なんちゅう角打ち!「北浦酒店」(大阪・天六)

カキフライがどうの仙鳳趾がどうのとツイートしていたら、こばやしさんからこんなリプライがありました。カキフライはもちろんのこと、リンク先の画像も超魅力的。

 
2017-11-14 14.15.12
こういうことには反応が早い。その1週間後に早速えて吉さんと天六駅からほど近い「北浦酒店」に馳せ参じました。地下鉄の地上出口から数分とはいえ、大通りから路地に入ったところにあるしこんな外見なので、知ってる人でないとここで飲めるなんて全くわからないでしょう。
 

2017-11-14 14.19.17

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

店内に入ると、女将さんがいらっしゃってカウンター席テーブル席とも椅子あり。表示されたメニュー以外にも、冷蔵庫には各種アテがあったり乾き物があったり訊かないとわからないメニューがあったりと、常連さんでないとようわからん仕様。いいなあ、ここの常連になりたいなあ。

 
2017-11-14 14.18.02
手始めに、冷蔵庫からポテサラを持ってきて、女将さんにおでんの大根と厚揚げをお願いしました。

2017-11-14 14.41.00
で、一見なんちゅうことないんだけど、なんだかこのおでんが無性においしい(ポテサラも)ので豆腐とすじを追加。

 
2017-11-14 14.32.52
ビールから日本酒にスイッチしたら珍しくスルメが食べたくなったので、メニューには書いてなかったけど女将さんが「これはちょっとええやつなんやで」と炙って出してくれたのが、これまたやたらおいしい。どうやらスルメイカではなく剣先イカのスルメだったようで、恥ずかしながらこんなにおいしいと思ったスルメは初めてでした。

 
2017-11-14 14.24.282017-11-14 14.53.49
白菜のぬか漬けを頼んだら、なんだか懐かしい味。気に入って胡瓜の古漬けを追加したら、これまたいい。ここまでどれもまったく珍しくないフツーのアテが、全て何故だかおいしいって、なんかすごいじゃないですか。

店に入った時は女将さんだけでしたが、程なくして料理担当の息子さんが仕入から帰ってこられたので、いよいよ目的のものを注文。予め写真では見ていたけれど…
 
 
 
beef cutlet
現物が目の前に出てきてびっくり、なんちゅう肉質とボリューム!(是非写真をクリックしてみて下さい) こんなもんが角打ちで出てくるとはどないなっとうねん。ここまで厚くてレアなビフカツは洋食屋でもなかなかお目にかかれません。見かけ倒しでなくちょっとサクッと感があって噛み心地がある肉質で、ジューシーかつ肉々しい。ソースはいろんな調味料のミックスだと思われますが、これで充分。たぶんこれで1400円なんですから驚異的です。
 

2017-11-14 15.26.13
そして、問題の超贅沢な仙鳳趾のカキフライ。メニューには書いていませんでしたが、訊いてみたら作ってくれました。写真ではボリュームがわからないんだけど、全部で3個のうち1個が半分にカットされています。1個が10cm弱ありましたかねえ。
大きさもすごいんだけど、もっとすごいのはその中身。生でも半端なくクリーミーなカキなのに、熱で活性化しているのでさらにトロトロかつ旨味アップ。こばやしさんいわく「フグの白子フライにイメージ近いかも」とのことでしたが、それも然り。僕的には「カキのスフレ」って感じでしょうか。なんかすごいもん食べたって感じです…(これで800円?聞き間違い?)

個々の値段は不明ながら、二人でほぼ満腹になるまで食べて飲んで合計6800円。角打ちにしては高いように思えても、内容的にはどれもハズレなしの「なんかおかしいんとちゃうか」と思うほどのレベルなので、満足度はめちゃ高いです。世の中にはこんな店があるんですなあ、とこばやしさんに大感謝。今度は4人くらいでもっと色々食べてみたいものです。

{お店データ}
住所:大阪市北区本庄東1-12-18
電話:06-6371-1876
営業時間:[月〜土]9時〜22時[日祝]10時〜18時