ish のすべての投稿

サイトはfoodish、ハンドルネームはish、神戸市在住。 2004年2月15日からJUGEMを使ってblogを始めました。 http://foodish.jugem.cc/ 2005年元旦より下記URLに引っ越し、過去記事も移転。 http://foodish.net/sb/ その後、2014年8月?より現URLでWPでの運用を開始しました。 ここで3軒めですね。 見掛けに似合わない乙女座、話せばすぐわかるB型。 多分あなたが思う以上に、年食ってます(笑) メールを送りたいという場合は、ブログタイトルグリーンラインの「mail to ish」からお願いします。

金時食堂にて一服中(神戸・元町)


久しぶりにミュンヘンで唐揚げとも思ったけれど、たどり着く前に我慢できなくなって結局金時食堂へ。瓶ビール320円、色々入った盛り合わせは570円。一部でここは「ゴールデンタイム」と呼ばれているそうで。まさに。
 

暑いので「神戸一」(神戸・JR兵庫駅山側)

IMG_2211
言ってもどないもならんのですが、毎日暑いですねえ。僕は暑くなっても食欲が落ちるどころか、むしろ「夏バテするから食べなアカン!」と思ってしまうタイプなんですが、こう暑いと料理をする気になかなかなれません。

IMG_2212
ということで(どういうことやねん)この日は妻と「神戸一」へランチに。自宅から徒歩3分でこんな店があって幸せです。お、スペシャルはエビカツ定食(650円)やんか。
 

IMG_2214
意外にも妻は初めてだという2階へ。お店に入ったのは12時前だったのでまだ空席がありましたが、この後どんどん埋まっていきました。
 

IMG_2219
こちらは本日のスペシャル・エビカツ定食。中身は小エビをつなぎで固めた感じ、相変わらずサラダはボリュームたっぷり。
 q

IMG_2221
今までにも何度か書いていますが、この店には曜日ごとに日替わりランチがあり、月木はチキンカツ・火金はトンカツ・水土はハンバーグ、加えて日替わりと言いながらミンチカツは毎日、それぞれ600円で終日食べられるんです。この日は木曜だったので、チキンカツを選択。

IMG_2216
カツもトマトもデカく、てんこ盛りの野菜とマカロニサラダ添え。イリコだしのみそ汁に自家精米のご飯。毎度ながら思うんだけど、これで600円とはどないなっとるんやろか。暑かろうがなんだろうがワシワシと完食。夏の後半戦も元気で乗り切っていきましょう。
 

酷暑の京都旅(3)〜「乙羽」で京風寿司(新京極)

R0001883
2日目はホテルの朝食をたっぷり食べたので、お昼ご飯は控えめでした。18時を過ぎて神戸に戻る前に、なんか食べて帰りたいなあと選んだのが、こちらの「乙羽」。たまに京風というか、関西風の箱寿司が食べてくなるんです。こちらのお店はず〜っとず〜っと前からあるはずと思っていたら、それもそのはず創業明治35年の老舗でした。
 

R0001872

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

18時過ぎにお店に入ったら、先客はおらず。でもその後はぽつぽつとですがお客さんが次々入って来られました。特徴的なのは、日本人客は僕らだけで、それ以外は全部海外からの観光客だったこと。新京極を四条から入ってすぐの立地の寿司屋ってことで、ベタだからなんでしょうかねえ。
有名な蒸し寿司は冬場だけ(実はまだ食べたことがないんです)。メニューは握り・巻・ちらし・箱とその組み合わせで、バリエーション豊富なんだけど、ネーミングが雅(みやび)なもんでどんなものなのかがわかりにくいw お店の人に尋ねたら、もちろん親切に教えてくれました。ちなみに外人さん向けには英語メニューが用意されています。
 

R0001876
注文して程なく登場、こちらは大原(箱寿司+鯖寿司・1350円)。

R0001879
こちらは京風(箱寿司+鯖寿司+巻き寿司・1360円)で、どちらもボリュームたっぷり。なかなか興味深い値段設定やなあと思いつついただきますと、シャリはやや甘めな感じですが、この手のお寿司としては標準的かなと。有名な「いづう」だと倍以上の価格ですが、そこまで気合いを入れず気楽に食べたい時には、場所が便利・店内落ち着いた雰囲気・昼から夜まで通し営業なので、いい選択肢の一つだと思います。何よりも、この地で100年以上も商いをなさっているのが信頼の証。冬になったら蒸し寿司食べに来ないといけませんな。

{お店データ}
住所:京都市中京区新京極通四条上ル中之町565
電話:075-221-2412
営業時間:11時~21時
定休日:月曜
 

酷暑の京都旅(2)〜旬ダイニングすいば

R0001792

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

夜はいつもの京都在住の友人と一緒に飲みに行くことにしていました。このパターンだとついつい大好きな三木半ってことになってしまうんだけど、先月行ったばかりなので、さすがに回避。事前に検索したら行ってみたい店がいっぱい見つかったんだけど、その中から「旬ダイニングすいば」を選んでみました。
 

R0001793
近年どんどこ店舗が増えている人気の立ち呑み「すいば」は現在5店舗あり、四条河原町店に一度行ったことがあります。で、そのすいば四条河原町店の近くにあるこちら「旬ダイニングすいば」は、立ち飲みじゃなくって椅子があるんです。四条河原町から近いんだけど、入り組んだ路地の奥のビルの2階にあって、ちょっと隠れ家チック。
 

R0001795

(上の写真は、ポインタを載せれば矢印が現れるスライドショーになっています)

メニューは和風中心でコースもあり、酒類ともども種類豊富。四条河原町からこんなに近くてこの値段設定なら、かなりリーズナブルではないでしょうか。店内はテーブル席・カウンター席・個室もあって予約もできるので、なかなか使い勝手が良さそうです。
 

R0001805
まずはビール、アテは手始めに水ナススライス(480円)。

R0001809
一見ポテサラのように見える桃と海老の白和え(580円)、なかなかオツでした。

R0001808
お造り盛り合わせは5種で1350円、ヒラマサ・たこ・サーモン・まぐろ・スズキ。これはお値打ちに感じました。この辺から僕は大好きな兼八ロック(580円)にチェンジ。

R0001812
続いて京地鶏唐揚げ柚子胡椒(780円)。いい意味でフツーにおいしい。

R0001817
友人が海老好きなもんで、海老グラタンバゲット付き(980円)。見せ方が上手なせいもあって、これは思ってた以上に良かったです。

R0001819
またもや海老、海老カツタルタルソース(980円)で〆。

友人・妻・僕の三人でこれだけ食べてほぼ満腹、瓶ビール小瓶(450円)2本・ハートランド生ビール(480円)5杯・ライムチューハイ(450円)1杯・兼八2杯飲んで、合計1万円ちょい。できれば瓶ビールは中瓶以上を置いて欲しいけど、どの料理もおいしかったし、なんだかんだしゃべりながら2時間以上ゆっくり過ごさせてもらって、これはいい店見つけました。
しかしこのすいば以外にも、三木半・たつみ・サンチョ・静などなど、四条河原町北西のこのゾーン、いい店がひしめいてますなあ。

{お店データ)
住所:京都市中京区中之町565-23ハレの日花遊小路ビル2F
電話:075-251-0073
営業時間:17時~23時
定休日:月曜・第一火曜
 

サンヨー食品 エチオピア監修ビーフカリー味ラーメン


東京の神田・神保町にあるカリーライス専門店「エチオピア」の味を再現したビーフカリー味ラーメン。ちなみに店名のエチオピアは、カレーとは関係なく名付けられたのだそうで。
食べたあとでサンヨーの製品サイトみたら、麺に味付けされてるらしいんだけど、全然気づかず(-.-;) 具は乾燥肉・ネギ・玉ねぎ・赤ピーマンで、量は控えめ。スープはやや辛め・スパイスの香り豊かで、なんちゅうかちょっとした本格派感?がありました。このスープ、好き。
願わくば、もうちょっとなんらかの具があったらいいな。そういう意味では(ってのも変だが)、カップヌードルカレーに入ってるじゃがいもっていい仕事してるなあと改めて感じました。