「さのや」カテゴリーアーカイブ

三人で「さのや」(大阪・大正)

IMG_0804
好きなもんでついつい足を運んでしまう「さのや」。今回は*あきこ*さん・えて吉さんと三人で行ってきましたが、メニューを撮り忘れたので名前テケトー・値段わからずでさくっと記録がてらアげておくことにします。
 

さのや1

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

さのやは縦に細長い立ち呑みなので、大人数には適しません。4人でも両端が離れてしまうので、3人までがベストかと。(たくさん食べられるし) 軽めメニューはかぼちゃサラダ・ポテサラ(ピンボケですんません)・若竹煮・きのこの炊いたん。
 

IMG_0812
メニューを見てぜひにとさのやデビューの*あきこ*さんが希望したのが、このホヤの造り。関西ではあまり食べる習慣がないので、この状態を目にすることは少ないと思います。というか、聞いたこともないかも。
僕は嫌いな食べ物・食べられないものがほとんどないんですが、実は数少ないダメな奴がこのホヤ。ウン十年前に福島で一度食べたきりで、それ以降一切食べていません。この日もだいぶ勧められましたが、まあ食べられないものが少しはあってもええやろというワケ分からん理屈で遠慮しておきました。えて吉さんも得意じゃないけど試してみたら、それほどでもなかったと言ってましたがね。
 

さのや3
続いて鯨のさえずり・島らっきょとゴーヤーの炒め物・冬瓜の煮物・バイ貝。ここのさえずりは何度か食べてるんですが、いつ食べても旨いですね。
 

IMG_0810
以前食べてすごくおいしかった牛すじ煮込みがあったので、速攻で注文。じっくりしっかり煮込まれていて、頃合いの歯応え。込み閉めるごとにええ出汁出てきます。
 

さのや2
串ものは鶏三種(なんだったか忘れたの2種とつくね)と牛バラ。それぞれ一本100円〜200円くらいなのに、肉質も良くボリュームもあってほんとに値打ちがあります。

3人で14品食べてなんだかんだ好きなように飲んで、一人当たり3000円ちょっと。初めての*あきこ*さんにも喜んでもらえたようで、良かった良かった。店の奥に立ち呑みテーブル席があるので5、6人でも行けないことはないけど、予約ができないので一か八かになってしまいます。どうしてもそれくらいの人数で行きたいなら、開店即飛び込みに賭けてみるしかないでしょうねえ。
 

一昨日「さのや」で(大阪・大正)

IMG_0653
このところ順調に休肝日を稼げていることもあり(ようわからん理由ですが)、先日も「さのや」に早めの時間から行ってきました。
 

IMG_0658
いつもどおりのバリキングと玉子サラダ(140円)。サラダには海老と玉ねぎが入ってて、お得な感じ。
 

IMG_0659
メニューを見渡して若竹煮(280円)があったので、即決で注文。桜も咲いたにもかかわらずいつまでも寒かったのに、このところやっと春がやって来た感じですよね。
 

さのや
バリキングの後、これもここではお馴染みの麦焼酎・トヨノカゼを注文したら、たまたま隣にいた方がメーカー関係者?であることが判明、その後お酒のことやら九州のことやらでなんやかんやと話が盛り上がってしまいました。話に夢中で写真はいつも以上にいい加減になってしまいましたが、塩まぐろごま油とわさびで(380円)・坂越のカキで作ったカキグラタン(280円)・イイダコ煮付け(280円)などぱかぱか注文、いつもよりちょっと多めに。でもどれもおいしかったしこれでいいのだ。
家に帰ってからその方に教えてもらった面白い焼酎・こふくろう完全焙煎をネットで注文。どんなのかとても楽しみです。
 

いつも以上に良かった「さのや」(大阪・大正)

IMG_0363
久しぶりでもなく10日ぶりくらいに「さのや」に行ったら、年度が替わったからか?いくつか変化がありました。
 

IMG_0364

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

少し前からスタッフ募集してたのでひょっとしたらと思ってたとおり、移転前からいた女性スタッフが(多分)いなくなり、エスニック系メニューがなくなりました。どこかで独立したのではないかと勝手に思っています。(追記:間違いでした。後日行ったらちゃんといてはりました)

IMG_0384
改めてドリンクメニューをば。日本酒だけでなく焼酎類もこれ以外に色々あります。
 

IMG_0367
いつもどおりバリキング(330円)でスタート、その後は芋焼酎ロックにチェンジしました。最初のアテは、ブロッコリーと海老のポテサラ(120円)と鶏肝煮(140円)。ここでは何食べてもおいしいんだけど、鶏肝煮は素材がいいし味付けが僕に合ってて、生涯最高とまではいわんがかなりの好みでした。
 

IMG_0374
鰻白焼き(540円)を張り込んだろうと思ったらすでに売り切れだったのでチマチマ攻めることにして、まずは梅麩とエンドウ豆と玉子炊き合わせ(220円)。甘めのだし・もっちりとした梅麩・季節を感じさせるエンドウ豆をまろやかに玉子がまとめていて、秀逸かつコストパフォーマンスよし。
 

IMG_0379
続いて、エビ入り蓮根饅頭とおこげ(中華料理で出てくるやつ) 菜の花添え。ちゃんと料理してる感一杯で季節感もあって、これもすごくよかったです。こんなもん330円で出すかぁ〜って感じ。
 

IMG_0388
焼椎茸(160円)はポン酢で。身が分厚く食べ応えあり。子供の頃は椎茸はよう食べんかってんけどなあ。
 

IMG_0391
ラストはねぎま(120円)をタレで。ねぎまって聞くと鮪のような気がしたもんで、訊いてみたら鶏でした。これだと感覚的にはねぎ身なんだけど、まあそんなことよりサイズが立派で、とにかくねぎがうまかった〜

ここはいつ来ても満足するんですが、今回はいつも以上にいいなと思いました。たまたま選んだ料理が僕に合ってたからかも知れないけど、季節感を感じられたからかなあ。
 

IMG_0372
いつからそうなったのかようわからんのですが、定休日が月曜火曜になってました。以前はランダムで行ってみないとようわからんかったので、これは助かる。
また、5月からは完全禁煙になるそうで、これもヒジョーに助かります。立ち飲みのみのカウンターの隣でたばこ吸われると辛いもんね。愛煙家の皆さん、これも時代の流れなんでこの際禁煙しましょう!

{お店データ}
住所:大阪市大正区三軒家東1-4-16
電話:090-9274-7663
営業時間:16時~22時
定休日:月曜・火曜
 

この日も「さのや」(大阪・大正)

IMG_0063
年度末で何かと忙しくしており、なかなかブログに時間をかけられずにいます。といいつつ、この日は毎度ながらの「さのや」へ。満員だったので少し外で待ち、3、4分で無事入れました。
 

IMG_0067
この日は少し寒かったので、いつものバリキングはぶっ飛ばして最近お気に入りのトヨノカゼにしようと思ったら、なくなってしまったとのことで特に銘柄指定せず芋焼酎のお湯割りと、エビ入りポテサラ(120円)でスタート。この後どうしようかなあとメニューをじっくり見ているうちに、今日は安めのネタで数を稼ごうということにしました。
 

さのや0323

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

左上/最近は以前に比べて高級になってしまった「いわしの梅煮」(100円)。 右上/今回の中ではやや高めだけど、好きなのでたのんだ「たらこ炙り」(240円)はけっこうなサイズ。 左下/今が旬・いい塩梅のブロッコリーのナムル(160円)。右下/どんなものかどうしても頼んでみたかった「ほうれん草根っ子とネギの根っ子の天ぷら」(100円)。いい意味で、ようこんなメニュー出そうと思うなあとちょっと感心しました。

この日どれが一番かと言われたら最後の根っ子の天ぷら、塩をちょこっとつけて食べるとなかなかオツでした。店としてはめちゃ利益率高いんでしょうなあw
 

一ヶ月空けずに「さのや」(大阪・大正)

IMG_9547
前回は2ヶ月振り、今回は1ヶ月空けることなく「さのや」」に行ってきました。金曜日の18時半頃に行って入りは6割程度で、お気に入りのお惣菜前ポジションをゲット出来ました。その後続々とお客さんが入ってきたので。ラッキー。
 

IMG_9545
いつものように飲み物はバリキングでスタート、その後は龍乃幹トヨノカゼ(いずれも麦焼酎)へと移行。最近外ではなんとなく麦率が上がってます。
アテはほうれん草白和え(140円)とヨコワ(380円)。たまにメニューに書き忘れがあって、お惣菜コーナー後ろあたりのホワイトボードに書いてあります。このヨコワはそこに書いてあったもので、適度に活かってて旨かったっす。
 

IMG_9551
続いて、100%鯛のすり身の竹輪炙り(200円)。もうちょっと甘味控えめのほうがいいけれど、きめ細かく上品な味わいで、さすが鯛。これを天ぷらにしてかけうどんに載せたらどうかな、もったいないかな。
 

IMG_9552
揚げ物にオススメメニューのイワシ梅肉挟み揚げを頼んだら、200円なのにえらく大層なものが出てきてちょっとびっくり。昨今値上がりしているのに、そこそこサイズなイワシに一手間かけて中骨唐揚げまでしてくれて、これは値打ちものでした。
 

IMG_9559
最後に肉類は、お惣菜コーナに並んでる(最初の写真の左下)時から気になってしかたがなかった、豚肩ロース味噌漬け(350円)。存在感あってパワフルで、トヨノカゼのロックにぴったりでした。やっぱりこの手の料理はちょっとご飯が欲しくなりますね。

ようわからんが最近は木曜定休になったかも。今度行った時に確認しておきます。