【旧】foodish:”雑”食記

このブログは移転しました。移転先はhttp://foodish.net/blog/です。

(多分)錫半のちろりをゲットしました

Posted ish / 2014.07.13 Sunday / 18:20

錫半たんぽ

「地炉利」とか「千呂利」「銚釐」と書き、本来は燗をつける為の注ぎ口と取っ手が付いた筒形器でした。熱伝道性の良さから錫すずや銀、銅で出来ていたそうで、いわゆる酒タンポです。これがタンポ/チロリ類の基本形と思われます。タンポは「湯婆」と書くそうで、チロリとは地域違いのほぼ同義語です。大阪を境に東がタンポ、西がチロリだった様ですね。

生前、僕の父親も晩酌の時にこれを愛用していました。震災の頃だったかにそのちろりが行方不明になり、いいのがあったら欲しいなあとは思っていたのですが、そこそこ値段がするので踏ん切りが付かずにいました。


錫半たんぽ

ところが、この土日の旅の途中に寄った近江八幡の骨董市がけっこう面白く、色々見ているうちにこいつを発見。裏を見たら「本錫」「錫半」と書いてあるじゃないですか。錫半は1714年心斎橋で創業、1996年惜しくも閉店した名店。父が使っていたのもここのだったし、以前「酒之灘屋」で見せていただいたのもそう。
こりゃいいなああと値段を聞いてみたらなんと「2000円」! 即決で買ってしまいました。黒ずみもなく取っ手の巻いてある部分もきれいなので、多分年代の浅いものなんでしょう。以前から欲しいと思っていたものがこういう形で見つかって、とっても嬉しい気分〜♪ あの骨董市には、他にも欲しいもの一杯あったなあ。

父の日ビール

Posted ish / 2013.06.19 Wednesday / 11:06

父の日ビール
(エントリ内の写真はクリックで全て大きくなります)

娘達がプレゼントしてくれました。知ってるのは黒エビスとヒューガルデンのみ。インドの青鬼なんてこりゃなんじゃらほいって感じですが、よなよなエール・水曜日のネコなんかもよなよなの里ってとこが作ってるんですね。それぞれどんなのか、楽しみにいただくことにしましょう(^^)

ぷるみえさん来阪でハシゴ〜その3・店名不明なバー→Bar Seadと判明

Posted ish / 2012.08.03 Friday / 10:51

写真 12-07-28 21 01 44
スタート時間が早かったもんで、4軒行っても時間的にはまだまだ余裕。〆にちょこっとバーに行きたいなってことになり、この日うろついている途中に気になっていた店にトライしてみることにしました。
場所は八尾蒲鉾店の向かい側だったと記憶してるんですが、お店の看板とかを記録し忘れたので、店名不明。検索したけどわかりませんでした。現地まで行ったらちゃんとたどりつける自信があるんですけどね。
追記:ぷるみえさんのコメントにより、Bar Seadだと判明しました。

R1010423
僕の一杯目はウオッカトニックがフツーなんですが、この日はちょいと魔が差したというかちょっとひねってみたくなったので、フローズンダイキリができるかどうかお店に確認してみました。そしたら、フレッシュものが何種かできるとのことで、こりゃご立派。おっさんには似合わん、フローズンフレッシュピーチダイキリなんてのをオーダーしてしまったぢゃないか。おいしいよ、これ。

R1010424
店主と話していたら、ご自身が好きなこともあり、ラムの種類が豊富だとか。僕もえて吉さんも好きなもんで、割りと個性的なものを2種お願いしたら、上の2種が出てきました。僕が飲んだほうは右の「DIPROMATICO RESERVA」。けっこう甘味が効いていて濃厚な感じでした。見たことないボトルがいっぱいあったので、色々の見比べてみたいなあ。

なんの前知識もなく全く初めての店なので、ぽくが先陣を切ってドアのバーを開けて確認し、長年の経験と勘をもとにこりゃオッケーと言うことで入店したんですが、結果的にすごくいいお店でした(えて吉さんもうろついてる時から目をつけていたそうです)。バックバーも品揃え豊富で、最初の写真で全体の6分の1程度でしょうか。天満界隈って色んなタイプのお店があってバラエティに富んでるんですが、バージャンルもこれでオッケーだし、誰か連れてきてもここならどうにでもなるなあって感じですね。


今回のぷるみえさん来阪歓迎天満はしごツアーはここまで。実はこの前の店あたりで、ぷるみえさんはけっこうへべれけだったと後で知りました。そうかなあ、そういう風には全然見えなかったけどなあ。デリカシーのないおっさんたちでゴメンね。昔からの仲間と久しぶりに一緒に飲み食いできて、楽しかったです。また行こうね!


{お店データ}
住所:大阪市北区天神橋5-6-26 エムロードB1F 電話:06-6351-6619
営業時間:18時〜29時 定休日:不定

おがちゃんとハシゴ〜続いて「くまり」「熊澤」(神戸・元町)

Posted ish / 2012.04.04 Wednesday / 10:52

R1009664
久しぶりのじゃじゃうまを堪能した後は電車に乗って元町まで移動、今日こそはと思ってた「旨しや・くまり」「酒商・熊澤」へ。先日来てみたら休みだったもんね(>_<)


R1009666
(写真ぶれててスンマセン)今年2月にオープンしたこちらのお店、1階は酒類の販売と立ち飲みの熊澤、2階は料理も楽しめるくまりの2段構えで、1箇所で2軒ハシゴできるという優れもの?なんです。(←なにも無理してハシゴする必要ないが)


R1009656
まずは2階のくまりへ。テーブル席なん卓かとカウンター席があり、初めてのおがちゃんと僕はカウンター席につきました。厨房に近くて個人的にはこっちの席のほうが面白そう。


R1009640R1009644
R1009642R1009641
(エントリ内の写真はクリックで全て大きくなります)
メニューオンパレード。料理は枠にとらわれることなく自由で個性的。一見フツーに見えても実は凝ってるって感じのもあります。値段設定もいいですねえ。ワインも日本酒も詳しいことはようわからんのですが、かなりなレアものが揃ってるそうです。


R1009647
おがちゃんは生ビール(これもフツーじゃないらしい)、僕はかざま甲州。


R1009653
あて3種盛りは、レンズ豆と昆布の煮物(これ、面白かった)・かぼちゃのバニラ風味・切り干し大根のアラビアータ仕立て。これで580円は良心的。


R1009651
フォカッチャと大人のポテサラ。なんで大人のかといえば、けっこうビリッと辛いから。この辛味なんやったっけ、食べたことあるのに思い出せない〜と思ってお店の人に訊いたら、そうやそうや柚子胡椒の辛味や。
もう一品、是非とも食べたかった「豚丸ごとミンチカツ」は写真取り忘れましたが、噂どおりかなりウマー!軟骨やら内蔵やら色々入ってるらしく、食感がコロコロ変わって楽しいし食べ応えあり。オモロいなあ〜これも。
じゃじゃうまで食べた後じゃなかったら、もっと色々食べたかったなあ。


R1009663
お腹一杯になってきたので、ここいらで1階へとハシゴ。熊澤もこれまた落ち着いていい造りです。


R1009658
カウンターには色んなワインがずらり。店の奥には日本酒も控えています。


R1009660
こちらでは札幌のケルナーをば。といっても自分で選んだわけではなく、お店の方に選んでもらいました。ワインに詳しくなくても、テキトーに味の好みを言えば見繕ってくれます。


食べたければ上へ、飲むだけで良ければ下へ。どちらもいい店ですなあ。元町近くの人がうらやましい。いや、僕も会社帰りに途中下車しようかな。何度でも通いたくなる中毒性アリやな、どっちも。


{お店データ}
住所:神戸市中央区北長狭通4-4-15 定休日:いずれも火曜
[くまり]電話:078-333-0130 営業時間:17時〜24時
[熊澤]電話:078-333-0087 営業時間:ショップ12時〜23時、立ち飲み15時〜23時
PAGE TOP