第7回アホほどカキを食べる宴会(後編)

R0003654

(エントリ内の写真はクリック二度で大きくなります)

前編」に続いての後編は、牡蠣料理のご紹介。
まず何はともあれ生牡蠣。色々な食べ方ができるようえて吉さんがレモン・ケチャップ・塩などを用意してくれていましたが、僕はそのままとお気に入りの食べ方・ボウモアのちょいがけで。生牡蠣の殻を開けるのって結構好きなので、自分の以外にも5、6個は開けましたよ。(と、ちょっとはやってるアピール)
 

R0003665
こちらはえて吉さん作・牡蠣と春雨のオイスターソース炒め。牡蠣とオイスターソースのスープをたっぷり吸った春雨と、パクチーがよく合ってます。
 

R0003678
続いて、一昨年に続き2回目参加・佳景の女将さん作「神戸の製麺所・同興楼の中華蒸し麺を使った牡蠣とネギの焼そば」。ここの麺、イカリスーパーなんかでも扱ってますが。基本的にプロ用で麵自体がすごくうまいんですよ。なので、手をかけ過ぎることなくシンプルが一番。牡蠣とネギは当然相性良く、うまかったなあ。
 

牡蠣宴会5jpg
こばやしさん作「別館牡丹園風牡蠣のお好み焼」は毎年恒例。何度食べてもおいしいので、これからもずっとこの会で作り続けていただきたいですw
 

牡蠣宴会6
去年初めて作っておいしかった牡蠣の春巻きを、今年も*あきこ*さんと僕で2種作りました。上は牡蠣・セロリ・だいこんさん作ベーコンの具、下は牡蠣・大葉・チーズ。中身を色々アレンジできるし、ヒョイっとつまめるのでアテにもなるしおかずにもなるし、なかなかいいですよ。
 

牡蠣宴会7
大事な用事と重なって欠席のはずだったmyblackmamaさんが、用事が済んだら参加したくてたまらず、わざわざ着替えの服を買ってまで遅れて参入してくれました。強いこだわりを持っておられる牡蠣フライは、当然ウマウマ。
 

牡蠣料理は以上全6種。めっちゃ量があったはずだったのに、こんだけやったかなあと思ってしまうのは、それぞれに贅沢に使ってるからでしょうか。通算8時間ほどえて吉さん宅にいたので、途中で夕寝してしまいましたw 今年の新作になるはずだった「牡蠣のフィデウア」は来年に持ち越し。惰性でやり続けるのは良くないので、楽しんで、なおかつ積極的にやれる限りは毎年続けて行きたいなと思っています。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

認証コード(数値を入力して下さい) * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.