ish のすべての投稿

サイトはfoodish、ハンドルネームはish、神戸市在住。 2004年2月15日からJUGEMを使ってblogを始めました。 http://foodish.jugem.cc/ 2005年元旦より下記URLに引っ越し、過去記事も移転。 http://foodish.net/sb/ その後、2014年8月?より現URLでWPでの運用を開始しました。 ここで3軒めですね。 見掛けに似合わない乙女座、話せばすぐわかるB型。 多分あなたが思う以上に、年食ってます(笑) メールを送りたいという場合は、ブログタイトルグリーンラインの「mail to ish」からお願いします。

青春18きっぷでおっさん二人「トミー」ツアー(福井市)

IMG_0334
今回の青春18きっぷでトミーツアーは僕の都合で4月1日なんぞと世間的には慌ただしい日になってしまい、皆さんお忙しくてラクサさんとの二人旅になりました。最悪一人でも行こうと思っていたので、同行者があってありがたや。


4月1日ということでひょっとしたらと思い事前に調べてみたら、福井駅からトミー近くまで利用しているコミュニティバスのルートとダイヤがこの日から変わっていました。利用される方はご注意下さい。(上の写真は「福井駅」時刻表)

◎参考:すまいるバスナビ「コミュニティバスすまいる」
 ※トミーへは、東ルートに乗って「上北野口」で下車・徒歩3分ほどです。
 

R0000979
この日は二人だったので、ビール飲んでからワインはちょっとしんどいのでいきなり赤ワインをボトルでスタート。結果的には量的にも正解でした。
 

R0000982
まずはオードブル盛り合わせを。ものすごい中トロ・蛸のマリネ・鴨ロース・ホタテのテリーヌ。

R0000986
どれもおいしかったんだけど、初めてのホタテのテリーヌは、ホタテのすり身の中にいろんなキノコの刻んだのが入ってて、こちらではいつも比較的に「濃い」めの料理を頼んでしまうこともあり、いい意味での軽さが新鮮でした。これには白ワインか日本酒が欲しかったなあ。
 

R0000988
トミーに来たらドミグラスソースは必須、今回はいつものシチューではなくハンバーグ(970円)を選択。ソースが抜群なのはもちろんのこと、ムッチリしっかり目のハンバーグは僕好み。付け合わせも丁寧でおいしいのだ。
 

R0000992
揚げ物は何にしようかとラクサさんと一緒に悩んだ結果、週替わりランチ(1350円)2種のうちの一つ・「ポークの変わりカツ」をマダムにお願いして単品で出してもらいました。すごくボリュームがあったので特別扱いしてくれたのかと思いきや、これで通常のランチに出しているサイズだとか。

R0000993
ここのポークカツがおいしいのは過去に何度も経験済み。今回の「変わり」は、豚肉にチーズと玉ねぎ・人参などの細切りをソテーしたものを抱かせています。個人的にはすごく白ご飯が欲しくなったので、やっぱりランチ向きなのかなあ。
 

R0000996
〆を何にするか悩んだあげく、やはりドミグラスソースを味わっておきたいということで、ハヤシライス(1500円)。うー、やっぱりうまいわー、ビターで深いソースがおいしい上に、牛肉の質はいいし炒めタイプなので玉ねぎシャクシャク。これを食べるだけのために、わざわざ福井まで足を運んでもいいと思えるくらい好き〜。
 

R0001001
〆のデザートは、ラクサさんはプリン、僕はチーズケーキ(どちらもシャーベット添え)。ほんとはプリンも食べたかったんだけどな。

相変わらずほんとにどれ食べてもおいしいし、わざわざ足を運ぶ価値がある内容に大満足。一人だと品数食べられないので、同行していただいたラクサさんに感謝。このエントリ書いてて、また食べたくなってきました。前回お目にかかった「毎日トミーに食べに来るお客さん」の姿をこの日もお見かけしましたが、そこまでとは言わんが週2,3回くらいはこれたらいいのになあ。
 

IMG_0342
ちなみに、福井のコミュニティバスのトミー最寄り停留所「上北野口」の時刻表がこちら。お帰りの際の参考になさって下さい。
次に来れるのは夏かなあ。
 


日清カップヌードル 味噌


4月1日新発売ながら、予想を超える売れ行きで一時販売休止の「カップヌードル 味噌」。身近にカップ麺フリークがいるもんで、早めに発売を知ったお陰ですぐにゲットしてました。ていうか、おととい自宅近くのコンビニにいっぱい売ってたけどなあ。
 


具は謎肉・玉子・コーン・キャベツ・人参・ねぎ。コーンとキャベツが味噌味を意識してるんでしょうか。
食べてみて、一言。すごく気に入りました。味噌ラーメンを食べる機会自体あんまりないし、そんなに好きでもないんだけど、これはスープがすごく良くできてるというか僕好み。中途半端じゃなくて、ドシッと味噌味してる。後半は一味を加えてズズッと完食、個人的にはここしばらくのカップ麺では一番やないかなあ。
 


日清カップヌードル 蘭州牛肉麺


まだ本物の蘭州ラーメンを食べてないのに、前回に続きそれっぽいやつ・日清カップヌードル蘭州牛肉麺をイってみました。
 


オイルは別添、お湯を入れての待ち時間は3分間。
 


謎肉かと思いきや乾燥牛肉・玉子・ねぎ・パクチー・唐辛子の破片などが見られます。
前回の「麺職人 蘭州ラーメン風ピリ辛牛だしそば」を食べた時のいい加減な記憶と比較すると、スープはこちらのほうがより牛っぽさを感じます。一方、辛さはこちらのほうが控えめで、麺は柔らかめ、パクチー度はおんなじようなもんかなあ。
分かりやすい違いとしては肉っ気が入ってるってことなんですが、個人的にはスープの牛っぽさが一番特徴的かな。これが気にいるかどうかが蘭州ラーメンを好きになれるかどうかの分かれ目なような気もするが、いやいや、まだ食べてないのにそれは早計過ぎるやろ。
 


10年前から念願の「山女庵」へ(大阪・天下茶屋)

R0000244
僕がブログを始めたのは15年前。その当時に知り合っていまだに色々お付き合いしているうちの一人・えて吉さん10年前にネタにしたのを見て以来ずっと行ってみたいと思っていた「山女庵」に、東京在住にもかかわらずこれまたえて吉さんと同じ頃からちょくちょく行動を共にしているぷるみえさんから是非にというオーダーがあり、*あきこ*さんも加わっての4人で行って来ました。
天下茶屋駅で降りるのは初めて。店頭の提灯には「天然鳥獣山菜魚料理」と書いてあり、英語・中国語・韓国語で予約のみの旨表示されています。
 

R0000282
店に入ると履き物を脱いで座敷席に。低めのテーブルの真ん中がくり抜かれて、囲炉裏になっています。

R0000254

(エントリ内の写真は二度クリックで大きくなります)

メニューはなく、季節によって内容が替わる飲み放題付き1万円のコースのみ。鰻好きなのでいつかはここの天然鰻をいただきたいと思っていたのですが、今シーズンから別料金になったそうです。
 

R0000257
まずは突き出しの若ごぼうと牛肉の炒めものからスタート。最初はビールで、その後僕は赤ワインにチェンジしました。
 

R0000265
なんだかんだと積もる話をしていると、いきなりドカーンと鰹が登場。半分はお刺身・もう半分はたたきで、とにかく量がすごいし切り身がぶっとくて食べ応えあり過ぎ。よくある醤油・塩以外に醤油+マヨネーズなんて食べ方もお勧めしてくれて、個人的にはこの食べ方がけっこう気に入りました。
 

R0000268
そうこうしてるうちに、続いてマンガに出てきそうな巨大な鹿肉の塩茹でがこれまたドカーンと登場。スケール感がもひとつの写真なのでナイフフォークから推していただくしかないのですが、平面的だけでなく立体的にもものすごい迫力のまさに「肉塊」でした。臭みなくしつこくなく、お箸でも取り分けられるくらいホロホロ、シンプルな旨さ。
 

R0000261
ここら辺からは焼き物に移行、カンカンに熾った炭が囲炉裏にセットされます。たまにバチッ!とはぜて(危ないので注意)、ライブ感満点。

R0000272
今回のは徳島のネギだそうで相当な太さ。これを炭火で時間をかけて焼いてくれます。

R0000274
ここまで焼くかと思うくらい、全周囲的に真っ黒焦げ。

R0000273
焼き上がったのにトングの先っちょですーっと切れ目を入れ、表面の焦げた部分を取り去ると…

R0000278
じっくり時間をかけて熱を加えられた中身が表れます。なんの味付けもされていなくても、甘味たっぷり・ネギの旨味たっぷり。素材がよければシンプルが一番のお手本みたいなもんで、個人的には今回の一番でした。
 

R0000279
続いて、むっちゃ立派で肉厚な椎茸。

R0000284
焼いてもそれほど縮みません。これにちょっとだけバターを落として旨味をブースト。子供の時は椎茸が嫌いで、生だろうが干したのだろうが全く食べられなかったのに、なんでこんなに旨いと思えるようになったのか。これもネギと甲乙つけがたい値打ちもの。
 

R0000286
焼の次は揚げ。まずは山菜の天ぷらで、ふきのとう、こごみ、行者ニンニク。苦みがおいしいと思える年頃になるまで幾星霜、山菜尽くしの宿に行ってみたい。これは日本酒にしたかったなあ。

R0000288
揚げ二番手はアマゴ。川魚独特の個性っちゅうかなんちゅうかがいいですなあ。
…でもここいらでかなりお腹はいっぱい。
 

R0000294
しかーし、こんな程度では終わりません。ここに来てトドメのぼたん鍋、めっちゃ具だくさん。豆腐だけでもずしっときます。

R0000296
とても食べきれないので持ち帰らせてもらったそうなんですが、なんだかんだ喰って飲んで喋りまくって酔っぱらってたので、実はあまり記憶にありません。うどんなんてよく食べられたなあ。

永年の願いを果たすことが出来て、想像以上なこの店の「濃さ」を実感できました。冒頭に書いたとおり「天然鳥獣山菜魚料理」とはまさにそのとおり、変化球なし・全球剛速球でバンバン攻めてきます。シンプルな調理法は素材に自信あってのこと、季節を替えてまた来てみたいものです。

{お店データ}
住所:大阪市西成区岸里1-3-10
電話:06-6657-2292
営業時間:17時〜23時
定休日:日・祝
 


沖縄から帰ってきて「もりもり寿司」


那覇から神戸空港に着いて、3泊4日の沖縄旅行から無事帰ってきました。ちょこっとお腹が空いていたので、三宮のもりもり寿司で妻と軽くつまんでから帰宅。やっぱり僕らには沖縄が肌に合うなあと改めて感じました。