鶏の鍋が食べたくて「ひとりひとり」(神戸・三宮)

かつて福岡に何度も出張していた時期に「長野」という店で博多風・鶏の水炊きに出会い、以来大ファンになってしまいました。3年前の福岡旅行では「水月」ってお店で食べたんだけど、やはり大阪など他の地域で食べる鶏の水炊きと本場では全然違うのを再確認。といってもそれだけのために博多まで行くわけにはいかないし、なんとか近場でないものかと、毎年涼しくなってくるとそわそわしてくるんです。

2017-03-09 18.27.32
既に何軒か目星をつけている候補店のうち、ちょい飲み手帖メニューランチもすごく充実してた「ひとりひとり」に妻と行ってみることにしました。コースは多分多いだろうと思い席だけ電話予約したら、本店が入ってるビルの2軒南隣の「離れ」が取れました。

2017-09-15 19.15.09
店内は4人掛けテーブル1卓にカウンター8席とこぢんまりで、元はスナックかなんかだったんでしょうか。まずはお代わり自由の、もやしの浅漬け大葉とごま(450円)で野菜類を確保して出だしの一杯。

2017-09-15 19.15.17
続いて僕は以前食べたことがある、もも肉のたたき・淡路島産玉ねぎとポン酢(900円)。器がドーンと押しが効いてるし料理もおいしいと、妻にも好評でした。

2017-09-15 19.54.27
最初はビール、続いて僕は焼酎・妻は日本酒を頼んだら、なかなか粋な酒器で出てきました。


2017-09-15 19.08.23

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)
鍋の単品メニューはこんなの。水炊きとは書いておらず鶏ガラスープだそうで、さてどんなもんか。

2017-09-15 19.49.20
こちらが二人前(ももとつくね)に、オプションでつくね追加。ももは骨付きではなく、つくねは竹べらで鍋に落としていきます。

2017-09-15 19.53.22
鍋が来た段階で既に野菜は入っており、ここにももとつくねを追加していくスタイル。期待のスープはやや黄味ががった白濁系。博多風の水炊きは、昆布だしベースの透明スープでポン酢をつけていただくのが基本なので、それとは違います。
まずスープを飲んでみたら、やや強めのとろみあり・塩系の味付け・濃厚な旨味のポタージュ系でした。もも肉は火を通しすぎないように早めに引き上げ、つくねはそれよりもややじっくり。どちらも鶏ガラポタージュがまったり絡みついてきて、鶏の味をブーストしてくれます。そして、肉類よりもむしろ気に入ったのが野菜。パワフルなスープと、熱が加わって甘味が出た野菜との組み合わせがとてもいい。次回これを食べるなら、オプションは追加野菜にしたいです。

2017-09-15 19.55.18
鍋を食べ始めた頃に鶏天(600円)もやって来たけれど、鍋の〆に雑炊食べたら全部食べきれずに超満腹。やっぱりコースにしなくて正解でした。

博多風の水炊きではなかったけれど、これはこれですごくおいしい鶏鍋で、やはり「ひとりひとり」は夜もいいなあと大満足。値段も安いしボリュームあるし、予約取るのが難しくってもこりゃ当然ですわなあ。




今年も人間ドック明けに「豆乃畑」(新神戸オリエンタルアベニュー)

2017-09-21 11.45.44
去年はエントリしませんでしたが、人間ドックに付いてたクーポンで3年連続、新神戸オリエンタルアベニュー内の「豆乃畑新神戸店」に行ってきました。


2017-09-21 11.49.06
詳細はおととしのエントリをご参照いただくとして、こちらは豆を原料とした料理を初めとするヘルシー指向のバイキングレストラン。新神戸以外にも各地に支店があり、曜日・時間帯・年齢によって値段が変わってきます。

2017-09-21 12.08.56
豆腐料理だけでも各種ある上に、ひじきとか切り干し大根とか、お惣菜っぽいものが多いんです。

2017-09-21 12.04.55
主菜は野菜天ぷら・麻婆豆腐・唐揚げ・回鍋肉などのほか、季節メニューもあり。

2017-09-21 12.07.50
デンプン系は、うどん・ちらし寿司の他、焼きそばやカレーなど

2017-09-21 12.04.44
果物・生野菜・デザートも種類豊富で、至れり尽くせり。唯一、意識的にでしょうが肉類の影が薄いです。


2017-09-21 11.57.15
この日の第一ラウンドは、てんこ盛りの野菜サラダに、豆腐・わかめ・ネギたっぷりの味噌汁、各種豆腐とお惣菜色々。

2017-09-21 12.10.50
第二ラウンドは、鶏唐揚げ・野菜天ぷら・こんにゃくステーキ・秋刀魚の南蛮漬けに、ちらし寿司。心なしか味が濃いめに感じましたが、総じておいしくいただきました。仕上げにソフトクリームとコーヒーをいただいて完了、お腹パンパン。

ランチの大人料金は1505円(税別・ドリンクバー含む)なのでファミレスランチよりは高めですが、がっつりイったら充分元が取れると思います。でもそれだったらヘルシー志向の意味がないかなあ。


「ピンチョス元町エビス」で嬉しい遭遇(神戸・元町)

2017-09-12 16.17.12
元町近辺でちょっとした用事を片付けたあとの平日15時前、お昼ご飯もまだだったので軽く飲むことに。この時間だと選択肢が限られる中、通し営業のピンチョス元町エビスに行ってみることにしました。

2017-09-12 16.16.43

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)
メニュー豊富で単価安め。同じサッポロビール系のニューミュンヘングループよりもっと気軽に食べて飲めるって感じです。

2017-09-12 16.13.45
以前別のエビスの店に行ったことがあるけど、多分ここは初めて。階段上がって2階へ。

2017-09-12 16.00.34
一人だったのでカウンター席を案内されました。グラスもボトルも外も見えていい感じ。

2017-09-12 15.44.10
こちらが店名にもなってるピンチョスメニュー。ピンチョスってスペイン生まれのちょいとしたアテって解釈でいいと思ってるんですが、レギュラーメニュー以外に日替わりも色々あるそうです。

2017-09-12 14.43.07
まずはビール(中ジョッキ)・小鉢・串かつ2本で500円の、お得なハッピーアワーセットを迷うことなく注文。18時までの限定商品で、ビールは3種から選べます。

2017-09-12 14.45.21
串カツは玉ねぎとじゃがいも。サクッと飲みならこれだけでもいいかも知れませんが、もうちょっと飲みたい。ビールはお代わりするとしてアテは何にしようかなあと考えていたら、そういや前から気になってたセットメニューでいいんじゃないかと思い立ちました。

2017-09-12 15.06.31
そのセットとは、単品なら700円のビフカツとビール(中ジョッキ)がセットで1000円、時間指定なし。ランチメニューにもビフカツ定食があるので、以前からいつかはと思ってたんです。


2017-09-12 14.58.42
出てきたビフカツを見ておおっと声が出ました。ばかでかくはないけれどそこそこのサイズ、ソースのかけ方もいい感じ。付け合わせ野菜とのコンビネーションが美しい。

2017-09-12 14.59.18
食べてみてうーんと唸りました。値段が値段なので恐らく冷食だろうし、レポーターが「柔らか〜い」なんて言う肉質ではありません。でも、肉の部位のことはよくわかりませんが、ハラミっぽいサクッと感があって噛むとうまいんです。ソースはややあっさり目なので、途中で卓上のウスターソースを少し加えたらよりいい感じになりました。肉はやわらかければいいってもんやない。ヘタな洋食屋で食べるより、この値段でこの内容なら僕はこっちを選びます。

ビフカツが好きなのでいろんなお店で食べてきましたが、ここでこんなのに出会うとは思ってもみませんでした。元町エビス新開地店でも同様に食べられるこのビフカツ、好みに合えばメチャハマるはず。(当然ですがビールも旨いです)

{お店データ)
住所:神戸市中央区元町通1-11-13
電話:078-331-3133
営業時間:15時~24時
定休日:無休


うどん巡りのあとに布施で夜飲み(東大阪市)

えて吉さんとのうどん巡りが四軒で満足出来たもんで、かなり早めに戻れることになりました。いつもなら自宅近くまで送ってもらうんですが、なんとなく飲みたい気分だったので、ストレートにえて吉さんとこまで帰って車を置いてから飲みに行こうかと提案。

2017-08-31 19.39.38
検討の結果、近鉄沿線なら阪神なんば線に接続しているので神戸まで帰るのが楽、なおかつえて吉さん宅から行きやすいということで、場所は布施駅付近に決定。僕は昼間に何度か来たことがあったけれど夜は初めてだし、いろんな店があるのは知ってので前から興味があったんです。

2017-08-31 18.40.01
一軒目はえて吉さんに案内されて「山海屋」。昼酒もオッケーで安くて気楽、入ってみたらいかにも大阪的・ベタな居酒屋でした。いいなあ、こういうの。

2017-08-31 18.43.39
まずはロングドライブを終えてビール(大瓶390円)でプハー、アテはポテサラ(250円)とふき煮(190円)。やっすいなあ。

2017-08-31 18.44.59
夏場居酒屋でメニューにあったら食べたくなる鱧湯引き(490円)は梅肉で。

2017-08-31 18.59.14
串かつ盛り合わせは5本で500円だったかと。

2017-08-31 19.07.03
鮪ユッケ(390円)は量もたっぷりで値打ちものでしたねえ。

特に何も考えずただ食べたいものを頼んだだけ、どれも安くてハズレなしのアテでした。ざっくばらんだけどめっちゃ堅実で、日常使いにぴったりな居酒屋って感じでした。


2017-08-31 19.44.06
布施で飲むなんてめったにない機会だからもう一軒。僕のiPhoneの食べログアプリには行きたい店が色々マークしてあって、布施駅付近にもいくつか候補が入ってました。多分ネタ元はほとんどこばやしさんじゃないかと思うんだけど。


2017-08-31 19.47.11
そんな中からなんとなく選んだのが、関東煮の「みやもと」。もはや死語となりつつある「関東煮(かんとだき)」という言葉に惹かれたこともあるかもしれません。店に入ってみたらどことなく老舗っぽい雰囲気なのに、店はまだ新しいっぽいなあと思ったら、何年か前に移転されていたのでした。

2017-08-31 19.49.26
カウンターのみの立ち呑み、お店を仕切るご主人の前には大きな鍋、その中にはざくっと見ただけでも2,30種類はありそうな関東煮が入っています。関東煮の前に、まずは牛すじどて焼きをば。

2017-08-31 19.51.06
関東煮は、大根に鰯つみれ。コロとかを除けばごくノーマルな値段らしく、甘さ控えめの醤油味。

2017-08-31 19.54.10
続いて、里芋と子持ちイカ。こういうネタって珍しいですよねえ。

2017-08-31 20.09.46
お店のひさしにも描かれているように、このお店では鯨料理も扱ってらっしゃいます。メニュー見た時から食べてみたいなあ、けどいい値段するしなあと思っていた、珍しい鯨の白ベーコンをえて吉さんと相談の結果注文。これだけで1400円もする高級品で、通常のは周囲が赤く着色されているけどこれはそのまま。何故赤く着色するのか、この白ベーコンはそれ以外にどんな違いがあるのか、調べてみたけれどハッキリわかりませんでした。お店でちゃんと訊いときゃ良かったなあ。まあ白だろうが赤だろうが、鯨ベーコンそのものが今やめったに見かけなっただけに、貴重な機会でした。

うどん巡り4軒のあとだったので、今回は2軒でお開き。周囲を少しうろついただけでも面白そうな店が何軒もあったので、できればもう少し回りたかったです。布施で夜飲みする機会なんて、次はいつになるやら。


バンコク旅行記(3)〜フードコートでお手軽に

もうほぼ一年前になってしまいましたが、バンコク旅行記の続きをば。

2016.09.11-13.1.3
今回の旅行では、現地でのオプショナルツアーを個別にネットで申し込んでおきました。2日目に参加予定のツアーの集合場所がインターコンチネンタルホテルの近くながら少々わかりにくかったので、早めに行って現地確認。お昼過ぎに出発して夜までのツアーだったので、出発前に昼ご飯を近くで済ませることに。

2016.09.11-13.1.8
たまたま近くにフードコートがあることがわかり、ちょうどいいやとここに決定。アジア旅ではこの手のフードコートに一度は行ってみたいと思っているので、ある意味これでノルマ達成です。
 参考:BANGKOK NAVI:ザ・クック フードコート
    続・Weekender@Bangkok リニューアルでますます便利に!バンコクのおすすめフードコート「The Cook」

2016.09.11-13.16
スペース広々、料理は色々。ローカルフードっぽいのが並んでいて、おーこんなのもあるのかと見てるだけで参考になるし興味が沸いてきます。屋台やマーケットで食べたい派にはハードル低くてちょっと面白みに欠けますが、手軽に安全に清潔に選択肢豊富な中から食事をしたいなら、フードコートは心強い味方ですよね。

2016.09.11-13.1.9

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)
何を売っているかは見ればだいたいわかるし、店名サインに簡単な英語説明がされています。ここはPapaya Salad=ソムタムのお店、食べてみたかったものの一つなので即決定。

2016.09.11-13.21
妻がオーダーしたのでどう言ったのかは分かりませんが、オーダーするとパパイヤやらなんやらをボウルに入れて、棒でポクポクと叩いてくれます。

2016.09.11-13.23
カウンターに盛られている野菜は盛り放題。タイではパックソットという生野菜の盛り合わせがよく添えられるそうです。

2016.09.11-11.2
ソムタムはこんなの。キャベツともう一方の葉っぱが何かわからなかったのですが、パッ・ブン(phak bung)というタイのハーブだそうで。右に見えるカードは、このフードコート専用のプリペイドカード。注文前にカウンターでお金を払ってチャージしてもらい、ここの支払は全部これで、帰り際に精算して使わなかった分を返してくれます。

2016.09.11-11.3
食べ方がわからなかったので全部混ぜてしまいましたが、パッ・ブンとキャベツは口直しとして食べるのが正解のようです。ソムタムは、甘くて酸っぱくて辛くてシャキシャキおいしい!辛いのを覚悟してたらそれほどでもなかったのは、観光客だから手加減してくれたんでしょう、でももう少し辛いの食べたかったな。

2016.09.11-13.18
もう一つ選んだのは、ローストポーク&ダックのお店。肉類とご飯や麺を組み合わせていただきます。

2016.09.11-14.2
時間が経ってるので記憶が定かではありませんが、いわゆる焼豚麺ではなかったかと。スープあっさり、麺がビーフンっぽい。焼豚とか焼鴨でビール飲みたかったけど、このあとツアーだし昼間っから飲んでる人もいなかった(そもそもここで飲めるのか)ので断念。

時間がなかったのでこれだけで切り上げましたが、もう少しじっくり見て回ってあと数品食べたかったな。