお店に何度も出くわしたもんなあ、やっぱり、恐るべし、広島。

宮津の富田屋へランチドライブ

Posted ish / 2014.05.20 Tuesday / 10:56

20140510宮津
仕事のはずだった土曜日が急に休めることになったので、以前えて吉さんと一泊二食で行った宮津の富田屋にドライブがてら昼ご飯を食べに行って来ました。神戸の自宅から2時間ちょっと。昔に比べて道路事情が良くなったので、日本海側まで出るにしてもすごく楽になりましたね。


20140510宮津
到着したのは12時半頃。店の前に数組の待ち客がいたので(上の写真は帰りに撮ったものです)、先に妻だけを車からおろし店頭のボードに名前を書いて順番待ち。駐車場が満車だったので空きが出るまで僕は待機→5分ほどで無事駐車→店まで戻ってほどなく名前を呼んでくれる、と効率よく入店することができました。


20140510宮津
一度一泊二食しただけなので、昼時は初めて。お客の年齢層はやや高め、意外とアルコール率は低いように思いました。僕と同じく車で来てる人が多いからなんでしょうかね。宮津駅の目の前なんで、電車で来たら飲めるんだけどなあ。


20140510宮津
(エントリ内の写真はクリックで大きくなります)
こちらがレギュラーメニュー。これだけ見てると値段は安めとはいえ、街中の定食屋とそれほど大きな違いが感じられるものではありません。


20140510宮津
しかーし、店内中央にある黒板の本日のおすすめを見ると、そのメニュー数の多さに圧倒されます。左の列なんて、上から下まで全部刺身メニューですからねえ。しかも値段の割りに量も多いことは前回経験済み。できれば多人数で来て、色んなメニューバンバン頼んで宴会できたら楽しいやろなあ。


20140510宮津
妻のチョイスは、煮付け定食(648円)。写真ではあんまりわかりませんが、この煮付け、めっちゃデカくてめっちゃ分厚いんです。僕も少し手伝いました、多分カツオかなあ、けっこうずしんと来る感じでお買い得感満載。


20140510宮津
僕は天ぷら定食(1080円)をチョイス。フツーサイズのなす・げそ・人参・カニカマに、でかくてぶっといエビが三尾マウンテン盛り。ブリッと噛み応えがあって、ちゃんとエビの自然な甘味があって、たっぷりエビ食べた〜って満足感ありましたねえ。


20140510宮津
定食だけ食べるのもナニだろうということで、あわび焼き(1050円)も頼んでみましたが、ある意味これは失敗。だってものすごく飲みたくなるねんもん〜

初めての富田屋ランチでしたが、やはりコストパフォーマンスは抜群。ファミレスなんてアホらしくていけたもんじゃありません。定食類はもちろんおいしいけれど、「食事してる感」満載なので、それだけではなんかもったいない気がするんですよねえ。できれば黒板メニューから色々選んで食べたい、でもそうすれば飲みたくなる。電車で来るか、誰かの運転で連れてきてもらうのが一番という、当然の感想に落ちついてしまいます。ちらっと見たところでは、いまだに一泊二食で5000円のままのようなんで(多少値上がってても大したことない)、やっぱりここは泊まりで飲んで食べて、酔っぱらったら2階で寝てってのがベストですなあ。
PAGE TOP