「夜」タグアーカイブ

フランス旅行最後の夜


色んな意味でむっちゃ「濃い」フランス旅行の最後の夜。あっという間のようでもあり、日数の割にはすごく長かったようでもあり。できなかったこともあったけれど、初めてのヨーロッパ旅行としては大大満足でした。
 

青春18きっぷで1泊2日広島の旅(3)〜夜は「酒菜 竹のした」

R0002182
広島行きが決まって最初にしたことは、7年前に行ってすごく気に入った「むろか」の予約を取ることでした。ところが満席でアウト。しょうがないので色々調べた結果見つけたのが「竹のした」。

R0002183
しょうがないとは失礼で、こちらもなかなか予約が取りにくいお店らしく、当日行ってみたらすでに満席でした。

R0002184
お店は階段を上がった二階。ちょっと割烹っぽい雰囲気も漂うエントランスでしたが、お店に入ったら「センスのいいカジュアル居酒屋」的な感じでした。
 

竹の下

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

こちらドリンクメニュー。日本酒は、地元広島のお酒中心に揃えられています。

R0002189R0002191
一方食べ物メニューは、手書きの日替わりのみ。季節ごとの定番とかがあるのかもしれませんが、定番を持たないというポリシーがいいですねえ。
 

R0002196
まずはビール。お通しは、バイ貝の煮付け・シャコと胡瓜の酢の物、どちらも瀬戸内を感じさせてくれます。

R0002199
刺身盛り合わせは、いか・かんぱち・鮪・鯛・甘エビ・水蛸、こちらの料理は基本的に2人前として提供されます。メニューには1800円からと記載されているのでいくらかはわかりませんが、質・量からするとかなりリーズナブル。6種のうちでは水蛸の吸盤が珍しく、楽しい味わいでした。
 

R0002203
続いては、この組み合わせにある想い出があるもんで雲丹ホウレン草(1400円)を選んだんですが、今調べたら「ウニホウレン」と呼ばれている広島のご当地グルメだったんですね。知らんかった〜そうだったのか〜 普段はセーブしている日本酒を解禁、広島のお酒をこの日は何種かいただきました。
 

R0002205
野菜が欲しかったので、季節野菜の冷し鉢(880円)というのを頼んでみたら、大振りな鉢に入った野菜の炊き合わせが出てきました。トマト・玉ねぎ・じゃがいも・アスパラ・とうもろこし・かぼちゃ・レンコン・しいたけと、とくに珍しくない素材ばかりなんだけど、それぞれの歯応えを残しつつちゃんとしただしの味がしゅんでいて、妻も僕もこれが今回の一番。中身も器も適度に冷やされていて気遣いも感じられ、こういう地味だけど手間がかかってる料理がおいしいと、ここを選んで良かったなって気分にさせてくれましたね。
 

R0002210
続いての地鱧と胡麻豆腐の揚げ出し(980円)は、コストパフォーマンスがいい、おいしい、そしてあっという間になくなる。

R0002214
〆のご飯ものに煮穴子めし(1400円)を頼んだら、想像を超えるえらくたっぷりなのが出てきました。トロトロの煮穴子だらけでご飯が見えず、もともと穴子とか鰻とか好きなもんでこりゃたまりませんです。小食だったらこれだけで充分やないかと思うほどの満足度、焼きもいいけど煮穴子もいいもんやなあと改めて思いました。

どれをとっても手間がかかっていてリーズナブルでおいしいくて、さすが予約が取りにくいお店だけのことはあります。難を言うなら、2人だとこれくらいしか食べられないことw まだまだ食べてみたいものが一杯あったので、できれば4人ぐらいでまた来てみたいなあ。

{お店データ}
住所:広島市中区立町3-23-2 アップビル 2F
電話:082-247-1986
営業時間:17時半~23時
定休日:日曜・祝日
 

うどん巡りのあとに布施で夜飲み(東大阪市)

えて吉さんとのうどん巡りが四軒で満足出来たもんで、かなり早めに戻れることになりました。いつもなら自宅近くまで送ってもらうんですが、なんとなく飲みたい気分だったので、ストレートにえて吉さんとこまで帰って車を置いてから飲みに行こうかと提案。

2017-08-31 19.39.38
検討の結果、近鉄沿線なら阪神なんば線に接続しているので神戸まで帰るのが楽、なおかつえて吉さん宅から行きやすいということで、場所は布施駅付近に決定。僕は昼間に何度か来たことがあったけれど夜は初めてだし、いろんな店があるのは知ってので前から興味があったんです。

2017-08-31 18.40.01
一軒目はえて吉さんに案内されて「山海屋」。昼酒もオッケーで安くて気楽、入ってみたらいかにも大阪的・ベタな居酒屋でした。いいなあ、こういうの。

2017-08-31 18.43.39
まずはロングドライブを終えてビール(大瓶390円)でプハー、アテはポテサラ(250円)とふき煮(190円)。やっすいなあ。

2017-08-31 18.44.59
夏場居酒屋でメニューにあったら食べたくなる鱧湯引き(490円)は梅肉で。

2017-08-31 18.59.14
串かつ盛り合わせは5本で500円だったかと。

2017-08-31 19.07.03
鮪ユッケ(390円)は量もたっぷりで値打ちものでしたねえ。

特に何も考えずただ食べたいものを頼んだだけ、どれも安くてハズレなしのアテでした。ざっくばらんだけどめっちゃ堅実で、日常使いにぴったりな居酒屋って感じでした。

2017-08-31 19.44.06
布施で飲むなんてめったにない機会だからもう一軒。僕のiPhoneの食べログアプリには行きたい店が色々マークしてあって、布施駅付近にもいくつか候補が入ってました。多分ネタ元はほとんどこばやしさんじゃないかと思うんだけど。

2017-08-31 19.47.11
そんな中からなんとなく選んだのが、関東煮の「みやもと」。もはや死語となりつつある「関東煮(かんとだき)」という言葉に惹かれたこともあるかもしれません。店に入ってみたらどことなく老舗っぽい雰囲気なのに、店はまだ新しいっぽいなあと思ったら、何年か前に移転されていたのでした。

2017-08-31 19.49.26
カウンターのみの立ち呑み、お店を仕切るご主人の前には大きな鍋、その中にはざくっと見ただけでも2,30種類はありそうな関東煮が入っています。関東煮の前に、まずは牛すじどて焼きをば。

2017-08-31 19.51.06
関東煮は、大根に鰯つみれ。コロとかを除けばごくノーマルな値段らしく、甘さ控えめの醤油味。

2017-08-31 19.54.10
続いて、里芋と子持ちイカ。こういうネタって珍しいですよねえ。

2017-08-31 20.09.46
お店のひさしにも描かれているように、このお店では鯨料理も扱ってらっしゃいます。メニュー見た時から食べてみたいなあ、けどいい値段するしなあと思っていた、珍しい鯨の白ベーコンをえて吉さんと相談の結果注文。これだけで1400円もする高級品で、通常のは周囲が赤く着色されているけどこれはそのまま。何故赤く着色するのか、この白ベーコンはそれ以外にどんな違いがあるのか、調べてみたけれどハッキリわかりませんでした。お店でちゃんと訊いときゃ良かったなあ。まあ白だろうが赤だろうが、鯨ベーコンそのものが今やめったに見かけなっただけに、貴重な機会でした。

うどん巡り4軒のあとだったので、今回は2軒でお開き。周囲を少しうろついただけでも面白そうな店が何軒もあったので、できればもう少し回りたかったです。布施で夜飲みする機会なんて、次はいつになるやら。