S.B.DINER-KOBE(神戸・三宮)

昨日の休日はガッツリ肉を食いたい気分。お昼時の元町三宮方面で、その欲求を満たしてくれそうな店を頭の中で数軒ピックアップしておき、自宅を出ました。
ところが元町駅に着いたところで、ある店のことがパッと頭にひらめき、慌てて下車。

写真 2015-02-02 12 31 52
ガッツリ肉というテーマからは少しずれますが、以前からの課題店・S.B.DINER-KOBEでガッツリとハンバーガーを食べたい欲に突如変化してました。

写真 2015-02-02 12 44 24
到着したのは12時半頃。すでにお2人店の前で待っていましたが、まあこれくらいなら大して時間は掛からんだろうとその後ろに着いたところ、予想以上に進まず、入店できたのは30分ほど後。やっぱいつもどおり13時をめざして来るべきやったなあ。

写真 2015-02-02 13 09 14
店内はテーブル席のみの20席と狭く、あちこちにポップな絵が描いてあるアメリカンな雰囲気。予想以上に女性率が高かったのが意外で、平日昼間と言うこともあるにせよ客層はほとんど20代で、おっさんなんて僕1人しかいませんでした。

写真 2015-02-02 13 07 39

(エントリ内の写真はクリックで大きくなります)

ハンバーガーメニューはベーシック以外に、チーズ・ブルーチーズ・アボカド・スパム・パイナップル等のバリエーションあり。バーガーにはポテトとサラダがついてて、ドリンクを最低1種オーダーすることになっています。Sサイズってのは付け合わせのサラダがなくなるだけで、バーガーサイズは変わりません。(バーガーのみのオーダーが出来るとの情報もありましたが、それはなし)

写真 2015-02-02 13 07 21
ドリンクメニューの下方に注意。平日なら学割あり、またセットにすると安くなります。ただし僕はビール(ハートランド)を頼んだんですが、500円のままでした。セット用のビールとかが別にあるのかな?聞いときゃよかった。

写真 2015-02-02 13 15 13
テーブルの上には、グレービーソースみたいなの・塩・マスタード・ケチャップ。ハンバーガーが出てきたらフォーク&ナイフで切ってもよし、グラスに入っているバーガー用のペーパーに入れてこぼれにくくしてガブッとかぶりつくのもよし。

写真 2015-02-02 13 23 51
オーダーしてから15分ほどかかって、プレーンバーガー(830円)登場。あらかじめネットで見ていたのでポテトの量が多いのはわかってたんですが、やっぱりそれなりの量ですね。

写真 2015-02-02 13 22 52
全景ではハンバーガーがどんなのかわかりにくいので、横からのショット。パティはさすがの厚みで、見るからに食べ応えありそう。バンズは弾力があるけれど、柔らかすぎることはなく密度高めで、これならしっかりパティを支えてくれそうです。

20150202SBdiner
やっぱハンバーガーはかぶりつかないとおいしさが半減するような気がするので、紙で包んでまずは何もつけずにガブッとイってやりました。
最初に感じたことは、パティがうまい。塩胡椒が引き出す肉の旨味だけでハンバーガーとして十分おいしく、なんか味を足したいという欲求が沸いてきませんでした。このままで何口か、続いてちょっとグレイビーかけてみたりマスタードかけてみたり。結局ケチャップは試す気にもならず、このバーガーは何もつけないままが一番僕の好みに合いました。
また、ボリュームも肉食べた感もしっかりあるのにあっさりしてて、見た目の割りにはぺろっといけてしまうんですね。熱々ポテトはおいしいんだけど、こりゃあ全部は無理やなあと最初は思っていたのに、なんの無理もなくスルッと胃の中に収まってしまうくらい、「軽い」というか「負担が掛からない」んです。

内容と質を考えたらこの価格はすごく安いと思います。プレーンのSならポテト付きで680円、これならマクドの凝ったメニューのセットものにちょっと足したくらいですもん。たかがハンバーガーなんて思わずに、若い人たちだけでなくもっと幅広い年代の方に食べてもらいたいですねえ、これは。んー、かなり前から知ってたのに、なんでもっと早くから来なかったんかなあ。
初めてだったので今回はプレーンを選びましたが、次回は是非ともバリエーションを試してみたいです。チーズもアボカドもいいし、パイナップルも食べてみたいなあ、迷うなあ。(実は本命は、ブルーチーズのダブルなんだけど…)

{お店データ}
住所:神戸市中央区北長狭通2-4-5 電話:078-391-8577
営業時間:12時~15時、17時~21時 定休日:水曜


第2回アホほどカキを食べる宴会

モブログでちらっとお伝えした昨年に続いて2度目のアホほどカキを食べる宴会@えて吉さん宅の詳細を、写真多め・文章少なめであげておきます。

image
去年はカキオコ食べたあとカキを買い出しに行ってその後に宴会という強行スケジュールでしたが、さすがのえて吉さんも応えたらしく、今年は買い出しのみ。事前に予約してあったのを、朝から赤穂市の坂越までひとっ走りして買いに行ってくれました。昨年は剥き身1.5kgチューブを4本(6kg)と殻付き6kgの計12kgと少し多すぎたので、今年は両方とも4kgの計8kgと減量。結果的にそれでも参加者計7人でとても食べきれない量でしたが…

DSC08036 DSC08034
(エントリ内の写真はクリックで大きくなります)まずはカキ以外から。

(左)えて吉さん所有・明石市の江井ヶ島酒造地ウイスキー「あかし」3種類/(右)だいこんさん作で左が数の子の山葵漬け、右がチーズのにんにく醤油漬け。どっちもいい塩梅でしたが、特に山葵漬けがいい酒粕つかってて、アテに良かったですねえ。

DSC08046 DSC08048

両方ともだいこんさん作で(左)ダッチオーブンで作ったローストポーク/(右)自家製明太子。ローストポークは一旦周りを焼いてるそうで、これのかすかな焦げ臭がいい感じでした。この手の宴会の時にだいこんさんが持って来てくれるアテは、どれも達者やなあっていつも思います。

写真 2015-01-30 14 09 21 DSC08092

(左)僕が持ってきたえぞ鹿肉と熊肉の缶詰。結局開けず終いでした。(右)うちの近所のブランジェリーレコルトのカンパーニュ・クルミ入りバゲット・ノーマルバゲット。LAKSAさんがいいチーズを差し入れてくれてたので(写真なし)買ってきました。(お前は何も作ってないやんか!の声もございましょうが…)

DSC08078 DSC08082

この2点は仕事終わりで駆けつけてきたこばやしさん作で、(左)松前漬け/(右)タンシチュー。後者はこばやしさんのエントリ読んで是非食べたい!って思ってたのを、冷凍しておいてくれたんです。うまかったなあ、これは。

皆さんの持込がおいしいもんで、カキ抜きでもかなり楽しめましたが、さてこれからが本題。

DSC08038
当日坂越で買ってきたばかりの殻付きガキがてんこ盛りにあるので、何を置いてもまずは生ガキ。

DSC08075
手を怪我しないように軍手してたのに、ちょっと指を切ってしまったのは私です。カキの殻の平たい方を上向きに・蝶つがいを手前にし、右側にある貝柱をナイフでカット。

DSC08043
海水の自然な塩気があるので、まずはレモンだけで。うー、臭みなんて全然なくって甘くてうまい。その後好みでケチャップやらアイラモルトのボウモアがけやらでわしわし。

DSC08056
前回の調理隊長・myblackmamaさんが欠席だったもんで、今回はえて吉さんとだいこんさんと、加えて私めも調理させていただきました。チューブに入っていた剥きガキを大小に選別し、大きい方はカキフライに、小さい方はその他に使いました。昨シーズンに比べ、今年は気候のせいで粒が小さめだったのがちょっと残念。

DSC08074
フライは僕が担当。生でも食べられるくらいなので、火を通しすぎないようやや高温で時間をかけずにざっと揚げました。自画自賛ですが、うまかったですねえ〜これは。毎度ながら生もおいしいんだけど、熱で旨味が凝縮されてまた違った魅力。宴会なので、油をけちらずたっぷり使えるから揚げやすいこともあると思います。まあ素材がいいので、揚げすぎない限り誰がどうやったっておいしいんですけどねw

DSC08068
事前にメニューを打ち合わせしている時に提案したバター焼きを、えて吉さん作成中。

写真 2015-01-30 17 28 59
個人的には今回これが一番うまかったかも。バター・にんにく・パセリの風味がカキとマッチ、そしてカキは所々焼き目が強めの部分があって、そこがカリッと香ばしい。味も焼きも火の通し方も加減がそろってて、「お金が取れる一品」でした。

写真 2015-01-30 15 45 01
こちらもえて吉さん作・小さい目のを使ったカキのオイル煮。この日の飲み物は、ビール・ウイスキー以外にもワインやらなんやら色々揃えてくれていたので、こういうのが出て来ると違うのが飲みたくなってきます。

DSC08085
LAKSAさんリクエストによる牡蠣スンドゥブ。路線が変わってこれもまたよし。
僕はこの日最初に到着して、なんだかんだいいながら早いうちから飲み始めてたので、お約束通り?ソファで1時間くらい寝てましたが、その後復活してまた飲み始めました。

DSC08066
料理をスタートした頃に、小さめのを使ってカキご飯(写真なし)を仕込んでおきました。最後のほうにこれをちょこっと食べたらもうお腹一杯。お土産に持ち帰らせてもらいましたが、またしても自画自賛ながら上品でけっこういい出来でした。たまたまだしがいい感じに出来たからでしょうねえ。

途中寝てたのでようわからん部分もあるんですが、おおむねこういう感じでいつもどおりおいしく楽しい一時でした。反省・要望としては、殻付き蒸しガキやる予定だったのに忘れてたのと、去年食べた広東風牡蠣のお好み焼が食べたかったなあと。
多人数で集まって、色々料理しながらの宴会って楽しいので、カキだけでなくまたやりたいですね。

20150130越後屋
越後屋、また会おうね〜


今年もカキ宴会!

image
昨年に引き続き、今年もえて吉さん宅でアホほどカキを食べる宴会がこれから始まります。詳細は後ほど。

image

「しゃあないから写真撮らしたるわ」って感じの越後屋もいます。


初めてのおからパウダーで卯の花

昨年秋に大量の黒枝豆をいただき、食べきれなかった分は冷凍保存していました。それを何かに使おうととりあえず自然解凍している間にツイッターを覗いていたら、こちらのエントリに遭遇。そういやおからパウダーで色々試行錯誤してるえて吉さんに刺激されて、僕も近所のスーパーで見つけた「さとの雪」のを買ってたんです。
「おからパウダー20gに対し、水80gで生おから100gに!」って当たり前みたいなことをパッケージに書いてありますが、どのくらいの感じで増えて、どのくらいの水気で仕上がるのか皆目不明。乾燥わかめがバカほど増えて困るような事態にはなりたくないので、恐る恐る加減を見ながらおからと水の量を調整していきました。

写真 2015-01-27 17 04 21
結果はこんな仕上がりに。冷蔵庫にあった人参・ネギ・ちくわを適当に刻んで油で炒め、そこに水で戻したおからを投入。そこにしろ出汁とみりんを加え、粘り加減を見ながら少しずつ水を追加して炒め煮し、最後に黒枝豆を加えてざくっと混ぜ込みました。
味付けはまあまあ。おからの加減がこんなもんでいいのか自分でも疑問。もう少し粘りが出て欲しい気がするけれど、そのためにはもっと水気が多い状態から煮詰めていった方がいいんですかねえ。今回はあらかじめおからパウダーを戻してから使いましたが、水気多めのところに直接投入しては乱暴すぎるでしょうか。
ともあれ、一度使ってみたらなんとなくどうなるかわかったので、これから色々応用していきたいと思います。保存も利くし出汁やエキスをよく吸うので、こりゃ面白そうです。


神起(JR神戸駅山側)

20140114神起
某日、つけ麺が食べたくなって「」に行ったら麺切れ。辺りをうろついていたら目についたのがこちら「神起」。向かい側にもラーメン屋はあったけれど、なんとなくこっちを選択しました。

20140114神起
最近は外でラーメン食べるとそれなりの値段なのであんまり食べないから全然詳しくないんですが、後で調べたら基本のラーメンは鶏ガラトンコツ・山盛り野菜・自家製超太麺だそうで、味噌やとんこつ醤油もあり。

20140114神起
この日は軽めにしたい気分だったので、麺は少なめでお願いしました。その代わり味玉子がつくのも魅力的だったし。

20140114神起
マジックで消してありますが、つけ麺には無料トッピングは出来「ます」。各種増量はちょい増し・増し・増し増しの3段階制で、一瞬野菜増しにしようかと思いましたが、他のお客さんの山盛り状態を見てビビってやめときました。フツーならイっといたんやけどなあ。

20140114神起20140114神起
麺は太くてやや平べったく、つけ麺のスープは魚介系でチャーシュー入り。僕みたいなおっさんはこれくらいの量に留めといた方が無難です。麺がしっかりしてて強めのスープにあってかなり好みに合いました。通常の腹具合なら、麺の量を普通にして野菜ちょい増しくらいが僕にはいい感じだろうと思います。他のサイトで色々拝見したところ、ここでつけ麺じゃなくってラーメン食べるのは、個人的にはやめといた方が良さそう。もう若くないんだから、食べたとしても増量なしのノーマルかなあ。なんかちょっと寂しいですが…

{お店データ}
住所:神戸市中央区相生町4-2-24 電話:078-351-6510
営業時間:11時半~14時(土日は15時まで)、17時半~22時45分
定休日:なし