超久しぶりに妻と「いち」(神戸・JR兵庫駅南側)

IMG_0770
少し前に娘達が行った時「今年になってまだお父さん来てないね」とマスターに言われたのでw、妻と「立ち呑み厨房いち」に行って来ました。まあ言われたからではなくてずっと行きたいと思ってたからなんだけど、去年の10月以来なのかー。
 

IMG_0754IMG_0755

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

相変わらずホワイトボード2枚にぎっしりなこの日のメニュー。新しいのも気になるし定番はやっぱり外しがたいし。
 

IMG_0756IMG_0757
開店即飛び込みだったので、まずはワンコインセットを。生ビールと枝豆に、日替わり一品の油淋鶏と冷や奴で500円。ビシッとピリ辛なタレが旨し。
 

IMG_0758
僕が選ぶと僕好みに片寄ってしまうので、メニュー選択はほとんど妻に任せました。春らしく、竹の子と新玉ねぎのサクサク衣揚げ(290円)。ここのふわっとサクッとな衣がおいしいので、何を天ぷらしにしてもおいしい。
 

IMG_0760
こちらは海老のシンガポール風チリペッパー炒め(390円)。相変わらず立ち飲みとは思えないレベルの高さで、この辺りからハイボールにチェンジ。
 

IMG_0764
台湾ミンチ中華オムレツ(390円)は中身トロトロ。ぽってりとボリュームもあって、麻辣にちょっとしびれた舌をやさしく一休みさせてくれます。
 

IMG_0766
再び辛いのに戻って、激辛四川麻婆豆腐(320円)。定番ばかりじゃいかんと思いながら、やはりこれは外せません。しかし、うちの妻も昔は辛いの全然ダメだったのに、自らこれを注文するまでになったんやもんなあ。
 

IMG_0769
〆のデンプン質は、海老ミソ炒飯(380円)。いつもの炒飯をベースに、仕上げに海老ミソをプラス。海老ミソのコクはそれほど濃くなく、適度に控えめ(訂正:ちゃんと主張してました)。ただし海老ミソの香りが豊かにプワ〜ンと漂ってきます。ベースとなるぱらりと仕上がったいつもの炒飯の香ばしさに海老ミソ風味が重なり合って、レンゲで口に運ぶ度に、大げさに言えばちょっとした高貴ささえ感じてしまいました。さすが、スゴ腕!

マスターと話をしてて面白かったんですが、新しいメニューをどうして作るのか訊いたら、ほとんどは意外にもネット検索。店をやってると食べ歩く暇もないので、検索して面白そうと思ったものを元に自分の頭の中でアレンジして作っていってるそうです。もちろん基本があるからできるんだけど、それをここまで自分のものにできるのは、やっぱりすごいなあ。
 

 

(追記)

IMG_0860
その数日後にまた行ってしまいました… 以下簡単に。
 

IMG_0864
メニューには載ってなかったエビ天を。300円前後かなあ。

IMG_0866
汁なし水餃子(290円)は皮むっちりプルンで、麻辣ダレがうまい。

IMG_0869
前回食べたかったけど見送った台湾ミンチと焦がしラー油の油そば黄味載っけ(390円)。とにかくこれは名作としか言いようなし。

IMG_0873
そして〆は海老ミソ炒飯(380円)をリピート。

あー、やっぱりおいしい〜
 

シンガポール旅行の写真をたんたんとアゲるよ(8)〜旅の終わり

sig1570
最終日、ホテルをチェックアウトしてMRTで空港へ。

sig1577
到着した時にも思ったけど、やはりチャンギ空港はでかいわ。

sig1586
がんばれニッポン。

sig1589
ターミナル内にホテルはあるし

sig1591
映画館も。まあここまでは大したことないけど

sig1596sig1601
なんでかしらんが蝶がいっぱいいるバタフライガーデンとか

sig1607sig1610
鯉がウヨウヨしてるKOI PONDとか。出発までの時間をこれらで癒すんでしょうかねえ。
 

sig1583
一方僕は典型的花より団子体質なので、シンガポールで食べ損ねたものを搭乗までにできるだけ稼ぐことに。

sig1618sig1619sig1621
整然と並んでいますが、実質的に空港内ホーカーズ。食べたかったけど食べ逃したのがいくつもあって、どないしたらええやろ状態。

sig1623
シンガポールに来てシンガポールチキンライスを食べていないのは大いに後悔していました。

sig1624
特段旨くもないが、ハズレでもなし。でも欲求不満は残るのはしゃあない。

sig1634
一転こちらはロティプラタ。インド系の料理ももっと食べたかったなあ。
 

sig1653
そして機上の人となり、シンガポール航空帰りの機内食その1、メインは牛肉と大根のワイン煮。

sig1654
こちらのメインはローストチキンはちみつペッパーコーン風味で、どちらも可もなく不可もなく。
 

sig1663
上の写真はおみやげにカトンで買って帰ったミニレンゲ。これにてやっとこさおととし行ったシンガポール旅行記完了。次は去年行った香港マカオ旅行記を書かねば〜
 

シンガポール旅行の写真をたんたんとアゲるよ(7)〜足を伸ばしてカトンへ

一昨年のシンガポール旅行記の続きはまだ終わっておりません(^_^;

 
sig1251
朝ご飯にミシュラン一つ星の麺を食べてから、MRTに乗って東へ移動。そこからタクシーに乗ってカトンという街に向かいました。
 

sig1258
多民族国家シンガポールにあって、この地区はプラナカン(15世紀後半にマレー半島に移住した中国人と、マレー系の女性との間に生まれた子供の子孫たち)文化の色濃いところなのだとか。
 ◎参考リンク:華麗なるプラナカン文化に触れてみよう/シンガポールナビ
 

sig1303sig1264
街並みがカラフル・雑貨がカワイイ・スイーツも独特で、昨今女子に人気だそうです。もちろんここに行こうと言い出したのは妻のほうで、僕はホイホイついていっただけですが。
 

sig1291sig1304
昨今女子に人気とはいえ、MRTだけではこれずタクシーに乗り継ぐか、あるいは市内からバスでと少し行きにくいせいか、観光客だらけという感じではありませんでした。
 ◎参考リンク:路線バスでカトンへGO!!/ぶらり空散歩
 

sig1309sig1314
街並みはきれいだしなんだかリゾート感あるし、のんびりしてて住みやすそうな街だなあと思いました。
 

sig1290
いくら妻についてきただけとは行っても、僕がこの地の食べ物に興味がないはずはなく、今回の旅のバイブル・シンガポール 絶品!ローカルごはん(←この本、超オススメです!)の情報を元にやってきましたカトンショッピングセンター。

sig1279
ビルの1階ほとんどがメイドさんを紹介する店ばかりという特殊な環境の中、やっと見つけた目的の店がここ。ショーケースはないし店内除いてみても何人かのおばちゃんがダベってるだけで、どうみてもここでお菓子を売ってるなんて思えません。

sig1276
恐る恐る店内に入って片言でお菓子を買いに来た旨伝えたら、棚からいくつか出してきてくれました。こう見えてここ「ワイスリン・プラナカン・デリカシーズ」は伝統的なお菓子をホテルに卸すのがメインで、少量だけ店頭で販売しているレアな店なんです。(口を尖らせてるおばちゃんは不機嫌なわけではありませんw)

sig1283sig1285
1年半前のことなのでさすがにどんなだったかほとんど憶えてないけど、いずれも甘過ぎず尖ったところがなく、そんなはずはないのに懐かしいような気がするおいしさでした。なんだったか忘れたけど、右下のが特においしかったなあ。
 

sig1301
街をぶらぶらしていると、この手のスイーツの店をチラホラ見かけました。ここでは中華風の粽も。

sig1307
中華風でもなく西欧風でもなく、オリジナルで実質本位な感じ。日保ちがしないものが多く、おみやげにできないのが残念でした。和菓子に通じるものを感じたのはなんでなんやろ。
 ◎参考リンク:カラフルなマレーシア伝統菓子・ニョニャクエをご紹介!おすすめはコレ!/Guanxi Times
 

sig1335
色々見ながらうろついて、暑い中かなり歩いて次の目的地へ。ここもシンガポール 絶品!ローカルごはんおすすめ・ゲイラン・ロロン29・フライドホッケンミー

sig1329
ホッケンミー=福建麺=黄色っぽい太めの玉子麺に、海老や豚肉などから取ったスープを絡めながら炒めた焼そばで、シンガポールに来たら是非もののうちの一つ。そしてメニューにあるキャロットケーキは、何故か人参は入っておらず(広東語でキャロットは大根)、刻んだ大根餅を玉子に混ぜ込んで焼いたもの。こちらでは昔ながらに炭火で炒めているそうです。

sig1332
小さなホーカーの中にあり、周囲はのんびりムード。日本のガイドブックにも取りあげられているようだけど、観光客っぽい姿はあまり見かけずローカルな雰囲気一杯でした。
 

sig1341
まずはキャロットケーキ。主食でもなく、感覚的にはお好み焼とかたこ焼みたいな位置づけですかね。

sig1345
大根餅が入っているからか適度に水分が蓄えられていて、しっとりした平べったいオムレツって感じ。おやつとしてもいいし、附属の辛いソースをつけてビールにもぴったり。

sig1347
そしてフライドホッケンミーは、思ってた以上に麺がスープを蓄えていて、かなり柔らかい。日本で食べるソース焼きそばや中華の焼きそばとは全然違います。極端に言えば、吸わせたスープがメインで、麺はそのための手段としてある感じ。ヘタしたらぐずぐずになってしまうから、スープを加える量・火加減・炒め方など、すごい技術が要るんだと思います。いや〜、面白いなあ。
 

sig1356
キャロットケーキとフライドホッケンミー食べながらビール飲んでダラダラしているうちに、辺りが暗くなってきてものすごいスコールがやってきました。こうなったら待つしかしょうがない。お客さんもお店の人も時折外を見ながら、ダラダラ。こういうのもまた東南アジア的でいいもんです。

以降、いつになるかわかりませんが、「シンガポール旅行の写真をたんたんとアゲるよ(8)」に続きます。
 

鉄板きっちん さと吉(神戸・JR兵庫駅山側)

IMG_0779
自宅近くにあったお好み焼の「鉄平」が閉店してしまい寂しく思っていたら、その後に「鉄板きっちん さと吉」(店名看板は「吉」の口の上が「土」)というお好み焼屋さんが昨年7月に入りました(写真の右上・商店街の広告灯に「鉄平」の文字がまだ残っています)。どなたかが先に行ってネタに上げてくれないかなあと思ってるのに、いまだに食べログにも出てないし検索にも引っかかってこないので、自分で行ってみることに。
 

IMG_0775

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

11時半から14時まではランチメニューのみ。お好み焼or焼そばor豚ニラもやし炒めに、ご飯(お替わり自由)・お味噌汁・小鉢・漬物がセットされて650円の下町価格です。
 

IMG_0780
店内は鉄板周りに10席、奥に小上がりあり。お好み焼は豚玉650円〜各種あり、写真の鉄板焼きメニューも色々あります。
 

IMG_0783
ご飯と一緒に食べるのは苦手なので、スジのお好み焼のみを注文。焼き上がったらソースをたっぷりめに塗ってくれたけど、これは自分で塗る方式に変えて欲しいなあ。

IMG_0785
ソースが多過ぎたので、テコでぬぐって青のりかけてどろソースをチョロチョロかけました。生地はサックリ系で軽くボリュームは標準的なので、これだったらランチのセットでちょうどいい腹加減になれるでしょうね。もう一枚食べたかったけど、なんとか我慢しました。
 

IMG_0309
お昼休憩がなく通し営業なのが何かとありがたいです。次回はランチタイムを外してモダン焼食べに来ようっと。

{お店データ}
住所:神戸市兵庫区羽坂通3-6-6
営業時間:11時半~23時?
定休日:月曜
 

大繁盛の金時食堂(神戸・元町)

IMG_0698
この日は湊川の「パルシネマしんこうえん」で映画を見た後、妻リクエストにより元町の金時食堂まで歩いてきました。
 

IMG_0678
平日の15時台にもかかわらず店内はほぼ満席、まずはガラスケースに入ってたポテサラとビール。

IMG_0680
妻が選んできたカレイの煮付け。一人飲み・観光客・夫婦者・団体など、客層・性別様々。オッサンの一人昼酒は珍しくもなんともないけど、ここでは女性の一人昼酒もしょっちゅう見かけます。フロア係は全員女性だし、雰囲気的に安全安心だからでしょうね。

IMG_0684
鯛の子入り炊き合わせ。こういうのになると日本酒にチェンジせざるをえません。同窓会なのか職場繋がりなのか、年配の男性客10数名が楽しげにワイワイ飲んではりました。けっこう飲んでたようで、一人あたり3500円ずつの割り勘。ここでその金額飲み食いしたってことは、相当やったと思われます。

IMG_0686
一本からOKの鶏つくね。別途タレもついてきたけど、このままであっさりサックリいただきました。そうこうするうちに、今度はやや若めの団体客10数名が入店。二階も満席やって言うてはったし、なんでこんなに昼間っから飲む人が多いんやろ。(←人のこと言えるか)

IMG_0687
木の芽和えできましたよ〜と店内に呼びかけが響いたので、速攻で取りに行きました。このあと若竹煮コールも響き渡り、春が来たことを実感させられます。

IMG_0690
もうそんなに食べられないけどアテがちょっと欲しくて、おから。こっくりいい出汁で炊いてあって日本酒にぴったり。

ビール2本日本酒1本で、お勘定は3440円。結局この日食べたものは、すべて店内にメニューが貼り出されていないものばかり。食事というよりよりアテ感が強くなりますね。途中で竹の子が出てくるし、炊き合わせの内容も前回とはちょっと違ってたし、季節感があってこれもまたいいもんです。今まであまり気がつかなかったんだけど、肉豆腐頼んでる人が多かったので、次回はそれをイってみなければ。