さよなら青い屋根ツアー(3)〜讃岐うどん巡礼2019-4

◎3軒目:谷川製麺所

DSC06479-2
いよいよ今回の目的の店にやってきました。讃岐うどんファンならすでにお分かりのとおり、「青い屋根」とくれば谷川製麺所

DSC06485
数々のエピソードを持つこの個性派名店が今年いっぱいで閉店」なる衝撃的なニュースが流れてきたのが今年の5月。幸いにも閉店まで時間があったので、最後の方になって混みあう前に行っとこうねってみんなで言ってたんです。

DSC06483
調べてみたら僕は今回で4度目らしい。個性が強い店なので記憶に残りやすいせいか、もっと来てるかと思ってました。

DSC06495
僕が香川に来始めたころは松岡以外のS級店も健在で、その頃から比べるといろんな名店が姿を消してしまいました。昨年はみんな大好きだった「松岡」が突如閉店してしまうわ今年は青い屋根の谷川だわ、まあ時の流れといえばそれまでなんだけど寂しいし悲しいですなあ…
 

これでお別れということで、想い出のため過去の写真も数枚加えておきましょう。(今回あまり撮れなかったこともあるが)

2013しっぽく谷川
以前撮った写真。さすが製麺所、店の焼印が入ったせいろが山と積まれています。

DSC06497
店の奥に入って丼をとって麺のサイズを伝えます。今回は多分初めて見るそば(写真右)がありました。

2013しっぽく谷川
以前の写真。麺が入った丼を受け取ったら、脇にある寸胴から出汁と具をすくってかけます。谷川製麺所の特異なところは、製麺所なのにこの寸胴のお陰でいつも香川の冬の風物詩「しっぽく」が食べられること。しかも年中、それも小なら250円という安さで。こんな店は世界中探してもここしかありません。
 

DSC06492
テーブルの上には、ここならではの激辛一味があります。初めてここに来た11年前Wakkyさんに「辛いから注意して」と言われたにも関わらず、あまりに辛くてむせてしまったことを憶えています。
 

IMG_4003
最後の谷川製麺所は、ここでは初めて見たそばにしてみました。ネギの右側に見える肉片は、猪肉。場合によっては入っていると噂に聞いていた猪肉入りに最後に出会えて、良かった良かった、わざわざ来た甲斐がありました。

2013しっぽく谷川
以前の写真。この時はうどん。具や出汁も美味しんだけど、メインはあくまでうどん。1杯目にしっぽく食べて、2杯目は醤油うどんでってのをやりたかったけれど、それは叶わぬままでした。残念だけど、これまでありがとうございました、そしてお疲れ様でした。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

認証コード(数値を入力して下さい) * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.