【旧】foodish:”雑”食記

このブログは移転しました。移転先はhttp://foodish.net/blog/です。

青春18きっぷで宮島口の「うえの」へ

Posted ish / 2008.03.17 Monday / 11:54

この春に青春18きっぷを買った目的はいくつかあって、そのうちの第1弾が日生行きでした。で、今回の第2弾がその本命。これをやりたいが為に、この切符を買ったといっても過言ではありません。目的はただ一つ、広島県のJR宮島口駅前に店を構える「うえの」に行くこと。

うえののあなごめしについては、過去二回エントリしています。えて吉さんとのツアーが2年前の8月。それ以降ことあるごとに「ああ、あれ食べたいな〜」と思い出しつつも、このあなごめしは現地で食べるしか手がないので、どうやって次なる機会を作ろうかと色々考えていたのでした。
新幹線を使って食べに行くのはたいそうなので、青春18切符を使う手は以前から頭にありました。ただ、神戸から在来線を乗り継いでいって片道5時間半(*_*)、日帰りなら当然この倍の時間電車に乗っていることになるので、寄り道するのはちときつい。あなごめしのためだけに往復11時間電車に乗る酔狂な奴はなかなかいないだろうし、やるとなったら一人旅だと思っていました。

(以上の前置きも長いけど、続きも長いです…)


ということでダイヤ改正前日の3月14日に決行。途中3度ほど乗り継いで、宮島口駅に到着しました。もっと長く感じるかと思ったけれど、意外と早くついたなあって感じ。若かりし頃、在来線乗り継いで小倉まで行ったことあるくらいなので、長距離の強さは今も健在か(笑)

(以下の小さい写真はクリックで大きくなります)

ueno1.JPGueno2.JPG

宮島口の改札を出て南方向へ、目の前の国道を渡るとすぐに「うえの」です。写真の並びどおり、向かって左がうえのの待合い&2階にある別コンセプトの店・「他人吉(たにきち)」の入り口。右側が本来のお店の入り口。持ち帰り用の弁当はこっちで受けとります。

ueno3.JPGueno4.JPG

(左)昔の風合いが残る待合いスペースの奥には蔵があり、待合いやちょっとしたサロンとして使われています。
(右)待合いスペースのお勧めメニューには、僕が食べるつもりだったのと同じく「白焼+あなごめし(ふつう)」と書いてあります。朱文字で「金あなご」と書かれているのにもご注目。
平日の13時前、待合いは10人ほど。食べるのに時間がかかる代物ではないので、さほど待たずに名前を呼ばれて席に案内してもらえました。


ueno5.JPG

まずは白焼(1260円)と、このお店では初めての日本酒(ぬる燗)。前回来た時は、運転してくれるえて吉さんに申し訳ないのでアルコールは一切控えていたんです。白焼にはもともとおちょこに一杯だけ冷酒がついている他、おろしわさびと粒状に砕かれた岩塩が添えられています。

まずは冷酒でちょっと口を湿らせ、何もつけずに一口。
…う〜む〜ぅ、なんやねんこれは。

ueno6.JPG

もともと煮穴子より焼穴子好きで、ほんとにおいしいのなら焼くだけで充分と思っています。白焼ならタレもなしなので、一層シンプルに素材のタチがストレートに出るわけですが、こいつはすごい。口の中に入れるやいなや、身の旨味と焼けた香ばしい香り、身から浸み出た品のいい脂の甘味やらなんやらが一気に暴発、一切れのかさの何倍もの存在感を感じます。
これで飲む日本酒はもうサイコーで、個人的にはぬる燗大正解!酒がうまい、穴子がうまいのシーソーゲームで、こりゃたまらんって感じでした。わさびや岩塩を白焼に添えて食べてもみましたが、僕的にはそのままが一番だったので、結果的にこれら薬味も日本酒のアテに。店が混んでいたのでそうもいかなかったけれど、できればもっとゆっくり飲みたかったなあ…

ueno7.JPG

飲み始めて程なく、あなごめし(ノーマル・1470円)が到着。飲み終わってから持ってきて欲しかったけど、まあしゃあないか。シンプルな白焼とはまた違って、タレの旨味とそれを焼いた香ばしさが加わったうまさはまた別物です。

ueno8.jpg

焼穴子と出汁で炊いたご飯だけなのに、なんでこんなにしみじみうまいのか。はるばる5時間半かけてここまで来て、本当に良かったです。

とはいえこれで終わりではなく、まだ続きがあります。


ueno9.JPG

JR宮島口の駅弁でもあるこのあなごめしのすごいのは、冷めてもうまい、いやひょっとすると冷めた方がうまいところ。現地で食べた以外にもおみやげ用に2折予約しておいたので、帰ってから家族と一緒に食べました。
少なくとも、やっぱりご飯はこっちのほうがおいしく感じます。味が馴染むというか、冷めて時間が経って落ち着くんでしょうね。


いつも以上にくどい内容でスミマセンでした(笑)
これでも今まで書いたこととダブらないようにしたつもりなんです。
ちょっとやそっとでは食べられないモノだけに、変わらないおいしさに久しぶりに出会えた喜びはひとしお、これで交通費2300円はほんとにお値打ちでした(帰ってからちょっとおしりが痛かったけど(^^ゞ)。時間がかかった分だけ、余計においしく感じたってこともあるかもしれませんね。
ゆっくりと時間を過ごすためにも、次回はぜひ2階の他人吉に行きたいものです。さてそれはいつのことになるやら…


{お店データ}
住所:広島県廿日市市宮島口1-5-11 電話0829-56-0006
※営業時間・定休日はお店にお問い合わせ下さい。持ち帰りのみ予約可。

Comments

ダフ屋のマンちゃん2008/03/17 08:50 PM

はじめまして!
いつも楽しく拝見してます(^^)/
実は青春18きっぷを入手して・・・宮島口を計画中だったんです! まさにドンぴしゃでした!!!
ついでに、日生のかきおこも、この20日に計画中で参考にさせていただいてます。ムボーにも日曜に富山日帰りも画策中♪ いずれも計画倒れの可能性ありですが・・・(^^;

ish2008/03/17 10:31 PM

ダフ屋のマンちゃんさん>
ようこそお越し下さいました!
青春18きっぷって面白いですよね〜
期限は4月10日までなので、無駄なく楽しく使い切りましょう!

ぜん2008/03/18 01:49 PM

昔このお店には良く行きました。
白焼に日本酒は本当に良く合いますね。
車で行けば3時間ちょっと、近いですよ(笑

ish2008/03/18 06:56 PM

ぜんさん>
今までは、持ち帰りだったり事情があったり(笑)で飲む機会がなかったので、白焼も今回が初めてでした。すごい相性ですね、これ。
車で行けば小回り利きますが、今回はコスト重視で行ってみました。

えて吉2008/03/19 09:34 AM

ちょっとタイミングをズラしてコメント。(^ ^;)

いやー、今回の白焼きは刺激的ですねぇ。
記事だけで酒が飲めそうですわ。

交通費さえ工面出来りゃ、すぐにでもハンドル握りそうもん。

ish2008/03/19 11:35 AM

えて吉さん>
あなごめしに比べると量的には割高に思えるのですが、モノが違うのでしょうね。
ハンドル握って行ったら飲めませんよ〜(^^)

kobekko2008/03/20 11:25 AM

3月14日は私も神戸から福山まで青春18切符で往復しました。実家の母の見舞いで。昼前に着く午前の適当な便は限られていますので、ひょっとしたら同乗していたかもしれませんね。時刻をぎりぎりに見積もってましたので、姫路駅そば、福山駅前の尾道ラーメン朱華園で中華そばをかき込み口蓋をやけどしてしまいました。いずれも少し味が変わってきているかな・・・と感じました。

ish2008/03/20 03:16 PM

Kobekkoさん>
本数が限られているので、一緒だったかもしれませんね。ダイヤ的には、姫路〜岡山間が特にネックのように思います。
福山は以前友達がいたし、出張で行ったこともあるし、思い出がある街なんですよ。鞆の浦にも行ったことあります。時間があれば途中下車したかったかったんですけどね。

ここには書いてませんが、実は帰りは姫路で新快速一本遅らせて、駅そばはきっちり食べました。

kobekko2008/03/22 12:53 AM

ishさん>
岡山まで快速なり新快速が走ればいいですよね、そしたら新幹線乗らなくなるかな(^o^)
鞆の浦の海上橋計画は、世界から非難されるのではないかと嘆かわしく思います。鯛の浜焼きが素朴でとってもおいしいですよね。

ish2008/03/22 07:35 AM

kobekkoさん>
兵庫県と岡山県って、色んな意味での交流?が浅いんですかね。需要がないのかなあ。
鞆の浦の海上橋計画は知りませんでした。橋が出来ていいこと・悪いこと、双方あって難しいですね。

Comment Form





Trackbacks

Trackback URL : http://foodish.net/sb/sb.cgi/1211

PAGE TOP