「宿」カテゴリーアーカイブ

奥出雲湯村温泉 湯乃上館で極上一泊二日(後編)

DSC03505
お楽しみの夕食は、部屋での食事か、宿の玄関を出てすぐ左手にある茅葺き別棟内の囲炉裏端かを選ぶことが出来ます。囲炉裏は一つしかなく宿泊客は一日二組だけなので、先客が選んだら二組目は自動的に残りのほうに決まりとなるんですが、せっかくなので若干料金が高くなる(500円!)のを承知で、囲炉裏端を予約しておきました。
 

DSC03510
通されて、思わずおおっと声が出ました。おっさん2人にはもったいなさ過ぎる風情あるスペース。囲炉裏の端っこと窓側にえて吉さんと僕の席が用意されているだけで、余裕たっぷり。確か最大で8人利用できると伺った記憶があります。
 

DSC03512
まずは、もずくの酢の物・刺身こんにゃく・鰺のたたきでビールからスタート。

DSC03513
鰺のたたきの盛りつけを見ただけで、こりゃ間違いないと確信しました。
 

DSC03520
予め軽く火を通した焼き魚が、炭火にセットされました。ひょっとしてと思いながら確認したら、のどぐろ。写真ではわかりませんが、サイズも身の厚さもすごくて、こんなの見たことありません。

2018-05-23 18.29.09
早々と日本酒を注文。焼きたての塩焼きを何もつけずにそのままいただく贅沢。これだけでも充分にメインを務めることが出来るんじゃないかと思えるほどの存在感でした。
 

DSC03535
ちょいとリズムを変えて茶碗蒸しが出てきた後は…
 

DSC03529
こちらの定番・鶏と揚げの網焼き。

DSC03541

DSC03543
炭火で焼いただけの揚げに、ちょろっと醤油をかけただけなのに、すごくうまいんです。揚げのタチの良さもあるんでしょうが、醤油もうまみとコクがあってアテになるくらい。ご主人に訊いてみたら、島根県奥出雲町の井上醤油店のものなのだとか。気に入ったので帰りに探しまくってやっと見つけて買って帰ったら、我が家の近所のスーパーのこだわりコーナーに置いてあったので、腰が砕けてしまいましたw
 

DSC03546
鶏(手羽)はこんな感じ、塩の下味だけでそのまま。皮の焼け加減見ただけで、ものすごくおいしそうですよね。
 

DSC03549
シンプルで力強い素材の旨味に充分満足していたら、三瓶牛のローストビーフが登場。丸めてお皿の上に載っているのでそう大した量には見えませんが、広げてみたらそこそこのボリューム。これも醤油をちょこっとつけるだけで充分、というか余分なことは必要なし。
 

DSC03553
〆は大粒シジミのお澄ましに、お漬け物とご飯。お腹一杯でもこういうのは簡単に胃に収まります。

DSC03555

DSC03570
最後はフルーツとお茶(柿の葉茶?)で。

こちらの宿は、山の中・川のそばなのでその手のものはもちろん、境港などの漁港からも近いので、四季折々いろんな素材が手に入るんですね。その上、十四代目のご主人は京都の料亭での修行経験もあるので、もうこりゃあ鉄板。雰囲気も抜群で大満足の炉端料理でしたが、部屋食も食べてみたい、でも季節が違えば素材もまた変わってくるしと、何度でも来たくなって困ったことですw
 

2018-05-24 07.01.58
食事の後、部屋に戻って一休みして温泉に入ってまた飲んで就寝。翌朝起きたらピーカンのいい天気。さっそく朝風呂に入って、朝食に備えます。
 

2018-05-24 08.00.53
お味噌汁の具は、玉ねぎとじゃがいも。写真一番上の鰯の醤油煮は、きりっと辛目の味付けで少量でもご飯がバクバクいけます。こういうの食べるとまた飲みたくなってしましました。

 

で、この一泊二食の料金(囲炉裏端での夕食プラン・飲み物代別途)なんですが、一人当たり12,500円にサービス料10%、入湯税150円で、合計13,900円。温泉は源泉掛け流しでいつでも入れる・宿は風情あり・料理も充実で、すごいコストパフォーマンス。季節ごとにリピートされる方もいらっしゃるとのことで、そりゃ近くにこんなとこあったら年に何回でも来たくなることでしょう。我ながらこれはめっけもんの宿でした。
 

DSC03609
僕らみたいな雪に慣れてないものが冬に車で来るのはちょっと難しいでしょうが、その時期の料理にも大いにそそられるものがあるし、寒い時期の温泉もまた格別でしょう。宍道湖側の木次駅からバスで来ることも出来るので、いつかそのルートでも来てみたいものです。どうもお世話になりました。
 

DSC03610
 


奥出雲湯村温泉 湯乃上館で極上一泊二日(前編)

2018-05-23 16.15.29
温泉があって・料理がおいしくて・なんにもなくてもいいからゆったり出来る宿に泊まりたいなといつも思っています。本来ならこういう旅は妻とするべきなんでしょうが、何分休みがなかなか合いにくいもんで、同じ事を思っていたえて吉さんとおっさん2人旅をすることになりました。
とはいっても、手頃な値段でそういう希望を満たしてくれる宿なんてなかなかありません。事前に相談しながらネットでなんだかんだ検索していたら、見つかったのが「奥出雲湯村温泉 湯乃上(ゆのうえ)館」。
 

位置としては、山陽自動車道経由で尾道・松江自動車道を北上、島根県の南北方向の真ん中当たりというか、宍道湖から少し山側に入ったところ。

2018-05-23 16.16.11
温泉としては1300年以上の歴史があるものの、昔ながらの温泉宿としては今やこの一軒のみ。しかも一日二組限定なんです。

DSC03476
宿に着いたのは16時過ぎ、部屋は二階。目の前の川のせせらぎと風の音、時折聞こえる鳥のさえずり以外はなーんもなしの静けさ。

DSC03467
道を隔てた向かい側が、奥出雲湯村温泉の共同浴場。利用できる時間は10時〜21時までなんですが、湯乃上館が経営しているので宿泊者は清掃時間以外はいつでも入ることが出来ます。

DSC03481
湯乃上館は江戸時代の創業、現在の建物のうち一番古い部分は140年以上経つそうで、館内はいい意味での年季を感じさせてくれます。

DSC03483

DSC03561
こういうタイル敷きの洗い場なんて、今やほとんど見掛けなくなりましたねえ。

DSC03484

DSC03486
夕食までにはまだ時間があるので、階段で1階に降りて早速ひとっ風呂浴びることにしました。

DSC03492

DSC03496

DSC03493

DSC03491
玄関から目の前の共同浴場が見えています。

2018-05-23 16.15.41

2018-05-23 16.47.35
入口外側には足湯があり、すぐそばの斐伊川を眺めながらゆっくりできます。

2018-05-23 16.30.00
加熱・冷却・循環等なしの源泉100% 掛け流し。内湯と露天風呂両方あり、こちらは露天側。お湯の温度が適度なので露天側だといくらでも入っていられそうな加減でした。滞在中三度入ったかなあ。チェックアウト後でも時間があればのんびり浸かっていたかったです。

温泉に入ってさっぱりして、いよいよお楽しみの夕食。続いてのエントリでご紹介します。
 


1泊2日北陸の旅(2)〜宿はホテル八鵬(石川県・白峰温泉)

DSCF6878
今回の宿は、日本百名山の一つ・白山のふもとにある白峰温泉ホテル八鵬。旅行に行くことが決まって、いい温泉があって自然に囲まれていて料理が良さげなところないかなあと色々検索してて、たまたま出くわしました。

DSCF6880
創業以来40年ほど経つこのホテル、5年前に経営権が譲渡され、現在はバリューマネジメントという会社が運営しています。
参考リンク:歴史的建物を再活用!日本の文化を継承する再生ビジネス・バリューマネジメント/読んで分かる「カンブリア宮殿」

2017-07-01 16.24.10
ぶっちゃけ設備は古く、例えばこの内線電話も使用不能のため専用の携帯電話を渡されました。その替わりというか、スタッフは若くて感じが良くて一所懸命、ハードのマイナス面をソフトで補おうという戦略のようです。

晩ご飯

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

周囲にコンビニもないので当然宿ご飯。訳のわからん鮪やイカの刺身などは出てこず地元食材がメイン、それがこの宿を選んだ理由の一つなんですが。写真はニジマスの洗い・地元3店の堅豆腐の刺身・山うどの旨煮・わらびの酢の物。

DSCF6884
炭火が仕込まれた炉端がテーブル代わり。予約時間にちょうどいい塩梅になるよう、ヤマメとニジマス(どちらもデカい)の塩焼きが予め仕込んでありました。

DSCF6894
以降の炭火焼きは自分達のペースに合わせてセルフで。堅豆腐・トウモロコシ・金時草&粟の生麩・里芋・薄揚げ・甘長唐辛子・飛騨牛など色々。

DSCF6896
こちらは今回楽天のプランに付いていた追加のA5ランク飛騨牛。

DSCF6902
これらをこんな具合に網の上に載せたり、周囲の灰に串を突き刺したりして焼いていくわけですが、炭火が元気なのでむっちゃ熱い&暑いでアルコールはビールばっかり飲んでました。山の中なので市街地より涼しいとは言え、真夏だったらちょっとしんどいかも。
とはいえ、最初の魚2匹だけでもけっこう食べごたえがあり、全体的にボリュームは充分過ぎるほど。量だけでなく地元産品中心の食材をシンプルに焼く、時には写真左のチーズでフォンデュ風にとおいしく楽しくいただきました。

DSCF6905
そして〆は、ナメコ入り茶碗蒸しとお澄まし・ご飯。

DSCF6908
デザートはシャーベットとフルーツの盛り合わせ、とにかく暑くてw満腹で大満足。

DSCF6914
話変わって、温泉はホテルの最上階にあり、清掃のための1時間以外はいつでも入浴可能。湯上がりの肌が絹のようにスベスベになる「絹肌の湯」は全国でも希少な「純重曹泉」だそうで、とにかくこれまでに経験した事がないヌルヌル度。チェックインした時に宿の人が「ローションをそのまま温めたような温泉です」とか言ってて、何を大げさなって思ってましたが、本当にその通りでした。

朝ご飯
朝食も地元産品中心で、チマチマと色々。車じゃなければ当然朝風呂後にビール飲みながらってイってるところでしたね。

ハード面さえ少し我慢できれば、食事良し・温泉良し・リーズナブルでおすすめ。残念ながら梅雨の影響で大雨が予想されたため、朝食後早々に宿を発ちましたが、できればもう少しゆっくりしてもう一度温泉に入りたかったです(でも3回入ったけど)。宿の近くの温泉街の街並みや土産物屋も見たかったし、なにより白山の姿を見られなかったのが残念でした。関西からもさほど時間がかからないし、またいつか来ることもあるでしょう。


バンコク旅行記(1)〜到着後、まずはホテル周辺を探索

20160910タイ
9月上旬に妻と一緒にバンコクに行って来た時の旅行記を、これから不定期であげていこうと思います。これまで何度かタイに行こうとはしたものの、ちょっと物騒な時期だったりで叶わず。今回もツアーを予約した後にきな臭い出来事があって躊躇してたんですが、結局決行。心配は杞憂に終わり楽しく帰ってきたら、先日タイ国王が逝去され当面は国を挙げての自粛状態になったので、結果的にギリギリのタイミングでした。

20160910タイ20160910タイ
日程は3泊5日、4日目の夜の飛行機に乗って5日目の朝に関空に帰ってくるという行程。LCCじゃなくタイ航空だったので、座席きつきつでなく楽でした。昨年カンボジアに行ったときは機内が恐っそろしく寒くて帰りに風邪を引いてしまったので、今回はダウンジャケット持ち込んで備えたところ、そこまで冷房効いてなくって助かりました。

20160910タイ
バンコクの空港は「スワンナプーム」と「ドンムアン」の2つあり、僕らが到着したのは新しい方の前者。すごくでっかい空港でした。

20160910タイ
空港でツアー手配のお迎えにピックアップしてもらい、今回の宿・センチュリー・パーク・ホテルへチェックイン。

20160910タイ
20160910タイ
日本人客は少なく欧米系多数、繁華街から少し離れている・最寄り駅まで徒歩10分弱かかるせいか、ツアーの中ではそれほどランクは高くはありません。でも、ロビー(すごく大きなタペストリーが吊ってありました)もフロントも部屋もきれいで広くて、僕ら的には問題なし。むしろ思ってた以上にゴージャスやんって感じでした。

20160910タイ
伝統的なモノと現代的なモノとが入り交じった、15階の部屋からの眺め。

20160910タイ
部屋でしばらく休憩した後、早速外出。まずは最寄り駅となるビクトリー・モニュメント駅まで徒歩で行ってみることにしました。タイの文字は表音文字だそうで、言わば発音記号みたいなモノ。憶えればとりあえず読み上げることは出来るんでしょうが、とにかく何がなんだかさっぱりわかりませんw

20160910タイ
どこにでもと言って過言ではないくらい、街中のあらゆる場所に屋台がありました。また、全般的にけっこう段差があり階段も多く、バリアフリーじゃない印象(間違ってたらごめんなさい)。

20160910タイ
1タイバーツで約3円。屋台の出店はコンビニ前だろうがなんだろうか関係なし。どこに誰が出すとか、どういうルールになってるんでしょうかねえ。

20160910タイ
駅に近づくとショッピングモールがあり、女性ものの服やアクセサリーなどを扱うお店が一杯ありました。ブランド品等はなく、客層は現地の人たちがほとんど。その他スマホだらけのゾーンもあって、電脳街的要素も。

20160910タイ
主要道路は交通量が多く、交通渋滞は日常茶飯事のようで。「急ぐからとタクシーに乗ったら渋滞に捕まって、オプショナルツアーの集合時間に間に合わなかった」という話も聞きました。ということで、市内移動は、BTS(バンコク・スカイトレイン)/MRT(地下鉄)/ARL(エアポートレールリンク)の各種電車が便利。滞在中は、最寄りのビクトリー・モニュメント駅からスカイトレインを何度も利用しました。

20160910タイ
写真右がビクトリー・モニュメント。バスの上方に見えているのは国王とご家族の写真で、このような写真は公共の建物・道路・レストラン・コンビニ・屋台など、至る所で掲げられていました。それ程国民に愛されているのだなあと強く実感したものですが、旅から帰ってきてしばらくしてああいうことになろうとは…


熊本ウマい旅(6)〜民宿とは思えない「民宿 川原」(球磨郡水上村)

20160627熊本
熊本市内でレンタカー借りて、途中で道の駅に寄ったりしながら人吉で昼食のうなぎを食べ、豪雨に注意しながらこの日の宿「民宿 川原」に到着したのは15時ごろ。位置的には九州のほぼど真ん中・東側の峠を越えると宮崎県という場所で、熊本県内とはいえ震災被害は全くなかったそうです。それでも(この時点では)風評被害による影響が続いているとか。
このあたりは桜の名所だそうで、写真左側の本館前にも大きな桜の木、写真右手には別館もあります。山の中で、一言で言えば桜と温泉とダム湖以外は「な〜んもない」ところ。そこがいいんです。

20160627熊本
えて吉さんは過去2度この宿に泊まったことがあり、直近がちょうどこの1年前。僕もエントリを読んで良さげな宿やなあと思っていたので、計画中にここを提案されて即オッケーでした。案内されたのは、本館の二間続きの広々とした部屋。以前建物を改装したときに、大工さんから「ここはあまり手を入れないほうがいい」と言われたそうで、昔ながらの趣が残っていておしゃれな新館とはまた違った魅力があります。

20160627熊本
なにより広々としていたし、民宿風情がありながら時代を感じる品々に囲まれたこの部屋、個人的には超お気に入りです。

20160627熊本
到着後ほどなくお風呂にお湯が溜まりましたよと案内され、庭に面した廊下経由でお風呂場へ。お風呂は大人4人ほどが同時に使えるサイズで、掛け流しの温泉。僕は運転せずナビ役でしたが、豪雨を避けてのドライブでそれなりに神経を使っていたので、温泉でちょっとホッとしました。

20160627熊本
お風呂から上がってしばらく後、食堂へ移動。料理担当のご主人は大阪で修行中にサービス担当の奥様と知り合われたとのことで、お2人とも気さく。調理場のすぐ近くの席だったので色々話をしながら、地元産にこだわった料理がタイミング良く出てきました。
まずはジャガイモの蒸し物ヤマメ載せ・(干し?)鹿肉・野菜盛り。えて吉さんのブログを読んである程度事前知識はありましたが、現物を目の前にして、いきなり手が込んでるなあと軽く驚き。

20160627熊本
続いて炊き合わせ。真ん中に見える黄色っぽいのは干しタケノコで、途中に寄った道の駅で珍しいなあ思い買ったところでした。地元では保存食としてごく日常的に使っているのだそう。

20160627熊本
茄子とトマトが交互に積んである冷製。彩りがきれい、器にも気を配っておられます。

20160627熊本
ヤマメのお造り。間違ってもマグロやイカなんて出てきません(^^)

20160627熊本
そしてヤマメの塩焼き。いいっすねえ〜どこまでも地元産一直線で。本来はこういうのが当たり前なはずなのに、こういうところがなかなかないのはなんでなんでしょうね。

20160627熊本
野菜系→魚系と進んで、ここいらへんからは肉系で、きれいな赤身の鹿肉たたきをおろし生姜とともに。なお飲み物は最初はビール、途中から米焼酎にチェンジしています。

20160627熊本
揚げ物は細切り鹿肉とネギのかき揚げ。下味付いててネギとの相性良し、やや深めの揚げ加減で香ばしさがプラスされて個人的にツボ。

20160627熊本
お次はイノシシの塩焼きを柚子胡椒添えで。ほんとに地元産オンパレードで、楽しい楽しい。

20160627熊本
そしてジビエオンパレードの締めくくりは、素晴らしいレアな焼加減の馬肉ステーキ。ちょっと辛味が混ざった味噌が添えられていて、こりゃ上等でしたねえ。これがたっぷりの一人前、どっしりした赤ワインが欲しくなりました。

最後に写真撮り忘れのシシ汁・自家製白ご飯(これがまたウマい)・自家製梅干し(これもウマい)で締めくくり。いやあ、期待をはるかに超える大々満足の夕食でした。今回の本館宿泊プランは、酒代・入湯税別でなんと一泊二食8500円!写真だけ見てるとどこかの割烹旅館みたいですが、あくまで民宿ですからねえ、呼び名はどうあれほんとにすごいです。

食後部屋に戻って、今一度部屋の調度を楽しみに拝見しました。昔の職人さんの技術っていいなあ。

20160627熊本20160627熊本

20160627熊本

20160627熊本

そしてぐっすり眠って、爽やかに朝食。

20160627熊本20160627熊本
なんてこと無いおかずですが、品数豊富でどれもきっちりおいしい。自家製ご飯と梅干しだけで充分おいしいもんで、お替わりを我慢するのに苦労するほどでした。

20160627熊本
あいにくの天気でしたが、雨雲がゆっくり流れる山あいの景色もまた一興。温泉も良かったし、ご主人奥さんもいい人だったし、もちろん料理もおいしかったし、とてもいい宿でした。あたりの桜の木が半端ない量だったので、花見時分はすごい景色なんでしょうねえ。いつかその頃にも来てみたいなあ。超々おすすめ。

{民宿 川原へのリンク}
宿のサイト 
Facebookページ
楽天トラベル予約ページ←情報豊富です