「松屋」タグアーカイブ

今更ながら松屋のシュクメルリ

IMG_5764
昨年末に登場して一部ネット上で話題になっていた松屋のシュクメルリかつてはグルジア・今はジョージアと呼ばれる知らない国の聞いたこともない料理だったので、ぜひ食べてみたいと思っていました。間も無く終売のこの時期になってやっとこさ新開地の松屋に行ったら、店頭にのぼりがなく一瞬焦りましたが、店内にはまだポスターが貼ってあって一安心。シュクメルリとミニライスのセット(700円)を持ち帰りました。
 

IMG_5783
持ち帰って蓋を開けたばかりがこの状態。お店のカウンターで受け取った時から漂うものすごいニンニク臭は想像以上で、こりゃ食べるタイミングを考えないとえらいことになりますな。具は鶏モモ肉がゴロゴロ、大きめカットのサツマイモがいくつか、とろけるチーズがトッピングされています。
 

IMG_5785
深皿に移し替えてレンジでチンしていただきま〜す。まずソースは、「ニンニクが効いたホワイトソース」ってイメージだったんですが、いわゆるホワイトソース感はあんまりなくって、「すごく粘度があって酸味がないニンニク無茶使ってるアイオリソース」って感じでした。鶏肉はボリュームがあって食べ応えあり、本来は入ってないっぽいサツマイモは松屋オリジナルでしょうか、あえて甘みのあるものにしたんでしょうが、じゃがいもでも良かったんではないかと思います。(でもこの料理に味噌汁はいらんぞ)
この料理にご飯が合うのだろうかって話も聞きましたが、個人的には全然オッケー。そんなに食べないだろうとミニサイズにしたんだけど、大盛りにすりゃ良かったと後悔しましたね。レンジでチンせず冷やご飯だったんですが、松屋のご飯が意外においしかったのが予想外の発見。牛めしにしてもカレーにしても大事ですもんね。

松屋でこれを700円超出して食べるのはどうかなあとも思ってたんだけど、ここまでニンニクたっぷりの本格ソース(現地で食べたことないけど)にトライして、鶏肉どっさり入れた決断は大したもんだし、実際おいしかったので価格的にも納得。今後展開されるであろう松屋の世界紀行、どんな料理が出てくるのか楽しみです。
 

松屋のビーフシチュー定食

IMG_4890
松屋のビーフシチュー定食が結構評判良さげなのでそのうち食べに行こうと思っていたら、好評のため12月29日から一旦順次販売休止と聞いて慌てて食べに行ってきました。(といっても1月初旬から販売再開らしいけど)
 

IMG_4897
100円アップの生野菜セットではなく、ビーフシチュー定食(880円)をご飯サイズノーマルで。サービスのつもりなんだろうけど、味噌汁は要らんなあ。本来ならブロッコリーとかインゲンとかで見た目にグリーンを加えたいところ、乾燥パセリでなんとか勘弁してって感じが表れてます。
シチューソースは業務用のデミグラスソースっぽいというか、ビーフシチューのルーを使ったっぽいというか、まあこの価格なので本格的なものを期待する方が野暮。具の牛肉・人参・ジャガイモはどれもごろっとしてて存在感あり。肝心要の牛バラ肉は、しっかり煮込まれていて旨味があり、肉の質感を残しつつもほろっと柔らかい。このバラ肉とソースを一緒におかずにすると、ご飯によく合いますなあ。あとのことを考えてご飯はノーマルにしましたが、これなら大盛りにすべきだったかもしれません。強いて言えば、もう少し熱かったらもっと良かったと思います。

松屋に来て880円払ってこれを食べる層がどれくらいいるのかよくわかりませんが、洋食屋でこれくらいのビーフシチューを食べるとするならこの価格ではまず無理。店でゆっくりはできないけど、今日はがっつり洋食っぽいもの食べたいっ!って時にはけっこういいんじゃないでしょうか。