「春吉」に行ったらレアものが(神戸・新開地)

IMG_8981
妻と映画を観に行ったあと、お好み焼が食べたくなって「春吉」へ。

IMG_8984

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

一応メニューは見ますが、どこのお好み焼屋さんに行っても僕らが注文するものは毎回ほぼ同じです。
 

IMG_8991
基本の豚玉(650円)は必須。なんだかこの日は、いつも以上にお好み焼のコナ(土台のとこね)がすごくおいしく感じました。もともとおいしいねんけど、ここまでやったかなあ。

IMG_8987
そしてもう一枚の必須はすじのモダン焼(1000円)。神戸ならたいがいスジは置いてるんだけど、スジを置いてないところだったらタコ、タコもなかったらもうなんでもいいので、イカのお好み焼とかかなあ。あ、冬場ならカキですね。モダン焼も地域によって作り方が違いますね。
 

IMG_8982
ところで、席に着いた時からずっとこれが気になっていました。知ってる人は知ってる「泡波」。なんでこんなレアものが、こんなとこ(新開地)にあるんやろ。ぼくはこれまで三度ほど飲んだことがあるのですが、レアものとかどうかは置いといて、かなり好みな泡盛なんです。

IMG_8994
ロックで頼んでみたら、たっぷり入ってました。ミニボトルサイズ程度かなと思っていたので、これはかなりうれしい。なんでこれを置いてるのか、お店の人に訊けば良かったなあ。

IMG_8995
泡波のお陰で、追加のタコのお好み焼(750円)がますますおいしい。あー、お好み焼もモダン焼もおいしいし、このお店にに来て良かったなあ、そしてやっぱり早く沖縄に行きたいなあ…
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です