「さけ」タグアーカイブ

友人と「さけやしろ」(神戸・三宮)

2016-11-16 20.42.30
在東京の高校時代の同級生が神戸に帰ってくるという連絡があり、必然的に三宮で飲むことになりました。長年の付き合いなので好みはわかってるから、迷うことなく「さけやしろ」へ。
 

IMG_9792
早い話が日本酒好きなので、それに加えておいしいアテが揃っていれば大丈夫。こういう場合の店選択は楽ですなあ。手始めにお造りを食べたかったのでしまあじ造り(1200円)を頼んだら、えらく綺麗に盛り付けられたのが出てきて、友人ややびっくり。量的にも充分、質も良くてこれは価値がありました。
 

IMG_9797
僕が選んだ一杯目は福井の「梵」のときしらずとやら。あまり銘柄は憶えないんだけど、福井には親しみがあるので梵はちょっと別格なんです。友人は岩国の「五橋」を飲んでました。
 

IMG_9794
友人希望により、おでん盛り合わせ。それなりの有名企業の偉いさんになっても、オーダーは昔と変わらず庶民的です。値段記録してないけど、この盛り合わせは見ての通りけっこうな大盛りでお得でした。
 

IMG_9798
僕の二杯目は、ミーハーだけど福寿の純米吟醸。ノーベル賞晩餐会で出される有名な神戸のお酒なので、当然友人は知ってると思いきや、知らなかったのは意外でした。
 

IMG_9800
揚げ物は、この店の名物&僕も大好きなおかゆコロッケ。友人はお粥にコロッケが入ってるのかと思ったみたいだけど、食べてみて納得。ちょっと甘めなソースも合ってて、けっこう気に入ってくれました。

この後近辺をうろついて、友人は何度も「神戸はええなあ」と繰り返していました。東京には三宮みたいなとこが一杯あるにも関わらず、神戸のこのコンパクトなスペースに質の高い店が色々あるところがいいのだそうで。それってわかるなあ。選択肢が多くてお金さえ払えばなんでもあってというのより、こっちのほうが居心地いいんですよね。
あいつも早よ神戸に帰ってきたらいいのに(^^)
 

ちょい飲み手帖でさけやしろ(神戸・三宮)

2016-11-16 20.42.30
ちょい飲み手帖活動の一軒目がイマイチだったので、何度か来たことがある「さけやしろ」にハシゴすることにしました。(写真は以前の使い回しです)
 

IMG_8948

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

普段でもお値打ちな1200円の立ち飲みセットが、ちょい飲み手帖で1000円とさらにお得に。
 

IMG_8939
あまり飲んだ記憶がなかった白鷹を選んだら、燗でもいけますよとのことでお願いしたら、嬉しいことにちゃんとした錫のちろりで出してくれました。

IMG_8943
アテは鯖の燻製・クリームチーズの酒盗載せ・お造りは鮪とぶり(一切れ食べていまい増した)。これに好物の粕汁がついてくるという豪華なラインナップ。自分で選べるおちょこに注いで、ちびちび飲るのが心地いいです。
 

IMG_8950
当然一杯だけで足りるわけもなく、次は何を飲もうかなあ。立ち飲みスペース限定の500円メニューはお酒もアテもけっこうバラエティに富んでいて、立ち飲みセットじゃなくても充分楽しめます。
 

IMG_8953
選んだのは恥ずかしながら全く知らなかった丹波篠山の「鳳鳴」。なんかしらんがこれかなり好みやなあおいしいなあと思ってたんですが、この直汲み無濾過生原酒 純米吟醸ってけっこういいやつですやん。お店の方も篠山に行ったら必ずここのお酒を買うと言うてはりました。僕もちゃんと憶えとこうっと。
やっぱり日本酒っておいしいですねえ。糖質制限しなくていいならもっと飲みたいなあ…
 

姉兄とハシゴ(前編)〜さけやしろ(神戸・三宮)

2017-10-11 17.30.42
最近おがちゃんが忙しくて付き合ってくれないので(ウソ)、姉兄とハシゴしてきました。この日はあっさり目でとのリクエスト、早めの夕刻だったので店の選択が難しい中、うまい具合にちょい飲み手帖で行った「さけやしろ」のことを思い出しました。

2017-10-11 17.16.58
一人でちょい飲みセットをアテに飲んだだけだったので、何人かで来てちゃんと飲み食いしたいと思っていたこともあり、好都合。日本酒だけでなく、焼酎だってワインだって色々取りそろえられています。

2017-10-11 16.28.22
まず突きだしは、菜っ葉の玉子とじ・煮かぼちゃ・刺身こんにゃく・牛肉たたきだったかと。これだけでもそれなりに飲めます。

2017-10-11 16.36.22
お造りその一は、ぴかぴかのさんま(1000円)。

2017-10-11 16.36.28
お造りその二は、しまあじ(1200円)。料亭のプロデュースとあって、盛りつけに季節感がありますねえ。

2017-10-11 16.43.57
秋なす煮浸し(500円)は薄味のいいお出汁。最初はビールでスタートしましたが、やはりこういうの頼むと必然的に日本酒にスイッチとなります。

2017-10-11 16.50.23
3人とも焼穴子好きなもんで、生から焼いてくれてる焼穴子(1000円)は味がグッと濃くて格別でした。

2017-10-11 17.02.38
揚げ物は、鱧と松茸のかき揚げ(980円)。定番の出合いものは確実なおいしさ。

お粥コロッケ (rice paste croket)
ここまでは直球、ここで変化球。こちらの一番人気メニューだそう、なんと「おかゆコロッケ」(750円)。おかゆって言葉とコロッケという言葉がなんとも繋がらないのですが…

2017-10-11 17.09.29
割ってみて食べてみて納得、そうか、おかゆをベシャメル代わりに使ってるのか。サクッとした衣の中からトロッと出てくるおかゆの組み合わせが面白いだけでなく、ちゃんとおいしいオリジナル料理でした。さすが一番人気なのもわかります。

2017-10-11 17.21.452017-10-11 17.24.32
定番に戻って、蓮根饅頭蟹餡かけ(780円)。蓮根饅頭って好きなんだけど、手間がかかって難しそうだから自分で作ろうなんて思ったことがありません。こういうのがお手軽に食べられて値打ち。

兄からは「今日は上品やなあ」という言葉が何度か聞かれました。確かにいつも行ってる居酒屋チックなお店に比べればジョートー、でもそんなにかしこまるほどではない程良いレベル。こういうポジショニングの和食のお店、三宮界隈ではあんまりないのではないでしょうか。

(オマケ)雑にしか撮れていませんが、参考までにメニューをスライドショーであげておきます。カーソル載せれば矢印が現れ、クリック二回で拡大されます。
2017-10-11 16.21.16